kepopput.jpg

SUNG SI KYUNG JAPAN CONCERT 2018“君がいるよ”

2019/01/04


 12月29日、1年ぶりにソン・シギョンさんが来阪しました。去年NHKホールでしたが、今年はグランキューブです。また、この日は久しぶりにK-POPお茶会のメンバー4人がそろいました。梅田で食事して、それから会場へ出陣です。

1

 グランキューブは A PINK 以来かなぁ。ここでは BEAST や BTB といった CUBEエンターテイメントのアイドルをよく見ました。A PINK も CUBE ゆかりのガールズグループですね。

2

 会場盗撮。今年は去年とちがって映像スクリーンがありますよ。

3

 去年はセットを組んでいましたが、今年はそれを廃してスクリーンですね。

4

 フライヤーと今年のペンラ。

5

 今年のペンラはシギョンさんをデザインしています。

6

 ちなみに筆者と嫁さんが持参した去年のペンラはこれ。皆さんけっこう持ってました。

7

 公演後に、感動したSちゃんが現地でファンクラブに入会していました。これは去年発行の嫁さんの会員証。

8

 現地入会および新会員紹介特典のクリアファイル。それとチケット。会員でもピクチャーチケットじゃないのが残念。最近は電子チケットが主流で、紙のチケット自体が貴重ですけど。

9

 銀テは公演後に親切な方にいただきました。

10

 銀テのサイン部分のズームアップ。

 で、肝心のライブの方ですが、3日前に風邪を召されたとの情報を得ていたので心配だったのですが、素晴らしい歌声は健在でした。静かなバラードが中心となりますから、初参加のお2人の反応も心配だったのですが、とても感動したとのことで、次回もぜひ観に行くということになりました。
 ソン・シギョンさんは日本語が堪能なうえに話題が豊富なので、MCパートがたっぷりあり、そのせいで講演も3時間半くらいになります。トークも彼の魅力のひとつです。
 韓国では超ベテランで、1度に数万人の観客を動員する彼が、韓国の仕事を減らして日本に活動の場を広げようとしたことは、大きな挑戦であったようです。小田和正さんなど、尊敬するアーティストもいて、日本への関心は高かったみたいですね。でも日本で知名度を高めるのはなかなか大変なようです。
 ファン層は年齢がかなり高めなので、もっと若いファン層を開拓しないといけませんね。今年の春、SUPER JUNIOR のキュヒョンが除隊したら、彼と日本公演でコラボするのもファン獲得の方法でしょう。キュヒョンとは過去に何度かコラボしています。
 けっこう反骨精神がつよく、流行に左右されるのも好きじゃないようで、ダンスはしないと言いつつ、※※CLUB や DA PUMP をカバーして踊りまくっていました。照明がまぶしくて目がつぶれた。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM