kepopput.jpg

Another アナザー【映画】

2018/11/28


 父の海外赴任で母の実家に身を寄せた榊原恒一は、5月から夜見山北中学校の3年3組に転入されることになりますが、そのクラスはむかしから奇妙な災厄に憑りつかれており、数多くの犠牲者を出して来ました。災厄は起きる年と起きない年があるのですが、災厄の年にはクラスの仲間かその家族が次々と変死し、ひじょうに多くの犠牲者が出ます。過去に数知れぬ犠牲者を出してきたにも関わらず廃校にならず、毎年3年3組も設けられてきました。
 災厄の年にはクラスに死者がまぎれ込み、それが誰なのかは本人にすら判りません。それで今年の3組では1人の生徒をいない者として扱うことによって人数合わせをして、災厄を回避しようとしました。いない者に選ばれた見崎鳴に、恒一はそれとは知らずに声をかけ、それから災厄が始まります。
 クラスの生徒たちも、恒一の叔母にして3組の副担任の三神怜子も、災厄やクラスの決め事について知っていながら恒一には教えなかったので、彼が鳴をいない者として扱わなかったのは仕方ありません。それなのにクラスの生徒たちは恒一を恨むようになり、彼の転入が災厄のきっかけだと言い出します。そして恒一もいない者にされてしまいます。
 恒一と鳴は、3年3組の血塗られた歴史に詳しい千曳先生を訪ね、災厄を止める方法を探しますが、過去に一度災厄が途中で止まった年がありました。その年、3組は夏期合宿を催し神社にお参りしているのです。そこで今年もクラスで合宿に行くことが決定されるのですが、神社でお祓いしてもらっても災厄は止まらず、次々と犠牲者が出るのでした。

 2006年〜2009年に野生時代に連載された小説の映画化です。2010年にはコミック化され、2012年には本作品すなわち実写版映画に先んじてアニメが放映されています。原作発表から順調にメディア展開が進んだ大ヒット作です。ちなみに原作小説は2013年に続編「Another エピソードS」が発表されており、さらに完結篇の高層があるそうです。
 実写映画版ですが、ストーリーはアニメ版とおおむね同じでした。ただ、アニメ版の方が長編のため各キャラがしっかり描かれていて見ごたえがありました。災厄の描写もアニメ版の方がグロテスクで、劇場版はちょっとお子様向けの感じが否めませんでした。災厄を止める鍵となる鳴の特殊能力は、実写版ではずいぶん異質な表現がされていて、ひじょうに不気味で、意図が変わってしまっているように思えました。
 アニメ版の千曳先生は謎めいていて生徒たちから敬遠されている変わり者ですが、実写版ではもっとまともな教師です。千曳先生は、現象を招いてしまった責任を感じています。1972年に亡くなった3年3組の生徒夜見山岬を慕うクラスメイトたちが、卒業まで彼女をいる者として扱うことを教師たちも認め、それに協力したことが現象を呼び起こしたというのです。千曳先生はまた、まぎれ込んだ死者に関する記憶と記録が改ざんされてしまう現象について「人間の目はそれを見抜けるようにはできていない」というふうに言っていますが、これはなかなか上手い表現だと思いました。
 クライマックスは、合宿先で疑心暗鬼になった生徒たちが、互いに相手をまぎれ込んだ死者だと思い込んで殺し合いになってしまうシーンですが、それに加えて火災が発生し、決死の脱出劇が繰り広げられます。これまでにそれぞれ生徒たちについてもう少し克明に描かれていれば、もっと感情移入できてハラハラドキドキ感もひとしおだったのでしょうが、恒一と鳴以外の生徒たちがなおざりだったので、臨場感がマイナスになってしまいました。惜しいです。
 そして火災の中で、鳴は眼帯の下に隠した瞳をあらわにし、特殊能力を使います。危険を顧みず業火の中を進む鳴を、恒一と千曳先生が追います。ここから先エンディングまでは実写版オリジナルストーリーとなります。アニメも観て、どちらがよいか比べてみて欲しいところです。

2012年、109分。
原作:綾辻行人。
監督、脚本:古澤健。
脚本:田中幸子。
出演:山賢人、橋本愛、宇治清高、井之脇海、脇卓史、秋月三佳、岡野真也、佐々木隆一朗、正名僕蔵、袴田吉彦、加藤あい、つみきみほ、佐藤寛子、三浦誠己ほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM