kepopput.jpg

バースデー・ワンダーランド【劇場アニメ】

2019/05/09


 誕生日前日、仮病で学校を休んだアカネに母のミドリは、それをとがめるわけでもなくお使いを頼みます。チィ叔母さんのところへアカネのための誕生日プレゼントを取りに行って欲しいというのです。自分で自分の誕生日プレゼントを取りにゆくなんてと釈然としないまま彼女はとりあえずチィ叔母さんのところへ向かいます。
 チィは世界中を渡り歩いて珍しい骨董品を収集し、それを並べて店を開いています。奔放で変わり者のチィがアカネはちょっと苦手でした。アカネが店に到着すると、間もなく床に仕組まれたドアが開いて中から古風な執事風の紳士が現れます。肩にピポという妖精のような小さな子供を乗せた紳士は、錬金術師のヒポクラテスと名乗り、アカネを緑の風の女神と呼び、彼女を迎えに来たのだと言います。
 何が何やら訳が分からないアカネを差し置いて、好奇心旺盛なチィは自分は呼ばれてもいないのにヒポクラテスの依頼に応じてしまいます。かくしてアカネとチィは床下を抜けて異世界へ導かれることになります。
 2人が訪れた異世界は、石造りの建物が並ぶノスタルジーな世界でした。その世界は今、色が失われる危機に瀕しており、アカネは色を作る水を守る救世主として選ばれて来たのでした。
 命の源の井戸では、世界を存続させるために必要な儀式“しずく切り”の準備が進められていましたが、それを執り行う王子の姿がありません。一方、戦車で破壊や強奪を繰り返している鋼の魔人ザン・グは、井戸の破壊を企んでいるのでした。

 平凡な少女が突然異世界に飛ばされてしまい救世主になれ、そんなファンタジーはこれまでにもたくさん作られてきました。これは言わばファンタジーの王道ですね。日本のアニメに数多く登場するこの設定は、古来より世界中で作られてきたものでもあります。
 これも定番ですが、異世界は古びたノスタルジックな世界で、なんだか中世ヨーロッパの田舎のにおいがします。そしてヒロインには王子が、ヒーローには姫が登場します。異世界がとんでもない夢世界である「不思議の国のアリス」などはひじょうに異例です。アリスにしたところでハートの女王が登場し、城や兵隊はやはり中世的です。中世の王政時代の世界観というのは、人々の心のふるさとなのでしょうか。なんだか不思議です。異世界が未来世界や王政が不在の世界というのは、ファンタジーでは禁じ手なのでしょうか。
 でも、王道だから観客の理解が及ぶのかもしれませんね。権力や悪がはっきりしていて、それをどうにもできない民衆が悶々としているところへ、別の世界から救世主が現れる。それはいかにも頼りなさげで経験浅薄な少年少女なのですが、民衆はそれにすがろうとします。何が何だか分からないままにヒロインまたはヒーローは役目を果たし、世界を本当に救ってしまいます。

 ファンタジーに描かれている何もできない民衆は、現実世界の我々にそっくりです。巨悪に抗う術を持たず、政治家や財界人を批判しながら宇宙人の到来を待ちわびているわけです。

 心地よい午睡の最中に見るふわふわした夢のような世界観がひじょうに綺麗です。おもちゃのような建物や可愛らしい生き物たちも素敵です。ストーリーよりもワンダーランドの景観に心を惹かれ、いつまでも見ていたい気持ちになりました。もちろんストーリーも悪くないですよ、クライマックスでは大きな感動が待っていますし。
 役目を終えて元の世界に戻ったアカネを母のミドリは訳知り顔で迎えます。もしかするとミドリも少女の頃にワンダーランドを救った覚えがあるのかも知れませんね。

2019年、115分。
監督:原恵一。
脚本:丸尾みほ。
声の出演:松岡茉優、杏、麻生久美子、東山奈央、藤原啓治、矢島晶子、市村正親ほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM