kepopput.jpg

ウエストワールド season.1【TVシリーズ】

2020/03/26


 アメリカ西部開拓時代。カウボーイのテディ・フラッドは、町に買い物に訪れたドロレス・アバーナシーのボーイフレンドですが、彼女の父には快く思われていません。ドロレスを彼女を家まで送り届けようとした時、彼女の住む農場の方から銃声がし、駆け付けると黒服のガンマンが家を襲撃していました。テディは男に発砲しますが男は銃弾を浴びても平然としており、逆にテディが撃たれてしまいます。
 リアル体験型アトラクションを体験できるデロスを、友人のローガンと共に訪れたウィリアムは、西部開拓時代を体験できるアトラクションに参加しますが、初めての彼にとってそこはあまりにも非情で不条理な世界でした。来客は娼館で女性を欲しいままに扱ったり、気に入らない男は撃ち殺すことができます。来客の欲求は何でも通り、自分は死ぬことはありません。町でドロレスを見つけたウィリアムは、彼女と話すうちに、彼女がホスト(ロボット)であるにもかかわらず自分の意思を持ち現状に疑問を抱いていることに気づきます。
 ウィリアムは、ローガンに強引に誘われた戦争にドロレスを連れてゆくことにします。彼女は日常からの脱出を真剣に考えていました。
 娼館の経営者メイヴ・ミレイもホストでありながら現状に矛盾を感じており、メンテナンスの時にエンジニアを脅して自分が何者かを聞き出し、彼女を制限しているパラメーターを書き換えさせます。彼女は西武世界で自分の役を演じながら、虎視眈々と脱出の機会を伺います。そして盗賊のヘクターやその仲間のアーミスティスを仲間に引き入れ、デロスから現実世界への脱出を図ります。
 ウエストワールドの物語を担当するリー・サイズモアが用意したシナリオを一蹴した、デロスの創設者のひとりロバート・フォード博士は、ウエストワールドに大げさな出し物はないけれどよりリアルで混沌としたシナリオを与えます。親会社の重役シャーロット・ヘイルはこれを不服に思い、フォード博士の失脚を画策します。
 ウエストワールドのチーフプログラマーのバーナード・ロウは、監視役のテレサ・カレンと密通していましたが彼女が技術的な情報を外部に漏らそうとしていることに気づきます。

 人間と見分けがつかない精密なロボットがホスト役を演じ、来客を別世界に誘う高級アトラクションでのロボットたちの反乱を描いたSF映画「ウエストワールド(1973)」の40年後のお話しを描いたTVシリーズです。この40年の間に技術は進歩し、ロボットたちはより精密なホストに進化しています。彼らは細部に渡るまで人間そっくりで、高度な人工知能を有し、自分たちを人間だと思っています。広大なアトラクションエリアを現実世界と信じ、その中に幽閉されています。
 夜になると、彼らは地下施設でメンテナンスを受けますが、その際にエンジニアと様々な会話をします。彼らはそれを夢の中の出来事であると信じています。朝までに記憶が消去され、目覚めるとまた同じシナリオを生きてゆきます。

 ウエストワールドはデロスの中に用意されたアトラクションのひとつですが、そこでは来客はガンマンや保安官になり自由気ままに振る舞うことができます。欲望の赴くままに好きな自分を演じることができるのです。その世界で起こる出来事はシナリオライターが用意されたもので、それが変更されるまで同じシナリオが繰り返されますが、滞在中の来客にとっては新鮮なシナリオでも、ホスト役のロボットたちには同じ出来事のループです。しかしシナリオの中身はそれぞれの来客の振る舞いによってディテールが変わり、ホストたちは少しずつちがった物語を繰り返すことになります。もっともメンテナンス時に記憶を消される彼らにとってそれぞれの物語は新しい経験です。
 しかし高度な人工知能の中には自分の住む世界の矛盾に気づく者もいます。ドロレスはあるとき父親が別人になっていることに気づきます。彼女は来客のウィリアムに心境を打ち明け、シナリオを離れて彼と共に行動し始めます。そして記憶の片隅にあるメイズ(迷路)を追い求めます。
 娼館の経営者メイヴもまた自分の住む世界がおかしいと感じ、行動を起こします。彼女たちホストにとって夢の中であるはずの管理者たちとの会話を、メイヴはむしろそちらが現実と捉え、技術者を問い詰めて真相を知り、自分に課せられた数々の制限を変更させます。そして西武世界に戻ると、盗賊のヘクターとその一味を仲間に引き入れ、デロスからの脱出を画策します。ドロレスが父が別人と入れ替わったのに気づいたように、メイヴも一緒に腹洛娼婦のクレメンタインが別人に置き換えられたことを知覚しています。

 ウエストワールド創設当時、フォード博士と共に創設に携わったアーノルド博士は、このアトラクションの危険性を察知し開園すべきではないと唱えています。しかし彼は亡くなり、ウエストワールドは営業を再開しました。フォード博士は、広大な施設内に自分だけの空間を所持し、そこに社が管理していないホストを住ませていました。彼はこのアトラクションに哲学的なテーマを見出し、その研究を行なっているようです。
 彼が用意したシナリオは自由度が高く、顛末がよく判りません。その中でホストたちは様々な経験を積んでゆくことになります。また、ワイアットという恐ろしい大量殺人鬼が登場し、冒険好きのローガンはワイアットと討伐しようと奮起します。
 ウエストワールドでは、モラルも理性も関係なく、来客は欲望のままに好き勝手すればよい、来客には危険が及ばないように制御されており、どんな悪事も許される、そんなふうに考えるローガンにウィリアムは批判的でした。彼は架空世界であっても理性を失うべきではないと信じます。とくにドロレスと出会い、彼女に特別な自分の意思があることを知ってからは、彼女の夢の実現のために旅を続けます。

 ドロレスの夢とはいったい何なのでしょう。彼女を別世界へ駆り立てるメイズの謎は? この世界には何かを暗示するようにメイズの文様がところどころに出現します。
 そして彼女のボーイフレンドだったテディを撃った黒服のガンマンもメイズの謎を追い求めています。この男はホストではなく、かといって一般客ともちがう立場にあるようです。彼はウエストワールドに何を求めているのでしょう。

 ウエストワールドでは、様々な人間やホストの様々な物語が錯綜します。それはアトラクションを飛び出して現実世界にも及びます。ウエストワールドの内外で、それぞれの思惑がぶつかり合います。
 ここを初めて訪れたウィリアムは、彼をここへ誘ったローガンの妹と婚約していますが、ドロレスと出会い彼女に恋してしまいます。そしてメイズの謎を解こうとするドロレスの旅に自らも心酔してしまいます。
 同じようにメイズの謎を解こうとする黒服のガンマンも、やがてドロレスにたどり着きますが、ここで少しだけネタバレをしますと、ドロレスとウィリアムの物語と、黒服ガンマンの物語とでは時代が変わっています。歳月が流れてもドロレスは姿かたちが変わらないので、最初は全く気づかないと思います。
 ドロレスは、バーナード・ロウにメンテナンスを受けるときに彼をアーノルド博士と呼ぶことがあります。彼女がアーノルド博士にメンテナンスを受けていたのはむかしの話しで、もしかするとその頃の場面がエピソードとして挿まれていたかもしれません。
 このように時系列が入り乱れるのも本作のおもしろいところです。

 アメリカ西部の美しい大自然に囲まれた開拓時代の町並みで、数々のドラマが展開します。驚きの連続です。「ウエストワールド」が43年ぶりにTVドラマとして再現されたと聞いたときには大変興味を持ちましたが、まさかこれほど素晴らしい大作として蘇るとは思いもよりませんでした。

原題:Westworld。
2016年アメリカ、TV10話(1話約60分)。
原作:マイケル・クライトン。
製作総指揮:ブライアン・バーク、ジェリー・ワイントローブ、J・J・エイブラムスほか。
脚本:ジョナサン・ノーランほか。
出演:エヴァン・レイチェル・ウッド、タンディ・ニュートン、ジェフリー・ライト、ジェームズ・マースデン、イングリッド・ボルソ・バーダル、ルーク・ヘムワース、シセ・バベット・クヌッセン、サイモン・クォーターメイン、ロドリゴ・サントロ、アンジェラ・サラフィアン、シャノン・ウッドワード、エド・ハリス、アンソニー・ホプキンス、ジミ・シンプソン、ベン・バーンズ、テッサ・トンプソン、クリフトン・コリンズ・Jr、グスタフ・スカルスガルド、ルイス・ハーザム、タルラ・ライリー、ザーン・マクラーノンほか。

コメント
コメントする








   

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM