kepopput.jpg

AKB in K-POP

2014/11/08

 オレンジキャラメル(ORANGE CARAMEL)のファンミーティングに参戦した時のことです。3人娘が「ラムのラブソング」「優しい悪魔」という日本語曲をカバーして歌ってくれました。「ラムのラブソング」は、泣く子も黙るアニメ「うる星やつら」の第1期テーマ曲です。1981年放送開始ですから、レイナもリジーもナナも生まれる前のクラシック音楽です。また「優しい悪魔」は、泣く子も笑うアイドルグループ キャンディーズ の楽曲で、1977年とさらに古いリリースとなる古典的アイドルソングです。30年以上の歳月を隔てた音楽であるにもかかわらず、オレンジキャラメルの手にかかるとアイーンな魔法でホットな新曲のように聞こえるから不思議です。音楽は国境のみならず時代さえも越えちまうものなんですね。  筆者にしてみれば、青春時代を喚起させられるレモン味ななつメロというわけですが、買いましたねぇ、45回転ドーナツ盤レコード。オレンジキャラメルにとっては日本デビューシングルでのカバー曲となったわけですが、35年も前(2012年当時)の曲をよく掘り出してきたものです。
 で、筆者は思ったわけ。あの頃「うる星やつら」もキャンディーズも大好きでしたが、「ラムのラブソング」も「優しい悪魔」もついぞ生歌で聞いたことがありません。30余年の時を経て、こうしてしかも韓国人の歌手によって初ナマ歌を聞かせていただけるとは。筆者の起伏の少ない人生においてはなかなかのインパクトでした。

 同じく2012年に、T-ARAの全国ツアーでは、ボラムとキュリがAKB48のヒット曲を熱唱しました。AKB48は、秋葉系アイドルということで、オタクな筆者としてはデビュー当初から興味を抱いていたものの、結局のところ触れることなく過ごしてまいりました。それでも日本を席巻するアイドルとしてあまりにも有名になったゆえ、多少の楽曲は聞いた覚えがあったので、T-ARAのライヴでも歌が始まると、それがAKBの持ち歌であることはすぐに判りました。「あいたたった、あいたたった、あいたたった、いてぇ」って。曲のタイトルは存じあげませんが、何がそんなに痛いのかも得心いたしませぬが、有名な曲ですよね。たいへん可愛ゆうございました、ボラムとキュリ。ナマで聞くと名曲ですね。CD買おうかと真剣に検討しました。コンサートのあと、筆者よりは世俗に詳しい嫁さんに、さっきの「あいたたった」って曲、AKBだよな、と尋ねると「会いたかっただよ、アホちん」という答えが返納されました。
 ……誰に会いたかったのかは知りませんが、名にし負う名曲をフルコーラス、しかもナマで聞いたのはこれが初めてでした。しかも歌ってくださったのは韓国人歌手。人間生きてりゃ何が起きるか分かりませんね、しみじみ。

 K-POPと出会わなかったら、筆者の孤独で消極的な青春時代を満たしてくれた歌や、今をときめくJ-POPの代表曲をナマで聞く機会はなかったでしょう。AKB48のコンサートはたぶん筆者のようなジジィは出入り禁止でしょうし。ありがたいことです。
 オレンジキャラメルのファンミでは、終演後にメンバーが退場口のところでお見送りしてくださり、わずか数メートルの距離で拝見することができました。また、T-ARAは今年のコンサートで、終演後にハイタッチ会なる命知らずなイベントを設けてくださりました。あたしゃ日本のアイドルさえ、こんな近くで接近遭遇したことないし、あろうことかハイタッチなんぞ、夢想したことさえありません。ありがたいことです。
 今後T-ARAのメンバーが、体調不良など来すようなことがありましたなれば、それは筆者とのハイタッチで感染したからにちがいありません。彼女たちがイベントのあと早々に手の消毒を行ない、感染が防がれたことを祈念する次第です。

 さて、今月下旬には AFTER SCHOOL の大阪公演への参戦を予定しています。たぶんオレンジキャラメルもやってくれますよね。今回はどんなびっくりがあるのか、今から胸をドゥクンドゥクンさせております。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM