kepopput.jpg

明智恭介 最初でも最後でもない事件【小説】

2020/02/25


 無類のミステリー好きの神紅大学1回生の葉村譲は、同大学のミステイリー同好会に失望していたところ、大学非公認のミステリー愛好会に誘われます。発起人の明智恭介しかいない弱小同好会ですが、学園内やご近所の事件や困りごとに奔走するなかなか忙しい活動ぶりでした。
 この度、コスプレ研究部の盗難事件の解決を依頼された明智と葉村は、勇んで部室棟に向かいますが、泥棒はすでに逮捕されており、しかも何を盗まれたのかが判らないという奇妙な事件でした。犯人が逮捕され被害も見当たらないのであれば事件でもなんでもないはずですが、捕まった泥棒の証言ではもうひとり別の侵入者がいて、その人物と争いになり気絶させられたとのことでした。正体不明のもうひとりは、捕まった泥棒を気絶させたあと、彼の上着と手袋を奪い、現場の指紋をきれいに拭き取っています。
 泥棒の証言および指紋を拭き取った跡から、別の何者かの侵入はまちがいなさそうですが、その目的と何を取ろうとしたのかが解りません。
 神紅のホームズとワトソンとも言われた2人は、この難事件をみごと解決することができるのでしょうか。

 屍人荘の殺人シリーズの番外編とも言うべき作品で、現在のところ単行本になっておらず、筆者は電子書籍版を読みました。
 映画化もされた「屍人荘の殺人」では葉村譲は明智恭介と共に恐ろしいテロ事件に巻き込まれますが、それは夏のお話しで、本編はその前のお話し。葉村がミステリー愛好会略してミス愛に加入してまだ日が浅い頃のエピソードです。
 学園のホームズを気取り、依頼人もあきれるほど事件の推理に没頭し、騒動をまき散らし学校側から指導を受けるほどの明智の熱狂ぶりを、葉村も持て余してしまいます。

 それにしても犯人は何を盗もうとしたのでしょう。否、そうではなく何かを置きに来た、葉村のその逆転の発想からコスプレ研究部のファンに目が向けられ、事件は解決へと向かいます。ところが事件を解決に導いたのが助手であることが気に入らないのか、ホームズは独自の捜査を続け、新たな真相へとたどり着くのでした。

 一見、単なるミステリー好きで周りの迷惑も考えないお騒がせ野郎に見える明智ですが、彼の慧眼はやはり尋常ではなかったのです。
 これまで、ぼっちのミステリーオタクだった葉村を事件現場という社交の場に連れ出してくれ、並々ならぬ情熱で難事件を解決に導いた明智を、葉村はやはり尊敬せずにはいられないのでした。

 しかしひじょうに残念なことに、神紅のホームズの活躍が見られるのは、この一編だけです。その理由は前作「屍人荘の殺人」をお読みください。同シリーズは剣崎比留子という新たな名探偵を迎え、次回作「魔眼の匣の殺人」へ続きます。

2019年、東京創元社『ミステリーズ!』。
著者:今村昌弘。

コメント
コメントする








   

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM