kepopput.jpg

来る【映画】

2018/12/21


 田原秀樹は妻の香奈との間にできた娘 知紗を溺愛し、イクメンパパとして子育て日記をブログに上げます。ブログは好評を博し、イクメン仲間もできて充実したファミリーライフを送っていました。その少し前、知紗がまだ生まれる前、会社の後輩がチサさんの件で原田を訪ねてきた人がいると伝言します。しかし訪問者は見当たらず、首をひねる原田でしたが、さらに謎なのはチサがやがて生まれてくる娘に付ける名で、原田と香奈以外は知らないはずだったのです。伝言を伝えた後輩はその後急激に衰弱し苦しみながら死にます。
 誰の目にも幸せな家庭に見える原田家でしたが、家庭内に次々と異常な現象が起き、香奈は笑わなくなり娘を締め出して自室に閉じこもってしまいます。原田の学生時代の親友で民俗学者の津田に相談したところ、津田はオカルトライターの野崎を紹介します。津田自身はオカルトなど信じていませんでしたが、事態を収拾する力になってくれるかもしれないと考えたのでした。野崎は霊能者を姉に持つキャバ嬢の真琴の許に原田を連れてゆきます。
 最初は真琴の話しをバカにしていた原田ですが、真琴は熱意をもって原田家に憑りついた何かに対処しようとし、原田も彼女を頼るようになります。そして、彼らが相手にしているものが真琴ではとうてい手におえない強力な邪気であることが判明します。
 真琴の姉で日本最強の霊能者琴子は、多くの事案を抱えていましたが、真琴が立ち向かう邪気を感知しており、霊媒師の逢坂セツ子を派遣しますが、彼女は敗れて重傷を負います。原田家に憑りついた悪霊のおかげで現世と霊界の扉が開かれ、災いは原田家だけでは済まされないと判断した琴子は、人脈を駆使して全国の僧侶や宮司を呼び寄せ、大祓いの儀式を始めます。

 田原秀樹は関西出身で、子供のころに親しくしていた女の子が行方不明になるという事件に遭遇していました。身内の葬儀で香奈を伴って帰省した際にも、親戚の間でそのことが話題なりますが、なぜか誰も女の子の名前を思い出せません。それから、香奈が妊娠し、原田は知紗の名を思いつくのですが、知紗が2歳になって一家を襲う悪霊が激しさを増したころ、彼は壮絶な悪夢の中で女の子の名を思い出すのでした。彼は知らずその子の名を自分の娘に付けていたのです。恐ろしいですね。この映画はひじょうに恐ろしいです。これまで数々のホラー映画を観てきましたが、筆者を怖がらせるほどの作品にはなかなかお目にかかれませんでした。
 人形やフィギュアが居並ぶ自室で夜に独りで貞子を観ても平気な筆者が、怖っ! と思いました。そしてその恐怖は大きな感動でした。逃げ場のない恐怖、過去の因縁の恐怖、得体のしれないものへの恐怖、それらを凝集させたジャパニーズホラーの超大作です。映像の美しさや圧倒的なスケールにも感動させられます。
 ストーリーもひじょうに面白いですね。はた目には模範的な幸せ家族に見える原田家の中身は完全に崩壊しています。原田秀樹は育児ブログの中で優秀なパパぶりを発揮していますが、そのじつ我が子をほとんど顧みず、妻にも協力せず彼女の悩みのも関心を持ちません。外面だけの良きパパ良き夫なんですね。そしてそんな彼が、子供の頃からの因縁でひじょうに強力な悪霊を家庭に呼び込んでしまいます。

 幼いころ、行方不明になった少女が言います。私は悪い子だから連れていかれてしまう、あんたのところにも来るよ、あんたも悪い子だから。秀樹がなぜ悪い子なのかその時は解りませんでしたが、彼が結婚して世間的に良いパパを演じる身勝手ぶりを発揮した際に、なるほどと思えます。でもそれは彼に憑りついた悪霊のせいだったのかもしれませんが。
 知紗と名付けられた少女を介して、それはどんどん現世に食い込んできます。超常現象で部屋がめちゃめちゃになり、家庭が急速に崩壊してゆきます。原田は、琴子からの電話に従って家中の鏡を破壊し、廊下に水を張った鉢を並べます。電話の声は言います。では、それを招き入れましょう。それは、悪霊の狡猾な罠だったのです。

 全国から僧侶と宮司を集めた神仏合同の大祓いは圧巻。こんな型破りが許されるのでしょうか。琴子自身は巫女の装束でした。
 ただ、最後が釈然としません。悪霊の正体も分からないままです。正体を明かす必要はないのかもしれませんが、琴子は徐冷に成功したのかどうかも分からないままです。次につなげた終わり方なのでしょうか。よく解りません。
 原作小説では、ぼぎわんという悪霊の正体が明らかにされるそうです。読んでみないといけませんね。

2018年、134分。
原作:澤村伊智。
監督、脚本:中島哲也。
脚本:岩井秀人、門間宣裕。
出演:岡田准一、妻夫木聡、黒木華、小松菜奈、青木崇高、柴田理恵、太賀、志田愛珠、蜷川みほ、伊集院光、石田えり、松たか子ほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM