kepopput.jpg

ネイビーシールズ ナチスの近海を奪還せよ!【映画】

2018/12/12


 1995年。マット・ハンターズ率いるネイビー・シールズは、サラエボの紛争地帯で任務に就いていました。彼らがよく行くレストランのウエイトレスのララが隊員のひとりと恋仲になり、彼女から湖底に沈んだ古い町に眠る金塊の話しを聞きます。戦時中にナチスがフランスから略奪した3億ドル相当の金塊が存在するというのです。それだけの資金があれば荒廃した町を再建し、多くの難民が救えます。
 話しを聞いたマットは、秘密裏に作戦を決行し、自分たちも大金を手にしようと仲間たちと計画を立てます。しかし、上官のジェイコブ・レヴィン少尉から、ネイビー・シールズの撤退を通達されます。先の要人誘拐作戦で派手に暴れ回ったため、彼らが敵からマークされていることへの配慮でした。
 金塊引き揚げには日数を要するので、チームは作戦を断念せざるを得ませんでしたが、湖底に酸素補給のためのポイントを確保するアイディアで、数時間のうちに作戦を敢行できる可能性が出てきました。
 チームは、撤退までの8時間に5人で水深45メートルの湖底から27トンの金塊を秘密裏に引き上げるという無謀とも思える作戦を実行に移します。

 第2次世界大戦中に、ナチスドイツが占領したフランス領から盗んだ金塊を、戦後アメリカのネイビー・シールズが奪還するというお話しを、フランス/ドイツ合作で映画化した作品で、使用言語は英語です。なんだかアメリカが魚夫の利を得たようなシチュエーションですね。
 マット・ハンターズの精鋭チーム5人は、ひじょうに優秀で確実に成果を上げるのですが、無茶な行動が多く、軍部の頭痛の種です。先の要人誘拐作戦でも、目立たず隠密に行動せよとの厳命にも関わらず、撤退時に敵の戦車を盗み橋を爆破するという暴挙に出て、レヴィン少尉から大目玉を食らいます。映画はその派手なアクションシーンから始まります。
 そして、凝りもせずナチスの金塊を密かに引き上げるという独自の作戦を敢行し、それをまんまと成功させてしまいます。しかも米軍にとっては目の上のコブだった敵の一派を壊滅させるという成果まで上げてしまいます。軍の資材や輸送ヘリをも無断で徴用し、上部のあずかり知らぬ作戦を自分たちでやってしまうというあまりの暴走に、さすがのレヴィン少尉も目を白黒させます。これでは軍の規律も台無しです。
 マットたちの作戦は成功したのですが、それが上層部にまで知れ渡ってしまいます。彼らの当初の目的、ララの作戦に賭けた夢はついえてしまうのでしょうか。金塊はフランスに返還され、マットたちの命がけの作戦は徒労に終わり、ララも町を救うことができなくなってしまうのでしょうか。
 ちょっと寂しい結末だなぁ、なんて思っていましたら、一見堅物なレヴィン少尉が一計を講じます。

 予告編では、先の作戦がクローズアップされ、橋上で戦車が大暴れするシーンなどが飛び出しますから、ド派手な戦闘アクションを期待していたのですが、この作品は戦争ものではなく、怪盗ものといった内容でした。もちろん主役がネイビー・シールズなので、武器並びに機動兵器、爆発も登場するわけですが、そればかりを期待していた人には、ちょっと物足りないかもしれません。
 じつはそんな感想を聞いた後に観たので、あまり期待していなかったのですが、とにかくストーリーが明快でおもしろい、そしてラストがひじょうに爽快です。筆者的には大いに楽しめましたし、お勧めしたい作品です。

原題:Renegades。
2017年フランス/ドイツ、105分、翌年日本公開。
監督:スティーヴン・クォーレ。
脚本:リチャード・ウェンク、リュック・ベッソン。
出演:サリバン・ステイプルトン、チャーリー・ビューリー、シルヴィア・フークス、ディアミッド・マルタ、ディミトリー・レオニダス、クレーメンス・シック、ユエン・ブレムナー、J・K・シモンズほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM