kepopput.jpg

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲【映画】

2019/07/24


 密かに月に本拠地を作って生きながらえていたナチスの残党との全面戦争で世界は壊滅し、わずかに生き残った人々は崩壊した月面ナチス基地を利用して細々と暮らしていましたが、エネルギー資源も食料も尽き、滅びに瀕していました。基地を統括する識者たちはスティーブ・ジョブズを崇める宗教に没入しています。
 基地を維持するのに必要な技術者もいなくなり、それを一手に引き受けていたオビ・ワシントンは、地球に未知のエネルギー資源があること情報を得て、それを求めて地球に旅立ちます。

 2012年に大ヒットした「アイアン・スカイ」の続編が満を持して公開されました。第二次世界大戦でヨーロッパを中心に世界に戦乱を招いたナチスが月面に逃れて生きていた、というのがこの映画の世界観で、彼らが再び世界に戦争を仕掛けてきます。列強国は首脳会議を開いてこれを迎え撃つわけですが、いざ有事となると出るわ出るわ、各国が隠し持っていた核兵器がわんさか登場します。そして宇宙戦争が勃発するわけですが、結果は地球もナチスもわやくちゃになって崩壊します。
 その後の世界を描いた本2作目では、壊滅した地球を脱した人たちが、崩壊したナチスの月面基地を利用して細々と暮らしているという設定です。
 技術者のオビ・ワシントンは、基地に漂着した宇宙船を用い、数名の仲間を伴って地球に向かいますが、そこには知られざる未知の存在による新たな世界が展開しているのでした。
 予告編でも紹介されているとおり、スティーブ・ジョブズ以外にも歴史上の有名人がワラワラ出てきます。プーチン、サッチャー、スターリン、ジンギス・カン、毛沢東、金正恩、ウサマ・ビン・ラディン等々。あんたら死した後も歴史の裏舞台でこっそりご存命だったのか! 前作に登場した合衆国大統領ステファニー・ボールも出てます。そしてそのてんやわんや世界を統べるのはアドルフ・ヒトラー。やっぱナチスだ。
 しかしこれで驚いてはいけまへん。恐竜だって出てきます。

 これは言わずと知れたコメディですが、実在した人物が出てきてもパロディではありません。もしかしたらあり得るかもと思わせるSFです。地球に文明をもたらしたのは何だったのか、そんな大命題すらはらんでいます。

 これだけの面白い仕掛けと出し物を用意していながら、ひじょうに残念なのは前作に比べておもしろくない、笑いどころがない。なんでこうなるのかまったく解りません。いったい何を間違えればこの題材をおもしろくないものに仕上げられるのか。前作のおもしろさはどこへ行ってしまったのか。

 オビ・ワシントンが、地球に残された未知のエネルギーを手に入れようとしたのは、月面基地に残された大型船を起動させ、滅びを迎えた基地を脱出して新たな世界を目指すためです。そして彼女たちが目指した次なる新天地は。そこに待ち受けるあっと驚くものとは。
 本作がヒットしたら次回作も期待できるストーリー展開なのですが、どうなることやら。

 ウィキペディアによると中国を舞台にした「アイアン・スカイ:ジ・アーク」が政策予定であるとありましたが、このタイトルで調べてみますと、2018年公開予定の記事がいくつか見つかりました。あれ? 今はすでに2019年だし。予定が狂ってるってことでしょうか。
 次回作、ありますかね。すごい作品を作って、今作の雪辱を晴らしてほしいものです。

原題:Iron Sky: The Coming Race。
2019年フィンランド/ドイツ/ベルギー、93分、同年日本公開。
監督、脚本:ティモ・ヴオレンソラ。
脚本:ダラン・マッソン。
出演:ララ・ロッシ、ウラジミール・ブルラコフ、キット・デイル、ユリア・ディーツェ、ステファニー・ポール、トム・グリーン、ウド・キア、ジョン・フランダース、ジェームズ・クイン、ムヤ・ルバンブ・ツィニオニカ、アントニー・プレザント、アマンダ・ウォルザック、フランチェスコ・イタリアーノ、デュタ・スカートラジェ、ユッカ・ヒルデン、アッバス・シラフカン、カリ・ケトネン、ホン・ピン・タン、ヴァスコ・デ・ベケラエル、ロイド・ライ、テロ・カウコマー、ガエタン・ウェンダースほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM