kepopput.jpg

シャザム!【映画】

2019/05/10


 幼い頃に母とはぐれて以来孤児として暮らしてきた少年ビリー・バットンは、施設や里親の許を何十回も脱走している問題児でした。そんな彼をビクターとローザ夫婦は暖かく向かい入れます。夫妻はすでに5人の身寄りのない子供たちを育てていました。いずれ劣らぬ個性的な子たちでしたがみんな仲良く暮らしていました。ビリーは彼らとも馴染めず、ひとりで行動しようとしますが、オタクで足が悪いフレディは積極的にビリーに干渉して来ました。
 ある時地下鉄に乗っていたビリーは、異変に巻き込まれ列車のドアを抜けると異世界へと移動してしまいます。そこは地下の遺跡のような場所で、ひげを蓄えた老人がいました。老人はビリーが純粋な心の持ち主であることを確かめると、彼にパワーを与えました。ビリーは筋骨たくましい大人の容姿に赤いスーツとマントという姿になり現実世界に戻ります。
 ビリーはそのままの姿では帰れないのでフレディを呼び出して事情を話すことにします。まったく別人になってしまったビリーを最初は疑っていたフレディですが、彼にしか教えていない秘密を知っていたことから彼を認めます。そして2人はビリーの有する特殊能力を次々に開発してゆきます。「シャザム」と唱えると元の姿と超人を自在に切り替えられることも発見します。
 2人は超人となったビリーの能力をあれこれ試しその動画をネットにアップし、ニューヒーロー・シャザムの存在は有名になってゆきます。

 その少し前、幼い頃にビリーと同じように洞窟に召喚され、欲望の光の玉に手を出したことから老人に拒絶された覚えのある Dr.サデウス・シヴァナは、不思議な体験をした人々の経験談を収集し続けており、長年の研究が実を結び、再び洞窟を訪れることに成功していました。シヴァナは老人の制止を聞き入れず再び欲望の玉に手を出し、7つの大罪を体に取り込んでしまいます。奇怪な彫像の形で封印されていた大罪たちはシヴァナの体内に入り、彼に超人パワーを与えます。
 シヴァナは、子供の頃から自分を認めようとしない父の経営する会社に向かい、父が溺愛する兄と共に2人を殺してしまいます。シヴァナは自分に憑りついている悪魔たちからスーパーヒーローの存在を知り、彼を倒して唯一無二のスーパーヴィランとして世に君臨しようとします。

 シャザムとは、永遠の岩と呼ばれる洞窟の遺跡に住む老人の名前です。それはまた SHAZAM すなわち S:ソロモン、H:ヘラクラス、A:アトラス、Z:ゼウス、A:アキレス、M:マーキューリーを意味し、神々のパワーを表しています。シャザムの力を得た者は、超人となりそれを正義のために使わなければなりません。一方、永遠の岩の彫像に封印された7つの大罪に憑りつかれた者は、ヴィランと化し、世に災いをもたらす破壊者となります。
 ビリーは、周りの人間と相いれない孤独な少年ですが、フレディがいじめに遇っているのを見過ごすことはありませんでした。そのことを買われて永遠の岩に召喚されたのでしょう、たぶん。一方、シヴァナも幼い頃は純粋無垢な子供でした。それゆえに1度は永遠の岩に召喚されたものの、父や兄から嘘つき呼ばわりされ屈折してしまい悪の誘惑に抗えなくなってしまったんですね。シヴァナの欲求は、兄に対する嫉妬や父への復讐で、それは7つの大罪にも含まれています。

 ビリーが周りと和合せず、施設や里親ともうまくやってゆけなかった背景には、幼少の頃にはぐれてしまった母への思いがありました。彼は今なお母を探し続けており、ついにその手がかりを見つけます。
 幼いビリーが母と共に最後に訪れた遊園地で、母は彼のために射的で球形の方位磁石を取ってくれました。それは彼が欲しかったトラのぬいぐるみではありませんでしたが、母曰く彼に道を示してくれるもので、彼のお気に入りでした。
 それから長い歳月が経ち、今では母も新たな人生を歩んでおり、ビリーも自分の進むべき道を見つけなければなりませんでした。丸い方位磁石は象徴的で意味深なアイテムです。

 おとなの容姿と超人パワーを得たものの心は子供のままのビリーは、そのパワーをひけらかして嬉々とし、ちっともヒーローらしくありません。しかし、新しい家族がシヴァナに誘拐されてしまったのを黙って見ているわけにはゆきませんでした。彼は家族を守るために決死の戦いに望みます。

 予告編を観た時には、DCヒーローズとしてもあまりにもおちゃらけているので本編を観る気になれませんでした。でもそれは、日本の配給会社が例によって興味をそそるためにやらかしたダメダメおバカ予告編だったわけです。日本のセンスのかけらもない予告編や和題にはほんと辟易させられます。今回の予告編はそれでもまだマシな方でした。本編でもユーモラスな描写はたくさんありましたしね。それと和題が「それゆけシャザム」とか「ずっこけシャザム」とかにならなくて良かったです。
 これは孤独な少年が出会った素敵な仲間たちと、彼がかけがえのないものを見つける愛と感動の物語です。予想を超えて素晴らしい作品でした。

原題:SHAZAM!。
2019年アメリカ、132分、同年日本公開。
監督:デヴィッド・F・サンドバーグ。
脚本:ヘンリー・ゲイデン。
出演:アッシャー・エンジェル、ザッカリー・リーヴァイ、ジャック・ディラン・グレイザー、アダム・ブロディ、マーク・ストロング、ジャイモン・フンスー、グレイス・フルトン、ミシェル・ボース、イアン・チェン、ロス・バトラー、ジョバン・アルマンド、D・J・コトローナ、 フェイス・ハーマン、ミーガン・グッド、クーパー・アンドリュース、マルタ・ミランズ、ジョン・グローヴァー、ウェイン・ワードほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM