kepopput.jpg

グッドナイト・マミー【映画】

2019/09/23


 人里離れた豪華な別荘で暮らす母子。双子の兄妹エリアスとルーカスはいつも一緒でしたが、葉繁茂スザンネは、なぜかエリアスにだけ口を利き、食事も彼の分しか用意しませんでした。どうやらルーカスが母に何かしたようで、母は彼を責めている様子でした。
 スザンネは顔に火傷を負い包帯を巻いていて顔が解りません。2人の兄妹には母が依然とは別人になってしまったように思えるのでした。
 ある時、古いアルバムを見ていた兄妹は、若い頃の彼女が双子の姉妹と並んで写っている写真を見つけます。母は本当に別人と入れ替わってしまったのでしょうか。周りに人のいない静かな場所で、見知らぬ女性と一緒にいることの恐怖が募ります。
 2人は家を出て遠く離れた町の牧師を頼ります。しかし一緒に警察に行ってくれると約束した牧師は2人を家に連れ戻してしまいます。
 2人が母に内緒で飼っていた猫が死んでいました。母の仕業にちがいありません。こうなたら逃げてばかりはいられません。2人は母の化けの皮をはいで、本当の母の居場所を聞き出すための作戦を実行に移します。

 透明感のある静謐な風景の中で無邪気に遊ぶ双子の兄妹。物静かな兄弟の胸の内には、母に対する疑惑と恐怖が渦巻いていました。包帯を巻いて顔が見えない女性は、母ではない。証拠のほくろを見せてと言うと、兄弟は部屋の中に閉じ込められてしまいます。
 ようやく部屋の戸が開けられると、母は包帯を取り晴れやかな笑顔を見せてくれました。仲直りしましょう、しかし彼女の顔のほくろは書かれたもので、こすると消えてしまいました。悪性の可能性があるからと医者で取ってもらったと言い訳しますが、母に双子の姉妹がいることを知ったエリアスとルーカスにその言い訳は通じません。

 スザンネが包帯で顔を隠さなければならなくなった経緯は語られません。エリアスとルーカスにとっては、以前とは別人になってしまった顔のない母です。
 周りには人気がなく、家を訪れる人もめったにいません。この謎の女はいったい何者なのでしょう。母の双子の姉妹が成りすましているのでしょうか。

 韓国映画「箪笥」を彷彿させるシチュエーションのホラーです。ホラーと言っても箪笥のような暗くて不気味な雰囲気はありません。アーティスティックな高級別荘は幽霊を呼び寄せるような空間ではなく、あくまでも幻想的で神秘的です。顔のない母の存在だけがミステリーで、じんわりと静かな恐怖となって幼い兄弟にのしかかってきます。「箪笥」では、主役は姉妹で、恐怖の対象は亡き母の後に後妻となった女でした。

 そして後半から、子供たちの果敢な巻き返しが始まります。いつまでも謎の女に怯えている彼らではありません。何とかして女の化けの皮をはがし、本物の母親を取り戻したい、彼らの悲痛な思いが大きな力となります。
 ところが、そうした反撃が想像もつかない展開へと移行してゆきます。
 あくまでも静かで、脅しなしの恐怖がじんわりと迫ってきます。顔のない女、猫の死体、巨大なゴキブリ、そうしたものが静かで無垢で清潔な空間を徐々に汚してゆきます。 

英題:Goodnight Mommy。
2014年オーストリア、99分、2016年日本公開。
監督、脚本:ベロニカ・フランツ、セベリン・フィアラ。
出演:スザンネ・ヴェスト、エリアス・シュワルツ、ルーカス・シュワルツ、ハンス・エッシャー、クリスティアン・シャッツほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM