kepopput.jpg

高校事変検攵説】

2020/01/22


 葉瀬中学校のスキー教室の出来事、新潟県の山中を走行していたバスが道を外れて崖から転落し、大勢の死傷者が出ます。バスの外は激しい吹雪でしたが、ガソリンの臭いがして爆発の恐れがありました。生き残った生徒たちはバスの運転士の誘導で近くの廃校に逃れますが、そこにはなぜか人がいた気配があり、猟銃がおいてありました。
 事故に遭遇したクラスの中には、優莉結衣の弟の健斗が同乗していましたが、彼らが救出された時には健斗は帰らぬ人になっていました。廃校にあった猟銃でバスの運転士を射殺した後、自ら命を絶ったというのが警察の見方でした。
 平成の悪魔と言われた半グレ集団の指導者優莉匡太の子供たちは、半グレ集団再結成を防止するために引き離されていました。今は芳窪高校に通う優莉結衣は、その知らせに納得できず、公安警察新宿分室所属で現在の彼女の監視役である梅田浩介と綾野敬一を説得し、新潟へ亡き弟に会いにゆきます。
 健斗の遺体を確かめ、事故の状況を聞き出した結衣は、軽油で走るバスからガソリンの臭いがしたことに不信感を抱きます。厳戒態勢で彼女を監視する公安を出し抜いて、結衣の独自の調査が始まります。
 バスの運転士が怪しいとにらんだ結衣は、彼がどうやってガソリンと猟銃を手に入れたかを調べ、やがて韓国系半グレ集団「パグェ」に行き当たります。パグェはかつて優莉匡太とも敵対していた組織でした。

 結衣と、梅田綾野のコンビは独自の調査でパグェに所属する若者たちが通う清墨学園を突き止め、放課後の構内に侵入しますが、そこは外界から隔絶されたパグェの要塞でした。重厚な装甲と防弾ガラスが施された建物は、その中で銃撃戦や爆発が生じても外部にはあまり音が漏れず、近隣住民もこの学校には関わらないようにしていました。
 武装した敵の中で孤立してしまった結衣と2人の公安刑事は、陸の孤島の中で戦争さながらの死闘を繰り広げることになります。

 スーパー女子高生優莉結衣が活躍する高校事変第4弾です。彼女の信じられないような知性と身体能力には驚嘆させられるばかりですが、信じられないと言えば、このシリーズが2ヶ月ごとに新刊を出し、第1弾が出た同じ年に4弾まで発行されたことも他に例がないことでしょう。
 凶悪な犯罪集団を束ねる優莉匡太の娘である優莉結衣は、公安からずっと目をつけられていますが、これまで数々の血なまぐさい事件の中心にいたにもかかわらず、いまだにしっぽを出していません。彼女の活躍で、多くの大悪党が地獄に送られ、言わば彼女はヒロインなのですが、世間は彼女を良くは思ていません。いつ犯罪者としての本性を現すか、そんな思いで彼女を見守っています。
 ただ、彼女と共に事件現場に居合わせた者は、みんな彼女を信頼するようになり、数々の事件で多くの殺傷を実行しているにも関わらず警察にしっぽをつかまれないのは、そのおかげでした。

 本作では、結衣のダークな側面が最もクローズアップされます。彼女は正義の味方で、悪の餌食になる人々を命がけで助けてきましたが、その死闘の最中に人を殺害することに喜びを感じていることを自ら認めています。一般社会とは和合せず独りで生きています。
 今回、結衣と共に壮絶な銃撃戦に身を投じることになった梅田、綾野の両刑事は、結衣がなんのためらいもなく人を殺すのを見て、彼女への憎悪を募らせます。新米刑事の綾野は早い時期に結衣に対する評価を変え、彼女を信じるようになりますが、ベテランの梅田は、かたくなに結衣の殺傷行為を批判し続けます。しかし、結衣が構内で暴力を受けていた幼い子供たちを、身を挺して救出するのを見て心を開くようになります。結衣にとって子供たちは自分が過ごしてきた幼い日々そのものだったのです。

 武蔵小杉高校事変、暴力団壊滅事件、チュオニアン事件と続けざまに大きな事件を解決に導いた結衣ですが、本作ではそれらの事件がどうして起こったのかが明らかになります。そのすべてに深く関わっていた大ボスが彼女の前に姿を現します。
 これまでの結衣の活躍によって大きな痛手をこうむることになった半グレ集団パグェは、ついに本気で彼女を殺そうとしてきます。それにも彼女はまったく動じません。
 今月末にはもう次回作が出る予定です。我らがダークヒロインの運命はいかに。


2019年、角川文庫。
著者:松岡圭祐。

コメント
コメントする








   

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM