kepopput.jpg

2012ロンドン5輪を制す

2014/11/06

 古い話しをしまする。ロンドン5輪すなわち2012年イギリスオリンピックのオープニングソングを歌う歌手の投票で、K-POPアイドルは他国を凌いで独壇場とも言えるほどの票を獲得しました。SUPER JOUNIOR、BIG BANG、SHNee、少女時代、2EN1、KARA、東方新起、JYJ、Wonder Girls、BEAST、T-ARA、f(x)、4MINUTE、INFINITE、B1A4、RAINBOW、AFTER SCHOOL、2PM、A Pink といった面々が上位にその名を連ねています。イギリスと言えば、かつてはビートルズやデビッド・ボーイ、クィーン、レッド・ツェッペリン、カルチャークラブといった世界的に有名な歌手をたくさん輩出した優れた音楽文化を有する国です。筆者と同じ年のサラ・ブライトマンは今も現役で頑張っていますし、最近の若手ではワン・ダイレクションの活躍が目覚ましいですね。そんな音楽大国で開催されるオリンピックに、アジアの小国がドバドバッと大勢の歌手を送り込むなんて、なんかすごいと思いません?
 これも電脳ネットワークが世界的に充実した情報化時代のたまものなのでしょうが、そのことはまたK-POPが世界中の人々に正当に指示された証であるとも言えます。ネット社会以前は、文化は業界の担い手によって宣伝され、人々はマスコミが称賛するから素晴らしいと思い込み、それから火がついて洗練されて行ったという経緯がほとんどですが、今は業界とは無関係の民間人でも動画配信等で新しい文化の火付け役になり得ますし、それを広めて行くのも純粋なリスナーの手によるところが大きいでしょう。かつてはテレビ放送やレコードの発売がなければ知り得なかった音楽ともオンライン動画等で出会うことができますし、インターネットにアクセスする手段があれば、ホットな情報を世界中どこからでも本国と同じように取得できます。そのことがK-POPをあっという間に世界に広め、ロンドン5輪を制するという快挙にまで発展してしまったのでしょう。なにが起きるか予測不可能な情報化時代って、ほんとにおもしろいですね。
 でだ、韓国なる国めがアジアのどれほどの小国なのかを見てみましょうか。大韓民国:人口約5000万人、面積約100210k屐タイ:人口約6700万人、面積約513120k屐フィリピン:人口約9200万人、面積約299404k屐ベトナム:人口約9170万人、面積約346410k屐ジャパン:人口約1億2600万人、面積約377962k屐ミャンマー:人口約5140万人、面積約676578k屐カンボジア:人口約1610万人、面積約181035k屐D瓦戮襪里面倒になってきたのでこれくらいにします。チャイナはいろいろ法外だし意味不明なので無視します。ああ、あたしゃチャイナ嫌いじゃないですよ、念のため。数多くのチャイナ文化やチャイナ製品を愛用してますよ。ただ、あそこの国勢はよう判らんので、なんか桁違いにデカイとしか判らんゆえ……。ともかく人口と面積において、韓国はアジアの中でもなかなか慎ましやかな国であることがデータ的に明らかです。しかして近年の経済成長ぶりと科学技術の発展ぶりは、まったくもって慎ましやかではございませんで、WW2以降目覚ましい発展を遂げなすったお隣のジャパンも真っ青なくらい、アッという間に華々しい成長を達成しました。
 かつて、極東の小国ジャパンが、アニメ文化を世界に知らしめ、メイドさんを欧州やカナダ、ロシアに派遣した経緯には、なかなかの苦難がありました。ところがK-POPの世界制覇は、ほんとにアッという間でした。ネット時代恐るべしです。
 まぁ、ジャパンにしましてもお隣の国がこのような快挙を達成し、世界にその名を轟かせたことは大変に喜ばしいことではあります。そうでしょ? 日韓を含める小さなエリアから素晴らしい音楽やらアニメやら……。さらには和食とキムチ(キムチ作りの文化)がユネスコ無形文化遺産に認定されるなど、食文化までそろって有名になりました。いい感じです。アジアの東の果ての隅っこは、なかなかヤリます。
 さてさて、K-POPが地球の裏側までその名を轟かせ、ロンドン5輪を制するとあっては、ジャパンとしてもだまってられませんってわけで、初音のミクさまが、地球の裏側まで乗り込んで行って、同部門の暫定1位をかっさらうという暴挙を達成しました。暫定1位ってなに? と問うなかれ、筆者もよくご存じありません。ネットで検索したならばそういう記事が見つかりましたし、オタク仲間の間でも話題になっていたのです。ご存じですよね、初音ミク。日本を代表する有名なシンガーにして所属プロはなし、持ち歌はおおむね素人が作ってネットに上げたもので、多くのヒット作があります。床まで届く緑のツインテールが月野うさぎも真っ青なトレードマークです。
 オリンピックのオープニング曲の選考委員会の方々も大いに驚愕しなすったことでしょうね。「ハツネミク、いったい誰ですか?」「2位以下けーぽっぷスターたくさんいますが、英国のミュージシャンはどうしましたか?」そんな声が聞こえてきそうです。
 その後、イギリスオリンピックの開会式で実際に歌声を披露したのがどなたなのか、筆者は存じあげません。筆者の関心事は投票の経緯だけなので。
 政治経済は世界を分け隔て、世に混乱や争いをもたらしますが、文化は国境をあざ笑い世界をつないでしまいます。K-POPが世界に認知される音楽に発展したことは、韓国の誇りではありますが、それを受け入れる人たちが民族性や人種の垣根を超えて世界中にいるということがもっと素晴らしいと思います。人間って素敵です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM