kepopput.jpg

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト【映画】

2019/10/14


 西部開拓時代のアメリカ アリゾナ州。スコットランド出身の資産家ブレッド・マクベインが再婚相手のジルを迎えるために婚礼の準備をしていました。そこへ暴漢の集団が現れます。後刻、ニューオリンズからはるばるやって来たジルガマクベイン家に到着した時には、ブレッドやその2人の子供たちは冷たくなってテーブルに横たわっていました。
 マクベイン一家を殺害したのは、遺留品から盗賊シャイアン一味だと思われましたが、じつは殺し屋フランクの仕業でした。マクベインの土地を欲した鐡道経営者のモートンが殺し屋をやとったのです。
 ジルはマクベインが残した家と土地で独りで生きてゆく決意をしますが、フランクは彼女の命も狙います。
 そこへ、どこからともなくやって来たハーモニカ吹きの風来坊と、マクベイン一家殺害の容疑をかけられたシャイアンが現れ、ジルの用心棒になります。
 ジルはブレッドの遺志を継いで彼が残した土地に駅を作ることにします。やがて鉄道が敷設される際に設備が完成していれば、そこは駅として認められます。
 ジルの土地を狙うモートンとフランク、それを守ろうとするシャイアンと謎のハーモニカ男の戦いが始まります。

 1960年代にマカロニ・ウエスタンの一大ブームを巻き起こした巨匠セルジオ・レオーネによる西部劇超大作です。マカロニウエスタンとは、当時世界的な西部劇ブームに乗って作られたイタリア製西部劇で、アメリカ製西部劇とは異なるガンマンの渡世をことさらクローズアップした作風が大ヒットしました。まだ中学生だった筆者もこれらをテレビの洋画劇場で観て夢中になったものです。
 セルジオ・レオーネ監督の出世作は、黒澤明監督の時代劇「用心棒」を原案として作られた「荒野の用心棒」ですが、この作品はハリウッドスターのクリント・イーストウッドを主演に迎え、彼を一躍スターダムに圧し上げました。それからこの作品はイーストウッド主演で「夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」の3部作が作られています。
 ハリウッドは、そのレオーネ監督をアメリカに迎え、西部劇大作の製作を依頼しました。当のレオーネは西部劇における自分の役割は終えたとしていました。しかし俳優のヘンリー・フォンダが起用されたことが、この映画の製作を決意させたと言われています。
 音楽はレオーネ監督の作品を盛り上げてきたエンニオ・モリコーネが担当、ジル役にイタリアの女優クラウディア・カルディナーレが起用され、アメリカ製西部劇にマカロニ・ウエスタンの作風が持ち込まれました。

 記憶が不確かなのですが、筆者はこれをリバイバル公開された際に劇場に観に行きました。中学生の時でした。当時の和題は「ウエスタン」で、日本初公開から50年を経て再映されることになった“オリジナル版”は、英題の「Once Upon a Time in the West」をそのまま使っています。1969年日本初公開当時は140分バージョンでの上映でしたが、今回のオリジナル版は上映時間165分となっています。同じ映画が和題を変えて再映されるというのも珍しいことですね。

 新しもの好きの筆者が古い作品を観るというのはあまりないことなのですが、やっぱ良い作品は時代を越えて感動しますね。マカロニ・ウエスタンの作風が持ち込まれたとは言え、これまでレオーネ監督が手掛けてきたようなガンマン主体のアクションは抑えめで、雄大な西部の未開地とそこに生きる人々の様子がリアルに描かれます。
 荒廃した砂漠に小さな街ができ、鉄道が敷設され、変貌を遂げてゆく西部、その様子が壮大なスケールで描かれてゆきます。西部の変わりゆく時代を強かに生きたジル、街の発展と共に姿を消してゆくガンマンたち、その悲哀が美しい音楽と共に胸を熱くします。

 上映時間が長いうえに半世紀以上も前の作品なので、観るのに少々忍耐も必要かと覚悟していたのですが、けっしてローテンポではないし、間延びした感もないです。印象深い映像に目が釘付けになったまま、あっという間に時間が過ぎてゆきました。あらためてすごい作品だと感じました。

英題:Once Upon a Time in the West。
1968年イタリア/アメリカ、165分、1969(2019)年日本公開。
監督、脚本:セルジオ・レオーネ。
脚本:セルジオ・ドナティ。
出演:クラウディア・カルディナーレ、ヘンリー・フォンダ、ジェイソン・ロバーズ、チャールズ・ブロンソン、ガブリエル・フェルゼッティ、ウディ・ストロード、ジャック・イーラム、ライオネル・スタンダー、パオロ・ストッパ、フランク・ウォルフ、キーナン・ウィンほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM