kepopput.jpg

時効警察【TVシリーズ】

2019/10/28


 総武警察署の時効管理課は、時効になった事件を管理する部署で、熊本課長以下、又来(またらい)警部補、霧山修一朗巡査部長、サネイエ巡査といった面々がのんびりまったり資料整理をしています。そこへしばしば訪れる三日月しずか巡査部長、刑事課の十文字疾風刑事、蜂須賀(はちすか)刑事といった面々が世間話しを持ち込んで来て、時効管理課はいつも警察らしからぬ平穏な雰囲気に包まれています。
 ある時、霧山修一朗は熊本課長や又来に無趣味であることを指摘され、思い付きから時効になった事件を捜査することを趣味にすることを決めます。
 霧島は三日月が彼に好意を持っていることにまったく気づかず、非番や休みの日に彼女を誘います。三日月は霧島とのデートに心ときめくのですが、霧島が連れてゆくところは事件現場、すなわり彼の趣味となった時効事件の捜査に彼女を手伝わせようとするわけです。

 三日月しずかは、日本の優秀な警察が捜査して解決できず時効になってしまった事件を、私たちで解決できるわけがないと言います。これを受けて霧山修一朗は、解決できなくてもべつにいい、趣味なんだからと応じます。ところが、彼は三日月のちょっとした言葉をヒントに事件を解決してしまいます。そして事件の関係者の切ない思いや深い事情が浮き彫りにされます。
 霧山は犯人に言います。事件は、真犯人の好意の証言によってのみ解決できます。事件はすでに時効です、私があなたをどうこうするというものでもありません。そして犯人を安心させるために“誰にも言いませんよカード”に認印を押して犯人に手渡します。

 スタッフには監督がたくさんいますが、シリーズを通じて筆者の大好きな三木聡テイストが満載です。三木作品には欠かせない岩松了、ふせえりのご両人も出ていますし。他にもお馴染みの顔触れがレギュラーやゲストで出ています。
 三木聡テイストとは、随所にちりばめられた小ネタとほんのりと心温まる人間模様ですね。大笑いや涙が止まらなくなるような激しい感動ではなく、ささいな笑い、ささいな感動が、セリフの端々、ストーリーのそこここ、時には小道具などにさりげなく現れ、ともすれば見落としてしまいがちです。それらを見逃さないよう画面の隅々にまで気を配り、セリフのひとつひとつをよく覚えておかねばなりません。
 三木作品を堪能するには、作品を繰り返し見ることも方法です。見るたびに新たな発見があったりします。また、彼のこれまでの作品をたくさん見ていると楽しめるリピーター特典もあります。

 事件が解決して浮き彫りになる人間模様を見ておりますと、時効になって良かった、時効の後に霧山によって解決されてよかった、そう思えます。犯人のしたことは犯罪ではあるけれど裁かれなくてもよい、そんなふうに同情できるものもありますよね。この作品はコメディですが、人の生き様や悲哀が浮き彫りになり胸があるくなるエピソードばかりです。とても感動します。筆者が求めた止まない笑いと感動が満載です。

 霧島の同期で刑事課のエース十文字疾風はトレンチコートを着た絵にかいたような刑事で、敏腕を自任していますが、それはあくまで彼の理想、常に捜査は難航しています。そんな時、霧島がちょっとしたヒントを与え、十文字は事件を解決することができます。周りは霧島のおかげじゃないかと批判的ですが、当の霧島は、いや彼はいいやつなんですよと手柄を横取りされたことをまったく意に介していません。
 敏腕を自任する刑事と、じつは名探偵の趣味の時効警察、へんなシチュエーションですね。

 ある時霧島は、時効のせいで犯人が捕まらなかった被害者の遺族の悲痛な声を聞き胸を痛めます。時効後の事件を趣味で捜査する自分がいやになり、こんなことは止めると言い出します。そこへ時効が間近に迫った事件が飛び込んできて、指名手配のギャグみたいな犯人像と一致する真犯人を彼と十文字は見つけてしまいます。犯人の女性に惚れ、彼女の苦難の人生を知る十文字は、時効まで逮捕を見送り、捜査を霧島に委ねようとしますが、霧島はかたくなにそれを拒みます。あんたは刑事だ、ちゃんと仕事してください。

 優しくておっとりしていて、自分の才能にも三日月しずかの恋心にも気づかない霧島、そんな彼に苦しんできた犯人たちは救われます。
 こんなおもしろくていい話し、もっと見たい、たった9話じゃ足りない、そう思うに違いありません。でもご安心を。お話しは第2期「帰ってきた時効警察」に続きます。霧山修一朗と三日月しずかの名コンビの活躍がまた見れます!

2006年、TV9話。
監督、脚本:三木聡、岩松了、園子温、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、塚本連平、麻生学、安見悟朗、オダギリジョー、大九明子、今泉力哉、森ガキ侑大。
出演:オダギリジョー、麻生久美子、豊原功補、ふせえり、江口のりこ、緋田康人、光石研、岩松了、東ちづる、高田聖子、木村靖司、岡田正、鈴木宙、笹野高史、池脇千鶴、塩山みさこ、田中要次、佐藤蛾次郎、片桐はいり、村松利史、緒川たまき、大西武志、永作博美、広田レオナ、奥菜恵、東幹久、森口瑤子、吉高由里子、葉月里緒奈、林凌雅、松井涼子、真木よう子、清水宏、りょう、ROLLY、イアン・ムーア、つぐみ、河原実咲、ほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM