kepopput.jpg

屍人荘の殺人【小説】

2020/02/02/10


 神紅大学でミステイリー愛好会を設営している神紅のホームズ&ワトソンこと明智恭介と葉村譲は、女子大生にして数々の事件を解決してきた名探偵少女の剣崎比留子の依頼を受け、映画研究会の合宿に参加します。
 合宿は山の中にある紫湛荘という古い洋館で行なわれ、映画の撮影のあと、夜になると肝試しが行なわれました。しかし学生たちは仕組まれたお化けではなくゾンビに遭遇することになります。紫湛荘に逃げ帰った彼らは、ゾンビの群れに囲まれることになり、バリケードを築いて立てこもり、不安な夜を過ごすことになります。
 そして夜が明けても悪夢は去らず、彼らは相変わらずゾンビに囲まれたまま、しかもゾンビとは無関係の殺人事件で仲間たちが殺されてゆきます。名探偵少女の能力をもってしても、犯人がどうやって殺人をやってのけたのかがなかなか解明できません。
 犠牲者は侵入できないはずのゾンビに噛み殺されており、しかも現場には犯行声明ととれるメッセージが残されています。観察の結果ゾンビたちに知性はなく、メッセージを残したのは人間であることはまちがいまりません。人とゾンビが協力して密室殺人を強行するという異常な事態に、残された学生たちは震撼させられます。

 先日観た映画「屍人荘の殺人」の原作小説です。映画を観た時にロックフェスティバルの会場でゾンビが集団発生した時には、ひじょうに驚かされました。まさかの流行りのゾンビコメディなのかと思ってしまいました。あるいは原作にはない映画オリジナルの演出なのかとも。原作小説は、著者の第1作目にしてミステリーとして高く評価され、国内主要ミステリーランキングで1位を獲得したというからです。そんなミステリー小説にゾンビが登場するとは信じられませんでした。
 ところが原作小説でもやはりゾンビが大挙して紫湛荘に攻めてきました。本格派ミステリーでもゾンビは登場していいんだ。これはじつに斬新ですね。
 小説ではゾンビについて科学的な検証が成されています。ここに登場するゾンビは蘇った死者すなわちアンデッドというより、感染によって循環器系が機能しなくなり、呼吸しないまま動き続けるものに変容した人間であるようです。呼吸し代謝していないので死者と変わりはありませんが、やがては全機能を失って死滅するのでしょう。しかしそれまでの間は、不屈のスタミナで活動し続け生者を追い求めます。視覚や聴覚よりももっと特殊な感覚で生者の存在を感知し、まっしぐらに突き進みます。ウィルスの中には宿主の脳に侵入して行動を支配するものも現存しますが、ゾンビウィルスもそうやって感染した者の行動を支配するようです。その行動は知性的ではなく、生きた人間をひたすら目指し、動きはぎこちなく、目の前に足場がなくても確認する術を持たずそのまま転落してしまいます。ただ、行動できる間は疲れ知らずで、力もかなり強いようです。彼らは代謝していないので食べ物を欲して生者を狙うのではなく、次の宿主を求めています。標的に噛みついて相手が動かなくなれば目的は達成され、ゾンビはその場を立ち去り次の獲物を求めます。噛まれた者はショック死あるいは出血死の状態に陥りますが、体内でウィルスが増殖するとゾンビとして活動を開始します。活動開始までには数時間を要します。

 剣崎比留子は、なぜ映画研究会の合宿に参加したのでしょう。この合宿はいわく付きで、今年は殺人予告めいたメッセージが部室に届いていました。でもそれで彼女が参加したというのは、理由として弱すぎます。この合宿にはさらにいわくがあり、去年の同じ合宿で行方不明者や自殺者が出ています。
 紫湛荘の近くでロックフェスティバルが開催され、何者かがウィルスを会場で散布したらしいのです。彼女はその情報を事前につかんでいたのでしょうか。
 それにしても、こんな恐ろしいテロを企んだのは、いったい何者なのでしょう。
 ただし、本編はテロ自体を題材としておらず、紫湛荘で起きた特異な密室殺人を追っています。

 本作に続く第2弾「魔眼の匣の殺人」が昨年刊行され、剣崎比留子たちの活躍がまた見られるそうです。これは読まねばなりますまい。あと、映画の彼女も素晴らしかったので、こちらの映画化にも期待したいですね。

2017年、東京創元社。
著者:今村昌弘。

コメント
コメントする








   

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM