kepopput.jpg

フルメタル・パニック! 終わるデイ・バイ・デイ【小説】

2018/12/28


 最新鋭のアームスレイブ ARX-7 アーバレストに搭乗し、トゥアハー・デ・ダナンの危機を救った相良宗介ですが、そんな彼に千鳥かなめ護衛の任を解き、彼女との接触を禁じるという命令が下ります。納得のゆかない宗介は、セーフハウスの窓を開け放ち、大声でミスリルの機密事項を叫びます。情報部所属のレイスが、正気か? と言って電話をかけてきます。レイスは かなめの前には一切姿を現さないもうひとりの護衛でした。
 ミスリルの上層部は、組織で唯一ラムダ・ドライバを搭載するASアーバレストと同機を操縦できる唯一のパイロット相良宗介の存在がこれまで以上に重要になってくると判断し、宗介に基地への帰還を命じたのでした。
 そこへラムダ・ドライバ搭載のASが香港で破壊活動を行なっているとの情報が入り、宗介たち特殊対応班は現地に向かいます。情報部のハンターが現地で経営する清掃会社の職員に扮してミスリルがヴェノムと呼んでいる強敵ASの居場所を探ります。
 バンの運転中に事故を起こしてしまった宗介は、マオにたしなめられ自分がSRT要員として不適格だと判断し、戦線を離脱します。
 その頃、かなめは宗介が突然いなくなってしまったことに戸惑い、かつ彼がいない間も誰かに見張られている気配を感じます。行きずりの男を誘ってラブホテルに入り、宗介から譲渡されていた武器で男を沈黙させ窓から外へ出で追っ手をまこうとしますが、そんな かなめに恐ろしい相手が迫ります。それは完全自律機能を備えた人間サイズのASでした。

 千鳥かなめ護衛の任を解かれた宗介は、今後一切彼女と会うことも禁じられ基地に呼び戻されます。しかし かなめは依然として何者かに狙われており、隠密行動を続ける情報部のレイスが彼女の護衛を継ぎます。宗介が忽然と姿を消し連絡も取れなくなったことに不安を感じた かなめが宗介が利用していたセーフハウスを訪れると、そこはもぬけの空で人の住んでいた気配すらなくなっています。そして彼女に危険が迫ります。
 いきなり急展開で始まる長編シリーズ第4巻ですが、これまで陣代高校でのドタバタは鳴りを潜め、舞台はヴェノムが大暴れする香港へと移ります。そしてミスリルの自分に対する処遇に納得がゆかない宗介は、与えられた任務を放棄してしまいます。
 ひとり自暴自棄になったまま香港の街をさまよう宗介の目に小さな新聞広告が目に留まります。パジャフシャンの虎の子という個人にあてた通信に思い当たった彼は、さっそく行動を開始します。彼がまだミスリルに入る前、東欧の戦場でゲリラ活動を行なっていた頃の記憶が蘇ります。
 その少し前、双子の少年殺戮者が、先生と呼ぶ師の許を後にし、ひとりはヴェノムに搭乗して香港で大暴れし、もうひとりは東京へ飛びます、千鳥かなめ暗殺のために。

 戦線を離れた宗介の身勝手な行動にミスリルの上層部は激怒しますが、テレサ・テッサロッサは彼を信じ、アーバレストの準備をマデューカス中佐に命じます。上層部の決定や規律を無視して私情に走るテッサをマデューカスは厳しくたしなめます。しかしテッサは毅然として言い放ちます。ミスリルの危機を一度ならず救ったのはだれか、彼に重責を負わせたのはだれか、言ってみなさい! 平素はふんわりした感じでドジっ子ですらあるテッサが、米軍在籍時代に数々の武勲を挙げてきた歴戦の名士を言いまさします。マデューカス中佐も、彼女のゆるぎない決意を支持し彼女に応えます。胸のすくような名シーンですね。
 そして香港を火の海にしうようとした双子の殺戮者と、それを支持した先生の意図は何なったのでしょう。先生の正体とは。双子の片割れは かなめ暗殺のために東京へ飛びますが、宗介との関わり合いでただの小娘ではなくなった かなめもみすみす殺されるようなことにはなりません。宗介と かなめの名コンビはどうなるのでしょう。
 お話しは上下2巻に渡り、「フルメタル・パニック! The Second Raid」のタイトルでアニメ化されています。短編集をアニメ化した「フルメタル・パニック! ふもっふ」に続くシーズン3です。シーズン3では、小説5巻最後に登場する残忍で冷酷なアマルガムの刺客とミスリルとの対決も描かれています。

上巻2000年、下巻2001年富士見ファンタジア文庫。
著者:賀東招二。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM