kepopput.jpg

SMTOWN LIVE VII IN JAPAN 2018 in Osaka

2018/08/06


 7月30日日曜日、SMエンターテイメントのファミリーコンサート SMTOWN に行ってまいりました。筆者にとっては1月のソン・シギョンさんのソロコン以来のライヴです。最近はヨジャグループがほとんど関西に来ないか、来てもスタンディングの老体にはキツいところでしか、大きな会場でやってもチケット取れないかで、ライヴにゆく機会がことごとく阻まれています。TWICE なんかファンクラブに入って8回32公演分を申し込んで、すべてハズレでした。以前に比べヨジャコンは狭き門になりました。

1

 ヨジャコンが狭き門になったのに加えて、SMTOWN でも少女時代は3人しか参加しなくて、それぞれソロ曲を歌うだけ、f(x) も2人しか来ないというありさま。何年か前の SMTOWN で紹介したSMルーキーズのガールズいわゆる練習生も舞台挨拶させただけでデビューさせない。わずかに RED VELVET の5人(最初は4人)デビューさせただけです。
 女子では稼げないし、SMはそんな方針なのでしょうか。かつては少女時代が稼ぎ頭だったのに。

2

 愚痴っても仕方ないので、とにかくヨジャの少ないライヴ会場に入るとしましょう。ステージ上のヨジャを見るのは、去年7月の SMTOWN 依頼です。

3

 入場時にトレカくれました。筆者がもらったチラシ袋には入ってなかったので、その旨を係員に伝えると、渡す際に確認している、落としたんじゃないのかと言われました。落とさねぇし、袋さかさに持たないし。
 ひとつ上の写真は、SHINee のうちわですね。これも一緒に入ってました。

4

 制御式ライトが付いてます。これを腕に着けて振るです。

5

 銀テープ。アリーナだったのでどっさり降って来ました。うちのけぽっぷ仲間にも分けてあげましょ。

6

 文字入りの銀テは、コレクター性が高くていいですね。

7

 終演後の京セラドームの外観。って終わりかよ、というわけにもゆかないので、ライヴの感想をちょっとだけ。
 SM的には時代は NCT なのでしょうか。NCT Dream、NCT 127、NCT U、NCT 2018 と、若手ナムジャたちを堪能させていただきました。NCT の曲調がやはり馴染めません。嫁さん曰く、ペンラ振れねぇ。技術が高いのは認めますが、楽曲としてイマイチ乗れねぇ。
 SHINee はシャーロックとエビバの神曲をやってくれたのは大変によかったのですが、この2曲はやはり5人必要です。とくにエビバの振付でミンホが各メンバーを起動するシーンで、ジョンヒョンがいないことが目立ちました。泣いてしまいました。泣くやろ、ふつう。4人はどんな思いで演じたのでしょう。
 2016年に日本デビューするや、そのまま空中分解してしまった f(x) はルナとアンバーで舞台を盛り上げていましたが、東方神起みたく2人でやってゆくのでしょうか。クリスタルは辞めちまうのでしょうか。
 SUPER JUNIOR はリョークが退役して参戦したものの、イトゥクが急性肝炎で欠場、けっきょく6人でした。
 RED VELVET とEXO と東方神起は、いつもどおりでした。BoA 姉さん、カンタさん、 TraxX も。
 ヨジャ力が足りない今、Sunday と J-Min にもっと出番が欲しいところですが、彼女たちはスペシャルステージにも出してもらえません。J-Min は大きな声援が上がるほどの人気なんですけどね。

 今年は大阪公演のみというパワーダウンに加えて、ステージも貧相な感じでした。花道の先端が回って上がるのは例年の使い回しだし、あとはバックスクリーンのCGのみ。以前のような華やかな出し物や大道具類はなにもありませんでした。
 スペシャルステージでも、かぶりものするとか、女装するとか、日本の歌うたうとか、そういったオンリーワンなイベントは一切なし。各員が歌い慣れた持ち歌を目いっぱい詰め込んだだけの公演となりました。5時間近くにおよぶ公演になったのは、NCT が尺を稼いだせいですね。

 一頃に比べるとK-POPは再び元気を取り戻し、新たな若手ファンを増やしている感がありますが、SMはいささか老朽化が進んでますぜ。最近はヨジャグループの躍進も目覚ましいですから、ここらでSMもガールズグループのすごいのを出しておくべきでしょう。大勢のSMルーキーたちを練習生のまま不発に終わらせても虚しいだけです。彼女たちもすでに若くなくなってしまいました。ひじょうにおしいです。K-POP業界の悪習ですね。
 どうせデビューさせても短命で終わるK-POP業界ですから、せめて1度は日の目を見させるべきではないでしょうか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM