kepopput.jpg

サティスファクション【映画】

2018/06/10


 ニールとグレースは、子供もいて理想的な家族を気づいていたのですが、夫婦間の倦怠期を感じていました。ニールはグレースを愛していますが、それがマンネリ化して夫婦不仲や不倫、家庭不和になるのを恐れ、新鮮な刺激を求めていました。夫婦でアダルトショップに行ってみたり、雑誌でいろいろ調べてみたり、そしてスワッピング(夫婦交換)に挑戦してみることにします。雑誌に自己紹介記事を載せると、同じ趣味の夫婦からたくさんの返信が届き、2人はサイモンとエイドリアナ夫妻の申し入れを受けてみることにします。
 ニールたちは、サイモンたちの招待を受け、豪勢な暮らしと奔放な生きざまに圧倒されます。それなりに楽しんだ2人でしたが、この交際はこれきりにしよう、とくにグレースはそれを望みました。
 ところが、サイモンとエイドリアナはその後も2人を求め、サイモンはニールの勤める会社の取引相手として職場にも押しかけてきました。それどころか、サイモンたちはニールたちの隣に越してきて、子供たちに高価なプレゼントを与え、緊密な関係を築こうとします。

 官能サスペンスです。ビデオの普及でセックス産業はより身近なものとなり、人々の暮らしに浸透していったわけですが、ポルノムービーあるいは日本でいうところのAVすなわちアダルトビデオは、それだけでひとつの業界を形成し急成長を遂げましたが、最近のファンは、セックスを見せるだけでは満足しないのだそうです。さまざまなシチュエーション、ドラマ性、そうした高度な内容が要求されるようになり、AV業界の仕事も一般の映画製作と同じようなクォリティになって来たと聞きます。
 この作品はポルノではありませんが、一般作品の中でもエロスを売りにしたものは数多く作られています。とくにビデオ化のみで劇場公開しない作品でそれは顕著で、観客はハードルの低いポルノあるいはAVとしてそれらを楽しんでいたりします。東映Vシネマ等にそうした作品やシリーズが見られますね。
 ただ、こうした作品にはB級感モリモリで内容のつまらないものが多いという先入観があってつい敬遠しがちになってしまいます。実際にひじょうに残念なものが少なくありませんから、そのせいで優れた内容のものまで一蓮托生でB級くくりにされてしまっています。
 アメリカなどでは、B級でしかありえない、B級ならではの個性があって、それを武器に一流作品も真っ青の興行成績をマークし、シリーズ化が実現しているものもありますが、それでもマニアックなもの、カルト的なものとくくられがちです。

 この作品も劇場公開されないビデオ作品ですが、筆者はそれを知ってて選んだわけではありませんでした。興味をそそるためのものものしいサブタイトルがついているわけでもなく、ジャケットも下卑た感じはなかったので、てっきり劇場公開されたものと信じて観賞いたしました。
 と言いつつその実エロチックサスペンスという肩書にそそられたのではないかと疑われれば否定はできません。かつてブライアン・デ・パルマ監督のサイコ・サスペンスにハマって以来(ずいぶん古い話しですが)エロスは恐怖と相乗効果を上げる重要な要素だと信じるようになって以来、筆者の中でサスペンス(あるいはホラー)作品がエロいか否かというのはひじょうに思い観賞判断基準になっていますから。
 エロチックサスペンスにはエログロや耽美的要素の大きな暗い作品が多いですが、本作はひじょうにスタイリッシュで、セレブリティで明るい雰囲気です。サイモンとエイドリアナは、ニール&グレース夫妻に対しストーカー行為に及び、やがてそれが恐怖シーンへと変じて行くわけですが、エロとサスペンスは切り離されて描かれています。このあたりがちょっと意外性があって興味深かったです。

 それにしても、サイモンとエイドリアナの心理はどうしたものなのでしょう。2人を避けようとするニールとグレースを執拗に追いかけ、弱みを握り、窮地に追い込んで服従させようとする。そこには金銭目的のような明確な理由はなく、むしろひた向きとも言える執念があるばかりです。嫌がるものを服従させることが喜びであり快感なのでしょうか。特異な征服欲なのでしょうか。
 家庭を壊されたくないニールとグレースは、最終的にはサイモンたちを抹殺してしまうしかない、というところまで追い込まれてしまいます。おもしろいですねぇ、感心させられるシチュエーションです。

 サスペンス好きにはぜひお勧めしたい名作です。ただし、1998年の同名アメリカ映画の方が有名で、検索すると先にそちらがヒットしますから、レンタルや通販ではご注意ください。

原題:ZEBRA LOUNGE / RENDEZ-VOU AU ZEBRA LOUNGE。
2001年カナダ、93分。劇場未公開。
監督:カリ・スコグランド。
脚本:クレア・モンゴメリー、モンテ・モンゴメリー 。
出演:クリスティ・スワンソン、スティーヴン・ボールドウィン、キャメロン・ダッド、ブランディ・レッドフォード、ダニエル・マグダー、ヴィンセント・コラッツァほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM