kepopput.jpg

知ってるワイフ

2019/03/05


 チャ・ジュヒョクは、ガミガミとうるさく暴言を吐くばかりの妻ウジンにほとほと愛想をつかしていました。2人の子供はまだ幼く、下の子の夜泣きで夜もおちおち寝ていられません。銀行の仕事は急な残業も多く、ウンジの父の法事にも出られず、それも彼女の不平につながります。妻が眠った後、クローゼットの中でゲームをするのが唯一の楽しみでしたが、それが壊れ、小遣いを貯めて買った新機種は妻に見つかって風呂に沈められてしまいます。
 ある日、大学の後輩のイ・ヘウォンに再会し、彼女がじつは彼に思いを寄せていたことを聞かされます。大学時代、ジュヒョクはバスの中で痴漢に遇っている女子高校生を助け、それがきっかけでその娘の家庭教師をすることになり、ウンジとの交際が始まりました。あの時バスの中で彼女を助けなければ、ウンジとは結ばれず、憧れのヘウォンと恋に落ちていたかもしれません。後悔したところで後の祭りです。
 勤務先の銀行では上司に怒鳴られ、やる気のない後輩に苦しめられ、疲れて家に帰ると妻に怒鳴られ、ものが飛んでくる、それが現実でした。

 ある日のこと、列車の中で酔っておかしなことを叫んでいる男を介抱してやり、その男から500ウォン硬貨をもらいます。男は宇宙の摂理や時間旅行について学者めいたことを口走っていました。
 その夜、車を運転していたジュヒョクは、見慣れぬ高速の入り口に遭遇し、戯れにそこに進入するのですが、突然ナビが異常を示し車が加速し始めます。そのまま意識を失った彼は、妹のジュウンの声で目を覚ますのですが、そこは彼の大学時代のアパートでした。彼は学生時代に戻っていたのです。まるで夢を見ているような気分で大学時代の何日間をやり直し、再び元の生活に戻ります。怪獣のような妻と上司の罵声に疲弊し、再び謎の高速の入り口を抜けてタイムスリップします。
 3度目の学生生活、ジュヒョクはバスの中で見かけた女子高生のウジンの窮地を心を鬼にして無視します。でも別のおばさんが痴漢の目撃者として彼女をホローしました。これでウジンとの出会いはなくなります。どうか幸せになってくれ、心でそう祈ってジュヒョクはバスを降ります。
 そして朝目覚めると、一流ホテルのスイートルームのような部屋、ベッドには憧れのヘウォンが寝ています。ヘウォンとの恋愛が成就し華やかな新婚生活を送っているのでした。勤め先は同じ銀行でしたが、大企業JKグループの代表の娘と結婚したジュヒョクに罵声を浴びせる上司はいません。彼は仕事の評価も高く誰からも好かれる優秀な職員でした。
 そこへ新しく女子職員が就任してくるのですが、それがなんとウジンだったのです。彼女はしっかり者で気立ての優しい素晴らしい女性で、ジュヒョクと結婚していた頃のような怪獣ではありませんでした。一方、ヘウォンは、富豪の娘であることを鼻にかけ、我がままで、ジュヒョクに献身を求めるようになります。

 恋愛している時はあんなに可愛かった妻が、結婚して子供ができると豹変してしまった、そんな嘆きは筆者もしばしば耳にします。ひどいケースでは、家に帰りたくない、仕事が終われば飲み屋かパチンコ店に直行、帰宅後も妻と話もしない、そんならしいです。筆者のように結婚して34年、いまだに夫婦で旅行したり一緒にK-POPのライヴに行ったりというケースは、結婚生活としてはマシな方かもしれませんね。とある知人は「お前は恵まれている、奥さんに感謝すべきだ」そう言ってましたが、実際そのとおりでして、家でヘビを飼うは自室に人形を並べるわという奇行を容認するような女性は彼女をおいて他にはいないでしょう。
 筆者の夢のような結婚生活はさておき、結婚を後悔している人が人生をリセットし、別の女性と結ばれ、元の妻と別の形で再会したらどうなるでしょう。これはそんなお話しです。
 最初から急展開でひじょうに面白くて、逆に先の展開が心配になってしまいましたが、中盤になっても終盤になってもテンションが落ちない、次から次へと見どころが続く、ひじょうに良くできたドラマです。ラブコメは筆者の得意分野ではありませんので、これは妻のお勧めです。

 人生やり直しを実現させたジュヒョクには、ウジンとの結婚生活んも記憶がありますが、ウジンにとってジュヒョクは馴染みのない人間です。ましてジュヒョクにはヘウォンという妻がいます。ジュヒョクの親友で職場仲間のジョンフンに告白され、彼女はそれを受けます。なのになぜかジュヒョクのことが気になって仕方がありません。そしてあろうことか彼女の認知症の母がジュヒョクを彼女の婿だと思っているのです。
 次第にジュヒョクに心惹かれるウジン、そしてジュヒョクの方も彼女が気になり始めます。ウジンと職場仲間として接するうちに、ジュヒョクは気づくのでした。彼女が怪獣になったのではない。彼女の思いに気づいてやれず、彼女の話しにも耳を貸さなかった自分が彼女を怪獣にしたのだと。

 ウジンを怪獣にしてしまったのは自分だ。そして今はヘウォンからも愛想をつかされています。けっきょく自分は誰も幸せにすることはできない。自分といると相手は不幸になる。そう判断したジュヒョクはウジンから離れることを決意します。自分は生涯独身を通すべきだど。
 そこへ、ひょっこり例の男が現れます。宇宙の摂理について奇妙なことを口走り、ジュヒョクが人生をやり直すことになったすべての原因。なぜ僕を過去に戻したんですか、というジュヒョクの問いに男は曖昧に答え、そろそろ自分を許してやれと微笑みます。

 人生をやり直すことができたら、今の相手とはちがう異性と結婚していたら、そんなことを考える人は少なくないと思いますが、やり直したところで結果が好転するとは限りませんよね。筆者は後ろは向きたくないです。何事にも自信が持てず、他人から軽視される若い時代になんか2度と戻りたくないです。
 自分の本当に望むもの。自分が幸せと感じられる暮らし、それはきっと未来にあるのですよ。……そう思いながら前を見続け、気づけばジジィになっていましたが、それでも未来を信じていたいです。

2018年、TVシリーズ全16話(各話70〜90分)。
監督:イ・サンヨプ。
脚本:ヤン・ヒスン。
出演:チソン、ハン・ジミン、カン・ハンナ、チャン・スンジョ、エン(VIXX)、パク・ヒボン、オ・ウィシク、イ・ジョンウン、イ・ユジン、ソン・ジョンハク、パク・ウォンサン、キム・スジン、キム・ソラ、コン・ミンジョン、カンヒほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM