kepopput.jpg

フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン【小説】

2019/06/28


 3年生の卒業前に陣代高校の生徒会は新体制へ向けて選挙が行なわれます。これまで生徒に有利な生徒会を牛耳ってきた林水会長も引退の時期を迎えますが、それに際し彼は個人的に相良宗介を呼び出し、重要なことを伝えます。そろそろ無理だと思うよ、そう切り出した会長は、千鳥かなめの境遇と宗介の役割について、多くを知らないまでも察しているようでした。これまで事に付け宗介の暴走をかばってくれていた林水の言葉が重く宗介の胸に響きます。
 その直後、厳重な監視網をやすやすと抜けて かなめの部屋に侵入したレナード・テスタロッサが、帰宅した彼女と宗介に告げます。アマルガムも方針を変え、本気を出すというのです。事を荒立てないためにも千鳥かなめの身柄をこちらへ渡せ、それが彼の要件でした。
 当然ながらそれに応じるはずもなく、一旦はその場を立ち去るレナードでしたが、このことを かなめは後ほどいやというほど後悔することになります。

 シドニーのミスリル作戦本部がミサイル攻撃を受け、直後にメリダ島の西太平洋戦隊基地も奇襲を受けます。太陽フレアによる激しい磁気嵐が世界を襲い、あらゆる電子戦が沈黙せざるを得ない状況を突いて、アマルガムは総攻撃を仕掛けてきたのです。
 西太平洋戦隊の主力兵器であるトゥアハー・デ・ダナンがメンテナンス中のすきを突いて、巡行ミサイルが何派にも渡ってメリダ島を襲い、基地はそのすべてを迎撃することはできませんでした。次いで3体のベヘモスの襲来、あらゆる攻撃を無力化するラムダドライバを搭載し、壮絶な破壊力と強大な武器を搭載した巨神兵が3体。それはメリダ島を徹底的に破壊して余る兵力でした。しかも唯一これに対抗し得る兵器アーバレストは、機先を制したテッサによって宗介の元へ送り届けたあとでした。ミスリルでラムダドライバ搭載型ASであるアーバレストは、宗介がいなければどのみち使い物にはならないのです。
 東京でベヘモスと唯一交戦経験のあるクルツを中心にSR用員による防戦が展開されますが、戦況は絶望的です。そこへされに、基地を占拠することを目的とした戦闘員を載せたヘリが次々と接近してきます。

 そしてアマルガムの包囲網が かなめと宗介に迫ります。人型ASアラストル数機を含む戦闘員に囲まれ、宗介は かなめを連れて車で脱出を試みますが、頼みの綱の味方のヘリは敵のロケット弾で墜落してしまいます。さらに3機のゴダードが迫ります。ゴダードはラムダドライブ搭載型のASです。テッサの判断でアーバレストを向かわせたのは正解でした。ゴダードを次々と倒してゆくアーバレスト。しかし作戦を指揮するクラマは陣代高校に爆弾をしかけて脅迫します。体に爆弾を巻いた常盤恭子の画像が かなめの携帯に届いたときには、かなめは自分ひとりのために親友や大勢の級友が危険な目に遇っていることを思い知らされ死ぬほど後悔します。
 絶体絶命の窮地に立たされた宗介はそれでもあきらめません。アーバレストの人工知能アルも宗介の行動を支持しませんでしたが、それでも彼は1%の可能性に賭けようとするのでした。

 これまでアマルガムのテロ行為を巧妙な作戦で阻止し、敵に多大な損害を与えてきたミスリルですが、今回は敵の猛攻に遇い壊滅状態になってしまいます。シリーズ最大の山場です。最も熾烈な戦いが展開します。ベヘモスの上陸を許したメリダ島も、クラマとレナードの部隊に包囲された宗介と かなめもひたすら防戦を強いられます。敵の火力は圧倒的で、ミスリルはどんどん疲弊してゆきます。ここまで徹底的に破壊されて今後の展開がどうなるのかと心配になります。
 そして林水会長が懸念した通り、かなめと宗介の表向き平和な学園生活は終わりを告げます。体中に爆弾を巻きつけ、何も知らずに死ぬのはいやだと懇願する恭子に、宗介は言葉が詰まります。
 からくも危険を介した宗介は、恭子に「これまで楽しかった、ありがとう」と告げ、かなめの部屋の鍵を託してハムスターの世話を頼みます。それが彼と陣代高校との別れでした。

 建物が破壊され、次々と人が死に、学校に爆弾が仕掛けられ、戦場と化した街を目の当たりにし、かなめはその中心に自分がいることを思い知らされます。自分さえレナードと一緒に行けば、そんな思いに支配されてしまいます。ウィスパードである千鳥かなめはブラックテクノロジーの宝庫です。アマルガムが死力を尽くして奪おうとする価値のある存在なのです。これまで彼女を守ってきた宗介とミスリルでしたが、それも限界に来ていました。
 ミスリルとアマルガムの戦いは、新しい局面を迎え、かなめや宗介は学園を離れ本格的な戦争へと駆り立てられてゆきます。

2004年、富士見ファンタジア文庫。
著者:賀東招二。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM