kepopput.jpg

APink の日本進出

2014/12/01

 K-POPのヨヂャアイドルは、可愛い系が少ないですよね。カッコイイ系、美人系、いわゆる女の子よりもお姉さんタイプが主流で、日本のアイドルとは毛色が少しちがう気がします。日本のアイドルといえばやはり可愛いという感じで、お姉さんはアイドルというよりアーティスト(あるいは歌手)ですよね。実際の年齢はともかく、日本ではアイドルイコール可愛いという図式が、おおむね当てはまるかと思います。ただこれは世界一般的なガールズグループからするとかなり異質で、歌手としての要素よりも可愛い女の子、みんなの恋人みたいなイメージを作り上げたのが、そもそも日本が独特みたいですね。
 そういう点では、K-POPの方が世界一般的で、日本のアイドルと比較すること自体がナンセンスと言わねばならないわけです。K-POPアイドルは、むしろ男子の方が可愛いんじゃね? と思えることすらあります。少し前になりますが、日本で音楽活動をする大国男児など、クリーミー系とか言われて、そりゃもう可愛かったのなんの、BOYFRIEND もそんな感じでしたね。女性ならぬ筆者としては、なんだか彼らが可愛そうな気さえして、最近、韓国でカッコ良くカムバックしたのを見ると、思わず、よかったね、とか思ってしまいました。K-POP男子が日本に長居すると、マダムなファンたちに食べられちまいます。ファン年齢層高いですからね、日本は。
 で、APink はどうした、って思っている読者のためにそろそろ本題に入らなければならないわけですが、K-POPでは数少ない可愛い系グループの代表といったら彼女たちですよね。2011にデビューして以来一貫して可愛い楽曲を維持し続け、多数のヒット曲をリリースしています。7人グループとして活動してまいりましたが、2013年にユギョンが学業に専念するために脱退して6人となり、皮肉なことにそれから人気はさらに急上昇、各歌番組の1位を総なめにするトップアイドルに成長しました。2013年リリースの「No No No」はダンスがとっても可愛くて、みんな真似してましたよね。続く2014年のカムバック曲 「Mr.Chu」もブレイクしました。「Mr.Chu」のMVには、みんな萌えましたね。
 韓国もなかなか可愛いの好きじゃん。ジャパンアニメも好きだし、メイドカフェもあるし。ORANG CARAMEL も STRAWBERRY MILK も大人気だし。
 それでも日本のアイドルとは少しちがいます。彼女たちから見たら日本のアイドルはさらに子供っぽいです。日本の可愛いに迫るには、韓国人はまだ多少の抵抗がある、そんなふうに筆者には見えるのですが。可愛いのは嫌いじゃないけれど、日本のアイドルまでは無理……といった照れみたいなものが韓国人の気質の中に残っている気がします。
 バラエティ「青春不敗」(2009年放送開始)の頃は、今よりも"可愛い"の認知度は低くかったようで、女の子たちの可愛いポーズや表情に対して、周りが白い目で見たり、「日本のアイドルか」なんて突っ込みを入れたりするシーンがありました。あれから5年、韓国もかなり"可愛い"に免疫がついてきた気がします。個人的な感想ですけどね。

 APink は、CUBEエンターテイメントの子会社、A CUBE エンターテイメントに所属しています。なので、CUBE のファミリーコンサートには参加しません。去年の UNITED CUBE in Yokohama にも、誠に遺憾ながら彼女たちの姿はありませんでした。CUBE も A CUBE も一緒じゃん、APink 出せよ。UNITED CUBE にAPink が参戦したら、集客率は大幅アップにちがいありません。SMみたくドームコンサートやれるくらい集客できますって。
 今年、日本デビューを果たした彼女たちは、品川でショーケースを開いたのですが、ジャパンファンクラブ会員限定であったにもかかわらず、チケットは26倍の競争率、約5万3000通の応募があったそうです。単純にそれくらいの日本人が入会しちまったっていう計算になります。東京ドームでショーケースやるべきでした。グッズ販売には長蛇の列ができ、見る見るうちに売り切れが続発したそうです。で、急きょ大阪でのショーケースの開催が決まり、そのチケットを射止めることに成功した筆者は、彼女たちに会いに行ってきたというわけなのさ、間近で。
 APink の日本人ファンはですね、若い女性がひじょうに多かったです。少女時代も女性ファン山盛りですが、それを上回るかもといった感じでした。コスプレしてミニライヴやる娘たちもいました。
 女性ファンを獲得することはひじょうに重要です。古来より女性は文化を盛り上げる天才ですから。平安時代に女性歌人が文学に参戦し、万葉仮名とか開発しなければ、漢詩オンリーの文化は世間に広まることはなかったでしょう。パチンコや競馬も女性客が増えたおかげで綺麗で豪華になったこと。女子高生は、おもろい言葉とか丸文字(古っ)とか、ポケベル用語(古っ)とか、いろいろ開発しますし。男は文化に火を点けますが、それを燃え拡げるのは女性です。とくに芸能業界、アイドル業界での女性客の役割はたいへんに重要です。
 売り場でですねぇ「ナウンのうちわください」って言ったわけさ、そしたら売り子のお姉さんが「ナムジュさんのうちわですね」と満面の笑顔をするわけ。筆者は一瞬固まったけれど「ありがとう」といってキム・ナムジュを受け取りました。……筆者の日本語の発音が悪いのか、売り子さんが APink に精通していないせいなのかはともかく、そういゃナウンとナムジュ似てるよな、なんて感心しながら、うちわをブンブン振り回しましたとさ。
 ソン・ナウンは、APink の中でも一番可愛いともっぱらのウワサで、K-POP仲間からもナウングッズを何か買ってこいと頼まれてました。ドラマに映画に大活躍していますね。
 キム・ナムジュは、最近びっくりするほど可愛くなりましたね。Mr.Chu では、ウンジ顔負けのボイスも披露してました。ナムジュ最高って感じです。
 で、チョン・ウンジは、APink メインボーカルで、楽曲ではいつも目立つわけですが、じつはなかなか男前な性格の娘で、自分でもなんで私が APink にいるのか分からないと、かなり本気で言ってました。ソロでバラードとかやりたそうです。
 ユン・ボミは、APink のお騒がせ娘で、可愛い顔に似合わずかなりの暴れん坊です。ゴリラの真似が得意です。ドニ&コニの Weeklyアイドルでも天然なコメディアンぶりを発揮してました。
 リーダーのパク・チョロンは、グループのまとめ役として適任というか、気配りのある優しいお姉さんですね。日本語の堪能ぶりには驚かされました。努力家でもあります。素敵です、素晴らしいです。
 マンネのオ・ハヨンは、整ったお嬢様な顔だちで、彼女が末っ子とはびっくりでした。とても落ち着いて見えますし。最近はドラマにも出演しています。

 好調な日本デビューを飾った APink ですが、日本デビューはすなわち、悪しき日本のレコード会社から、日本語バージョンのCDをバリバリ出すってことで、すでにバリバリ出しているわけですけれど、筆者的にはそれはかなり寂しいわけなのさ。だってK-POPのファンだし。K-POP聴きたいわけだし。だって誰も日本語なんてやらないぜ? 他の外国人歌手は。これからブレイクしまくって、少女時代みたく日本語オリジナル曲バカスカ出し始めたら、世界中のファンの方たち的にどうなんでしょうね。K-POP大好きで、そのために韓国語勉強している外国人がいっぱいいるわけですよ。それなのに大好きなK-POPアイドルが日本語で歌うわけです。これってどうなんですかねぇ。マイケル・ジャクソンがですよ、ロシア語とかで歌ってくれちゃって楽しいかって話しですよ。え? もう亡くなってるって、そこは突っ込むところじゃありませんってお客さん。たとえばの話しで。
 まぁ、APink もどっぷり日本語漬けになりやがり、日本でコンサートやった日にゃあ、ほとんど日本語で歌いまくることは目に見えているわけですが。日本人さえ聴きたくない日本語K-POPを他の誰が聴きたいんかって話しですわ。でも売れるんですよ、ファンとしてはお買いになるわけですよ、せっせと、みなさん。売れるなら、しゃあない売ったろってわけで、分かっちゃいない日本のレコード会社はますます増長しやがるわけです。

   はい、しっかり愚痴りました。でもこの件では他のページでもまた愚痴ります。っていうかすでに他項で愚痴ってますのだが、愚痴りたりないわ。……でも、あんまり批判しても APink ご本人に矛先が向いちまうと元も子もないので、この辺にしましょ。
 APink に今後期待したいことは、これからも可愛い路線を守りつつますますファンを獲得していってほしいってこと。それとこれは経営サイドへの注文なのだが、UNITED CUBE に APink 出せよ。今後もファミリーコンサートあるのかどうか存じませんが。
 11月24日に韓国でのリリースほやほやの LUV は、みなさんどうでしたか? 筆者はまだ聴いておりません。歌番へのカムバックを楽しみにしておこうかと。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM