kepopput.jpg

新聞記者【映画】

2019/07/10


 東都新聞の社会部の記者吉岡エリカは、同じく新聞記者だった父が誤報を出した原因で自殺するという暗い過去を持ち、真実の報道に対して信念を持っていました。あるとき政府の大学新設計画の極秘情報が彼女のもとに届き、彼女は調査を開始します。
 内閣調査室の官僚杉原拓海は、政権維持のために情報を操作する仕事に疑問を感じていましたが、間もなく妻に子供が生まれることを考えると職務に逆らえない自分がいました。久々に恩師神崎俊尚と再会するも神崎はその数日後に投身自殺を遂げます。
 極秘情報の調査を進めるために調査室をマークしていた吉岡が杉原に接触し、彼は大学新設計画について知ります。そしてその内容と神崎の自殺が無縁ではないことを突き止めた彼は、吉岡と共に計画の裏に潜む真相を究明しようとするのでした。

 エリート官僚の杉原のかつての上司神崎は、政府の大学新設計画書に記載された内容の重みに堪えかねて自殺を図りますが、その内容とは、現行政府の信用を失墜させるような大きなスキャンダルでした。スキャンダルというより政府の市民に対する裏切りであり、平和をゆるがすことにもなりかねない不正行為でした。
 その情報にたどり着いた吉岡は、彼女の信念を貫くために情報をすっぱ抜く決意をしますが、それが記事になった途端、政府関係者から記事の内容が誤報であるとの通達が届きます。記者が最も恐れ、吉岡の父を死に追いやった状況を打開するためには記事が誤報でないことの裏づけが必要です。そこで彼女は共に調査を行なった杉原を頼ろうとしますが…。

 なかなか重いテーマの社会ドラマですが、驚いたことに劇場は満員でした。一流館ではない小劇場で公開される作品の中にも時折こうした大人気作品が登場しますが、それほど話題になっていたようには思えないのですが、いったい何がこれほどの観客数を誘致する理由になったのでしょうか。吉岡を演じた韓国の女優シム・ウンギョンの人気でしょうか。それとも松坂桃李でしょうか。
 政府の不正を暴露するというひじょうに重いテーマを扱っているとても緊張感のある内容です。しかしそれに観客の関心が集まったとも思えません。不正の内容は現実社会のそれとは無関係ですし、類似した事例も見当たりません。巨悪に挑むヒーローもののもつエンターティナー性もありません。実直でモノトーンな雰囲気は、内容に興味のない向きには退屈を催してしまうかもしれません。
 数々のおもしろい社会派劇が造られるなか、よくもこんなに地味で暗い作品を造ったものだと感心させられるほどです。でも暗い雰囲気の中に一定の緊張感が持続され、引き付けられます。地味であるゆえに生々しい臨場感がります。通好みの映画ですね。

 日本では、メジャーな大作にフィルム・ノワールのような暗く単調な作風が用いられることは多くありませんが、この作品の成功で、こうした作風も増えてくるかもしれませんね。

2019年、113分。
監督:藤井道人。
脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人。
出演:シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司、望月衣塑子ほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM