kepopput.jpg

フルメタル・パニック! 疾るワン・ナイト・スタンド【小説】

2018/10/12


 テロリスト集団 A21 のキャンプを急襲したミスリルの実行部隊 マオ、クルツ、相良宗介ですが、敵はすでにそこを棄てており作戦は空振りに終わります。いつもの高校生活に戻った宗介は、作戦のせいで千鳥かなめに勉強を教えてもらう約束をすっぽかしたのに気づくも時すでに遅く、かなめは不機嫌でした。
 一方ミスリルの西太平洋艦隊の戦隊長テレサ・テッサロッサは、カリーニン少佐を伴って自衛隊の研究施設に向かいます。成田空港で挙動不審のため確保された少年が、その研究施設に送られており、彼が A21 の一員でしかもウィスパードの可能性があったからです。同じウィスパードであるテッサは、タクマというその少年を観察し、ウィスパードであると判断します。A21 が日本にウィスパードを送り込んだということは、何らかのテロを企んでいるにちがいありません。
 そうするうちに A21 が重装備のASを使って施設を襲撃します。カリーニン少佐はテッサを逃がすために負傷して敵に捕まり、テッサはタクマを連れて宗介のセーフハウスに逃れます。
 宗介の部屋から目と鼻の先に住む千鳥かなめは、宗介に冷たく当たったことを反省し、夕飯を作って彼を訪れるのですが、そこにシャワーを浴びたばかりのバスローブ1枚のテッサが登場します。じゃっかん16歳の少女を上官だ雲の上の存在だと説明されても、かなめには信じられません。 
 そこへ武装集団が襲来し、宗介はからくもそれを撃退します。タクマの体内に発信器が埋め込まれていることに気づいた宗介は、それを無力化すると3人を連れて近くの学校へ潜伏しますが、そこもタクマの巧妙な手腕で敵に知られ、奇襲を受けることになります。
 3人を A21 に奪われた宗介は、駆け付けたマオとクルツと合流し、敵の居場所を東京湾と推定し、急行します。東京湾に停泊している大型貨物船の中では、タクマの姉のセイナが、テッサをカリーニンからラムダドライバの情報を聞き出すための道具にされています。しかしカリーニンは、テッサを自分の秘書と偽り、脅しには乗りませんでした。
 今度は宗介たちが敵に奇襲をかける番です。貨物船に爆弾を仕掛けて混乱を招いた宗介たちは、テッサと かなめの奪還に成功しますが、深手を負っているカリーニンはまたしても単身で敵に挑み、敵の作戦を阻止しようとします。
 しかし一歩遅く、敵の主力兵器ベヘモスが起動してしまいます。全高40mの巨人ASの自重を支えるにはラムダドライバが必要で、起動できるのはウィスパードのタクマだけです。タクマを奪還した A21 は、最終兵器の起動に成功し、東京を火の海にしようとしているのでした。
 艦長に代わって強襲揚陸潜水艦トゥアハー・デ・ダナンを指揮していた副官のマデューカス中佐は、独断でアーバレスト出撃の準備を進めており、テッサの出動要求に即応します。アーバレストは、ミスリルで唯一ラムダドライバを搭載したASで、ベヘモスに対抗しうる兵器はこれしかありません。それでもひとりの兵士が大隊を相手にするようなものでした。
 あらゆる攻撃を無力化してしまう無敵の巨人の暴走を、宗介たちは食い止めることができるのでしょうか。

 フルメタル・パニック! 長編第2弾です。前回の作戦でソ連のウィスパード研究施設を破壊したあとも、アマルガムの出現によって千鳥かなめの護衛が必要ということになり、宗介は引き続き陣代高校に残ることになるのですが、ミスリルの実践部隊の隊員である彼は、頻繁に危険な現場に駆り出されることになります。そのせいで今回も かなめとの約束をすっぽかしてしまうわけですが、それに加えて自室にテッサを匿っているところを かなめに見つかり、宗介は脂汗を流すことになります。お風呂上がりのあられもないテッサを上官であると言いわけしても かなめには通じるわけもなく、追い打ちをかけるようにテッサも甘え声を出し、とぼけて見せます。平素は男臭い傭兵職場に身を置くテッサの学園ラブコメへの参戦です。以降、宗介にとって女性は脅威になります。
 A21 との人質交換の際に、どちらの女を先に解放して欲しい、という敵の提示に、宗介はテッサを先に解放することを要求します。人質は後から解放される方が格段に危険度が増しますが、これは彼が上官の命を第一に考えたのではなく、テッサと かなめの運動能力を比較しての判断でした。しかしこれは軍人たるテッサにとって大きな屈辱でした。そのことを漏らすくだりは、それまで萌えキャラを演じていた彼女の軍人らしさを伺えさせるシーンでした。そして残された かなめはと言うと、臆することなく敵に立ち向かい、宗介の計画を台無しにしてしまいます。
 話し変わって敵に捕らえられたカリーニン少佐ですが、A21 の女戦士セイナは、この屈強な軍人を痛めつけても情報は得られないと判断し、テッサを殺すと脅します。いけませんよカリーニンさんとたしなめんるテッサに対し、彼は、君はいつから上官にそんな口を利くようになったのかね、と芝居を打ちます。今回のテッサはかばってもらってばかりです。潜水艦の発令所では天才戦術家としての手腕を発揮する才女も、陸地では陸に上がった魚です。
 カリーニン少佐は、身を挺して彼女を2度かばいますが、セイナはその姿に敵ながら感銘を受け、2人きりになった時に、自分がテロリストとして歩んできた半生について打ち明けます。最後はカリーニンの彼女に対し敬意を払った処遇をします。

 フルメタル・パニック! は戦争アクションと学園ラブコメが融合した内容になっていますが、それぞれのキャラの人間性を浮き彫りにする描写が作品の魅力の1つになっています。普段は口やかましい副官のマデューカス中佐も、ここ1番の時には並々ならぬ能力を発揮します。今回は、実戦部隊のピンチを想定してアーバレストの出撃準備を独断で進めるというヒットを飛ばしています。

 セイナ率いる A21 の正体についてはあまり描かれていませんが、ベヘモスという途方もない兵器を所持し、それを起動するのに必要なパイロットを有していたという事実は、彼らは小規模なレジスタンスなどではないことを表しています。その背景には、ミスリルに拮抗しうる軍事力を持つテロ勢力アマルガムが存在することはまちがいありません。
 アマルガムは、縦割りではないネットワークとして存在する、ひじょうに切り崩しにくい集団です。今後ミスリルの苦戦が予想されますね。

1999年、富士見ファンタジア文庫。
著作者:賀東招二。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM