title.jpg

日本橋と芸能界

 今ではオタクのみならず、幅広い層の人たちに支持されているメイドさんですが、元を正せばオタク文化の中の重要アイテムです。アニメも知らないおじさんたちが財力にものを言わせ、日本橋の達人を自称しメイド店通いをする、そんな風景が当たり前になりつつありますが、それはもちろんOKなのですが、このままオタク路線を脱却し、一般化を目指すのはメイドの本分ではない気がします。それとアイドル化と芸能界デビュー。メイドさんも変わって来たものです。
 もちろん、メイドさんのアイドル化や芸能界入りを歓迎しないわけではありません。たいへんによろしいことです。よろしいことなのですが、人気が出たメイドさんがアイドルとして上京して行ってしまうのであれば、先の項でも述べたように日本橋は単なるアイドル養成工場として少しばかり注目度が上がるだけです。

 筆者は某メイド店と芸能事務所のタイアップイベントの舞台裏を覗いたことがあるのですが、芸能界がメイドさんとオタクの何たるかを理解しているとは言い難いことを痛感しました。オタク客を当て込んだイベントなのに、ノリがグラビアアイドルイベントでした。芸能業界としては、オタク文化を盛り上げることに興味があるわけではなく、世間の注目を集めつつあるメイドさんをアイドルとして起用することに、どれだけの旨味があるのか、それに興味があるのでしょう。
 しかしながら、メイドさんはもともとオタク女子で構築されたオタク文化の萌え要素であるわけで、歌手やグラドルとは少しちがうのです。
 これまでも、正統派メイドとアイドルメイドの二分化は進んでおり、英国ビクトリア朝時代のメイドに倣った、ウェイトレスとしての正統派を目指すメイド(またはお店)と、アニメキャラの3次元アイドルとしての萌え要素を前に出したメイドとの差異はありました。(正統派ということでは後者の方が、メイドカフェにおける元来の姿なのですが。)
 ところが、芸能界が注目するようになってからは、メイドさんに歌手やグラドル化への期待が寄せられるようになり、お店側にもメイドさん採用の基準を自然とそちらに移行する傾向が見られるようになりました。
 この変化がもたらすものが、メイドさんのさらなる知名度アップと、日本橋の活性化につながると多くの人が期待しているわけですが、判断を誤れば一時的なブームを招いたあと、人々から飽きられ忘れ去られることになるのではないでしょうか。

 歌手やアイドルというものは、業界のエキスパートが発掘して育てるものであり、発掘先はべつにメイド店じゃなくてもよいわけです。最近たまたまアニソンがJポップスとしても高い評価を得るようになり、オタク文化の担い手であるメイドさんに業界の目が向くようになったというだけのことです。
 いささか覚めたことを申してしまいまいたが、日本橋のメイド業界と芸能界とでは、求めるものに微妙なずれがあり、このことをきちんと認識しておかないと、ずれはやがて溝になり、日本橋は活性化するどころか一時的なブームのあと荒廃してしまう恐れがあるということを言いたいわけです。
 それでは、芸能界との溝を埋め、日本橋のさらなる発展を目指すにはどうしたらよいのでしょう。日本橋をオタク文化の拠点としてさらに盛り上げてゆくには、何が必要なのでしょう。その鍵となるのが、本著で再々述べて来た、アマチュアイズムと横社会的文化圏作りです。
 芸能界は、文化産業としてはひじょうに巨大な業界で、たいへん大きなマネーを生み出すところです。資本主義の競争理論を忠実に実践して富を産むところです。言わば縦社会の権化みたいなものなのですが、その業界と、手作り文化で地道な進歩を遂げて来たメイド業界が手を組まねばならないわけですから、ほとんど改革をもたらすような発想の転換を実践しなければ、共存共栄はありえません。
 でも、最近は横社会にとっていい風が吹いています。昭和の高度経済成長期のように、日本の国土にまだまだ開拓の余地があった頃とちがい、今は大企業が縦社会のひずみのせいでバタバタ倒れる時代です。何をするにも経費と時間のかかる大企業よりも、中小企業の方が時代の最先端になりつつあります。芸能界でも巨大な放送局よりも、小さな芸能事務所が実質的な仕事をしている場合が多いと聞きます。
 おかげで日本橋にとって芸能界がかなり身近な存在になりました。業界が大型アイドルを育てるよりも、手軽な地下アイドルを起用して地味でもリスクの少ないビジネスに走っていると批判する人もいますが、芸能界との距離が縮まったことで、いろんな可能性が広がりました。
 このことは、日本橋が独自の文化を育てて行くのにもたいへん有益であると思われます。アマチュアイズムを芸能活動に活かせる恰好の機会でもあります。オタク社会には、文化を創造するための才能で満ちあふれています。これを芸能業界と一体となって活かすことができれば、日本橋は文化都市として素晴らしい発展を遂げることができるでしょう。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

まず最初に選んでください↓  
 




 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES








recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM