kepopput.jpg

X-MEN:ダーク・フェニックス【映画】

2019/07/17


 幼い頃、自分の超能力を制御しきれずに両親を死なせてしまったジーン・グレイは、能力を正しく制御できるミュータントを養成する施設に収容され、多くの超能力者たちに囲まれて暮らしました。そして成人した彼女は X=MEN の主力メンバーとして活躍できるまでに成長していました。
 ある時 NASA のスペースシャトルが宇宙で航行不能に陥り、政府から救助要請があった際にも、ジーンは局長プロフェッサーXの指示で救助隊に加わります。作戦は困難を極め最後のひとりの宇宙飛行士の救助をあきらめなければ全員の帰還が難しい状況に陥りますが、プロフェッサーXは最後までやり遂げるよう指示します。そのおかげでジーンは未知のエネルギーを大量に浴びてしまいます。
 X-MEN の隊員たちはメンバーの危険を顧みないプロフェッサーXの方針に不審を抱きますが、彼はミュータントたちの異能力が一般の人々の脅威とならず必要なものであると認めさせるために必死でした。
 事故以来ジーンは心身に変調を来すようになり、仲間を嫌悪し施設を飛び出してしまいます。孤独になった彼女は次第に自分の力を制御できないようになります。X-MEN はなんとか彼女を連れ戻そうと尽力しますが、彼女のパワーは強大で制圧することは困難でした。
 ジーンは、はぐれミュータントたちが暮らす居住区を訪れます。そこにはかつて地球を滅ぼそうとしたプロフェッサーX旧友マグニートが静かに暮らしていました。そこへ X-MEN と軍の特殊部隊が追ってきますが、彼女はもはや誰も止めることができないダーク・フェニックスと化していました。そしてそのパワーを宇宙の覇権を欲する異星人が狙っているのでした。

 数々のスーパーヒーローを輩出したマーベルのヒーローの中でも X-MEN は1作に多数の超人が登場するという点で異質です。アヴェンジャーズもそうではありますが、あれは異なる作品のヒーローたちが集大成となったもので、もともと多数のヒーローが存在する本作とはコンセプトが異なります。
 X-MEN シリーズはこれで7作目、スピンオフ作品を入れると12作が製作されましたが、これがシリーズ最後となるそうです。アベンジャーズも今年最後の作品が公開され、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、ブラック・ウィドウ、ホークアイ等のヒーローたちの活躍が終焉を迎えています。マーベルは今年スーパーヒーローたちの物語を大々的に終わらせたと言えます。
 その半面で、スパイダーマンは新たな局面を迎え、新たに映画化されたキャプテン・マーベルやブラック・パンサーもあのまま終わりではないような気がします。マーベルのヒーローたちは新たな方向性を求めて進んでゆくのでしょうか。

 X-MEN シリーズはスケールの壮大さに比べ、店舗に軽快さがなく重苦しい雰囲気でした。本作もそれは変わらず、迫力の映像にもかかわらず展開は地味でした。
 シリーズ最後ということでメンバーたちのそれぞれの能力や思いがクローズアップされるのかと思っていましたが、ジーンの暴走をメインに、あとのメンバーは影が薄く、X-MEN:ジーン編といった仕上がりでした。
 このシリーズのおもしろさを真に解するには、これまでのストーリーをきちんと把握しておく必要がありそうです。これから観ようという方は、ウィキペディア等でこれまでの作品の内容をしっかりおさらいしておくことをお勧めします。ただ、プロフェッサーXが若い頃のエピソードは前作「フューチャー&パスト」で一応完結しており、その後歴史が改変されていますから、本作はストーリー的には新シリーズ1作目の感があるのですが、この後の予定はないみたいですね。
 最後ならパトリック・スチュワート演じる老齢に達したプロフェッサーXにもご登場いただきたかったところですが、それは本編で確かめてください。

原題:X-MEN: DARK PHOENIX。
2018年アメリカ、114分、翌年日本公開。
監督、脚本:サイモン・キンバーグ。
出演:ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ジェシカ・チャステイン、ニコラス・ホルト、タイ・シェリダン、アレクサンドラ・シップ、コディ・スミット=マクフィー、エバン・ピーターズ、コタ・エバーハード、アンドリュー・ステリンほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM