kepopput.jpg

探偵なふたり:リターンズ

2019/03/28


 広域捜査隊の伝説とうたわれたノ・テス刑事と漫画喫茶を経営するカン・デマンは、先の難解な代理殺人事件を解決したあと、それぞれの職を辞して私立探偵事務所を設立しますが、依頼人は皆無で生活を脅かされる寸前でした。
 事件を探して警察署に赴いたデマンは、そこで警察から追い返される女性ミオクと遭遇、さりげなく名刺を手渡します。後刻、事務所を訪ねてきたミオクが言うには、何の前触れもなく婚約者が疾走し、後に警察から電車に轢かれたとの連絡があったのだが、彼女が確認する前に彼が子供の頃にいた施設の理事長が遺体を確認しておりすでに火葬されていたとのことでした。警察は自殺として処理し、事件はすでに解決したと言って取り合ってくれないというのです。施設で育った彼には勤めている工場以外に交友関係はなく、自殺の動機がないこと、ミオクが遺体を確認する前に火葬されてしまったこと、これらに事件性を感じ取ったテスとデマンは、捜査を引き受け、これが最初の仕事となります。
 携帯に残されたメールを手がかりに2人はある男を追い詰めますが、重傷を負い意識不明の状態になってしまいます。しかし男は最後にドクサ(毒ヘビ)に殺されるというメッセージを残します。
 次に2人は、被害者が過ごした施設を訪れ、教育係や理事長に会いますが、短時間の聞き込みの中に不審な点を見つけます。2人はかつてサイバー捜査隊のエースとして活躍していたヨチを仲間に引き入れ、施設を監視することにします。
 婚約者の自殺に不審感を抱いた女性の無念を晴らすのが目的でしたが、捜査を進めるうちに大掛かりな犯罪組織の存在が明らかになります。

 ノ・テス刑事は、かつて広域捜査隊のレジェンドの異名を持ち、狂犬と恐れられた凄腕だったのですが、正義感が強すぎて地方に回され、平刑事にいわば降格させられました。上司たちにはうとまれていますが、同僚からは慕われ、警察署を辞した(じつは休職)後も彼に協力する警官はたくさんいて、事件解決の手助けをしてくれます。
 カン・デマンは、卓越した推理力を持つものの身体検査で不合格になり警察官になれなかった苦い過去を持ちます。漫画喫茶を経営しながら同窓生のいる警察署にしばしば出入りし、事件を推理します。前作ではそれでテス刑事と出会うことになりました。シャーロック・ホームズを敬愛し、プロファイル同好会を立ち上げるほどの推理好きです。
 2人は組織とは相いれない名探偵ですが、じつは2人そろって恐妻家だったりします。
 そして今回新たに捜査に加わったヨチは、元々サイバー捜査隊のエースだったのですが、不正ハッキングが発覚してクビになり、現在はその腕を活かして怪しいアルバイト?で生計を立てています。

 コメディ要素の高い笑える内容にもかかわらず、事件はひじょうにシビアで、大規模な組織犯罪に彼らは直面することになります。韓国の恥部ともいえる部分をえぐった社会派ドラマでもあります。そしてシビアな現場に主人公たちの家庭の内情が色濃く関与して笑わせてくれるのが、韓流作品ではよく見られる特徴です。前作では妻に頭が上がらず赤ん坊を抱えて現場に赴くデマンを、狂犬刑事テスが鼻で笑いますが、じつは互いの妻どうしが交友があってテスもまた妻の尻に敷かれていることがデマンにばれます。
 テスの熟練刑事の感と、デマンのプロファイル能力が、警察が見落としていた証拠を洗い上げ、事件の核心に迫るのですが、今回はこれにヨチのサイバーテクニックが新たに加わり、犯罪組織を追い詰めます。
 テスとデマン、そしてヨチはそれぞれ我が強くしょっちゅう言い争っていますが、じつは互いに信頼し合っています。その側面が色濃く現れたシーンが、デマンが撃たれた時にテスが涙を流すシーンですね。こうした人情劇も見どころで、感動のシーンは、エンディングでもバッチリ堪能できます。

 ソン・ドンイルは相変わらず渋いですね。渋いけれど笑いのツボも心得ています。大好きな俳優です。クォン・サンウも久々の主役ですが、これは当たり役だと思いますよ。そしてテレビドラマ「LIVE」で主役を務めたイ・グァンスがロン毛でイチ役を演じます。これだけ人気俳優をそろえたシリーズです。これで終わりじゃないですよね? 次回作を期待して良いですよね? エンディングに続編を示唆するような一幕が挿まれていて思わず喜んだのですが、それは猫のベベのいたずらでした。

原題:The Accidental Detective 2: In。
2018年、116分、翌年日本公開。
監督:イ・オンヒ。
脚本:チョン・ハンジン。
出演:クォン・サンウ、ソン・ドンイル、イ・グァンス、ソ・ヨンヒ、イ・イルファ、パク・ヘジュンほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM