kepopput.jpg

ゴーストランドの惨劇【映画】

2019/09/09


 シングルマザーのポリーンは、2人の10代の娘ヴェラとベスを連れて祖母の家に引っ越してきました。そこはひっとりとした一軒家で、家の中はアンティークショップと見まがうような品々と多数の人形で埋め尽くされていました。外交的な姉ヴェラは、内気でホラー小説の執筆が趣味のベスとはあまり気が合わず、また母がベスばかり気にかけていることも気に入らない様子でした。
 古めかしくいささか不気味な感じのする屋敷にたどり着く前にも、予兆のようなささいな出来事がありました。家族が車で走っていると、後から来た謎めいたキャンディ売りのトラックにクラクションを鳴らされました。トラックは家族の車を追い越しざま、意味ありげなジェスチャーを投げかけて去ってゆきました。休憩で立ち寄った店にあった新聞に、この近くで起きた事件が載っていました。平和な家庭に押し入った強盗が親たちを殺してそこに居座り10代の娘を監禁し続けたのです。この“家族キラー”の記事にベスはひじょうに興味を示しますが、ヴェラは嫌悪を示すだけでした。
 そして深夜、母子たちが寝静まった頃、キャンディ屋のトラックが家の前に止まります。母子たちはスキンヘッドの大男と、黒装束の男の襲撃を受けることになります。ヴェラはスキンヘッドに地下室に連れ込まれ、ベスは隙を見て逃げようとしますが、黒装束が行く手を阻みます。そしてポリーンは刃物を持って悪漢たちに敢然と立ち向かうのでした。

 16年後、ホラー小説「ゴーストランドの惨劇」が大ヒットして有名になったベスは、母や姉の元を離れ、結婚して幸せな暮らしを送っていました。しかし最近なって過去の恐ろしい出来事が悪夢として蘇ることが続いていました。そこへヴェラから電話が入ります。彼女の言葉は意味をなさない不可解なものでした。ヴェラは今でも母と共に祖母の家に住んでいます。心配になったベスは、実家へ様子を見に行くことにします。
 ヴェラは今も精神を病んでいて、奇妙な化粧をし体は生傷が絶えず、泣き叫んで暴れるので地下室に閉じ込められていました。母は気丈に振る舞っていましたが、かなり憔悴している様子でした。姉と母をこれ以上ここに置いておくわけにやゆかない、そう痛切に思うベスでしたが、実家に泊まって夜中に目を覚ました彼女は、現在の幸せな暮らしを突き崩してしまう残酷な事実に直面することになるのでした。

 アンティークドールが壁を埋め尽くし、数々の怪しげなアイテムが並ぶ祖母の家、ポリーンの祖母は大そう変わり者だったようですね。昆虫の標本も並んでいますよ。大きな鏡に隠されたボタンを押すと化け物が飛び出したりします。筆者は変わり者ではありませんし、特別な体験とも一切無縁の凡人ですが、この怪しい屋敷にはちょっと憧れを感じました。
 そして前時代的なキャンディ屋のトラック、これはもうアメリカン・ホラー・ストーリーの世界ですね。筆者の大好物です。
 頭の弱いスキンヘッドの大男は人形遊びが大好きで、人形の指を捻じ曲げてバーナーで焼いたりといった残忍な行為に耽っています。黒装束の男は彼の飼い主といった風情で、監禁した姉妹に化粧をほどこしドレスを着せてスキンヘッドにあてがうのです。
 16年前、家族キラーに襲われた姉妹ですが、母のポリーンが魔人を撃退したはずです。しかしヴェラの中では惨劇は今も続いていたわけです。ヴェラはもっと早くこの屋敷を離れるべきでした。そしてベスは、再びこの屋敷を訪れるべきではありませんでした。

 あんな恐ろしい事件があったというのに、ポリーンはなぜここを離れようとしないのでしょう。精神を病んだヴェラは今も頭の中で惨劇を繰り返しているというのに。生傷の絶えない娘を地下に監禁して平然としているなんて。家族キラーの正体はじつはポリーンだった?
 この映画はかなり後を引きます。とある評価に2度と観たくなくなると書いてあるくらい。
 でも筆者はDVDが出たらまたきっと観ます。余裕があればもう1度映画館に足を運ぶかも。ホラー好きではありますが、絶望しかなく、希望を見いだせないような作品は好きじゃありません。
 延々と続く絶望的な状況にイヤな思いをさせられる観客も少なくないかもしれませんが、結末になんとか希望を見出してください。見いだせないとしたら、あなたの方が病んでいるかもしれませんよ。

原題:GHOSTLAND。
2018年フランス/カナダ、91分、翌年日本公開、+R15。
監督、脚本:パスカル・ロジェ。
出演:クリスタル・リード、アナスタシア・フィリップス、エミリア・ジョーンズ、テイラー・ヒックソン、ロブ・アーチャー、ミレーヌ・ファルメールほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM