kepopput.jpg

SMTOWN LIVE 2019 in JAPAN (Tokyo Doom)

2019/08/09


 日韓情勢がひじょうに険悪ななか、今年も SMTOWN LIVE in Japan が開催されました。年々スケールダウンが感じられ、加えて今年は各グループともメンバーの欠場が目立ち、いやがうえにも期待が盛り下がるわけですが、果たしてどうなりますことやら。

1

 早くから東京入りした筆者と嫁さんは、2020年東京五輪の開会式が行われる国立競技場を見に行ってまいりました。猛暑快晴のもと、暑い、死ぬぅとか言いながら会場を一周しましたが、楕円形の会場ゆえどこから見ても同じような感じです。写真は新宿区側から見た会場です。手前の五輪のモニュメントは新宿区にあり、会場は渋谷区です。

2

 歴代の聖火台のレプリカがありました。左から、東京五輪(1964)、札幌五輪(1972)、長野五輪(1998)です。

3

 とりあえず汗で重くなった服を換えにホテルへ。ルームキーカードがレアものだった。

4

 4時から開演なのでホテルではゆっくりしてられません。アリーナ席M1からの盗撮。

5

 メインステージと左右のオーロラビジョン。カス席だと嘆いていましたが、中央や後部の舞台でパフォーマンスしたあとのアーティストたちがすべて近くを通って帰還するのでひじょうにおいしかったです。

6

 とりあえず、ドームも撮っておきましょ。ライヴあとの夜景ですね。

7

 入場ゲートで配布されるチラシです。

8

 熱いのでウチワもついてた。

9

 今年のペンラはウォッチタイプの制御式。これでスタンド席に各グループ名を浮かび上がらせていました。

0

 点灯状態はこんな感じ。

1

 帰りの新幹線では、何年ぶりかで富士山を見ることができたのですが、雪がすべて消えた真夏の富士山はちょっとショボいかな。

 で、肝心のライヴの中身なのですが、SHINee はテミンのみ、少女時代はテヨンとヒョヨンのみ、SUPER JUNIOR はヒチョルに加えシンドンも欠場(カンインとソンミンは言うに及ばず)EXOもスホ、セフン、チェン、カイ、ベッキョン、チャニョルのみでした。カンタさんと J-MIN も急な欠場。f(x)は久しぶりにアンバーとクリスタルが加わって、まぁ良かったねで、けっきょく満足にメンバーがそろったのは東方神起のお2人と RED VELBET と NTC127 NTC DREAM、ボアでした。
 ところがじゃ、兵役を終えたキュヒョンと東方神起チャンミンが爆弾を投下してから一気に盛り上がり、久々に素晴らしいステージになりました。正直予想を上回る盛り上がりでした。
 SHINee と少女時代がソロしかできませんでしたが、それ以外は、みんな最高のパフォーマンスを披露していたと思います。各メンバーともそれぞれに仕事や事情がありますから、これだけできれば充分でしょう。とくにベテランになるとレギュラー番組があって外せなかったりしますしね。それと悪習の兵役。ほんとにしょうもないです。
 ステージのセットは特に目を見張るものはありませんでしたが、パフォーマンスの充実でそんなものには目がゆかないほどでした。

 政治は腐りきっていますが、文化に国境はないですね。政治屋どもの醜く低レベルな国境ごっこも、こうした素晴らしいパフォーマンスを見ているとほんとバカバカしくなります。政治という名のテロを世の中からなくしたいです。

 そして来年は東京オリンピックがあるので、夏場の開催が困難になるかと思われます。オリンピック期間を外すか、京セラドームほかでやるか。期待していますよ。今回の SMTOWN で期待は大いに高まりました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM