kepopput.jpg

UNI.T & UNB アイドル再起プロジェクト

2018/04/21


 KBSが主催する、韓国では高視聴率を獲得するアイドルの公開オーディション番組のひとつですが、すでにアイドルとしてデビューを果たしているにも関わらず、ヒット曲に恵まれなかったり事務所の都合で思うように活動できていない人たちが、再起をかけて挑むというものです。
 韓国では毎年ひじょうに多くのアイドルがデビューしますが、活動を存続できるグループやソロは少なく、多くがデビュー間もなく消滅してしまいます。それどころかカムバックの度に歌番で上位にランキングされるにもかかわらず、事務所の都合で活動休止や解散に追いやられている人たちも少なくありません。そうしたアイドルを救済しようというのが、このプロジェクトの趣旨ですが、この番組で再生できるのもひとにぎりに過ぎません。
 今や世界的に認知されているK-POPですが、業界の実情はひじょうに未熟で、人を育てるということが苦手なようです。多くの音楽事務所が音楽文化の育成よりも目先の儲けしか考えていないような気がします。超一流のアイドルでさえ、満足にギャラがもらえず事務所ともめて活動を休止したり、順調に活動していても後続曲が続かず解散してしまったり、そんなことが多すぎます。K-POPでは、ひとりのアイドル、ひとるのグループを長く愛するということは事実上不可能です。長年続いているアイドルはごくわずかで、続いていてもメンバーがすっかり刷新されてしまったり、そんなことばかりで入れ込んだファンがバカを見るのが実情です。
 このプロジェクトでは、ひじょうに大勢の候補者の中から男女63人ずつ126人を選出し、厳しい訓練や各種イベントに参加させ、最終的に男女9人ずつの2つのグループをデビューさせるわけですが、例の PRODUCE 101 のように、番組の視聴率を上げることがメインで、デビューさせたグループは期間限定で酷使したあと解散させる、そんなやり方なのかもしれません。

 U-KISS や BOYFRIEND、Dalshabet といった高い知名度と多くの経験を持ちながら、最近では韓国での活動が滞っているグループや、IM、A.C.E、GOOD DAY のようにデビューしたもののその後満足に活動できていないグループから参加者が集いました。ひじょうに長い間練習生として頑張って来たもののいまだに日の目を見ない方も参加しました。
 LABOUM は最近 M COUNTDOWN で1位をとっていますし、SONAMOO や DIA もコンスタントに曲を出してゆけば充分に売れっ子を維持できると思うのですが、なんだか不思議です。こうした売れっ子たちはすでに充分な人気を博しているわけですから、視聴者投票では有利になり、そうでなくこのプロジェックトに再起をかけている人にとってはいて欲しくない存在なんじゃないかなぁ、そんな気がしました。

 Rain(ピ)を筆頭に、SanE、ファン・チヨル、元4minutのヒョナ、Urban Zakapaのチョ・ヒョナ、SHINeeテミンといった先輩歌手が審査員となり、番組が進行します。しかしながら選考するのはユニットメイカーと名づけられた番組観覧者および視聴者です。緒戦者たちは審査員の前でパフォーマンスを披露し、それをユニットメイカーたちが投票します。充分な投票数が獲得できなくても審査員票により合格できる人もいます。また、投票数が90%を越えると、審査員票に関係なく合格です。
 こうして選ばれた男女96人が、さまざまな訓練とミッションをテレビで公開し、視聴者が投票することによって順位が決定し、途中で何度か脱落者を出しながら、最終的に男女9人ずつで2つのユニットをデビューさせます。
 観ていて確かにおもしろいです。高視聴率をマークできるのも解りますし、韓国が公開オーディション番組を企画したがるのも解ります。
 練習生期間を経てデビューを果たした人たちは、長い年月を音楽の鍛錬に費やしてきたわけですが、その彼、彼女たちが一から基礎を叩きこまれ、まるで練習生時代に戻ったような訓練を積みます。すでにプロのはずの彼らにこんな厳しいトレーニングが必要なのかと思ってしまいますが、それが番組の見どころでもありますから、ここを手抜きするわけにはゆかないですよね。
 数々のミッションはいくつかのチームに分けられて行なわれ、与えられた課題すなわち既存の楽曲をステージで披露するわけですが、チームと個人とで点数が獲得でき、それが投票に反映されます。

 そうして最終的に選ばれたメンバーが、下記の18人。
 男性ユニット、1位 ジュン:UKISS メンバー、2位 ウィジン:bigflo メンバー、3位 ホジョン:HOTSHOT メンバー、4位 フィールドッグ:BIGSTAR メンバー、5位 マルコ:HBY メンバー、6位 ハンソル:元 SM練習生、7位 テウォン:madtown メンバー、8位 キジュン:IM メンバー、9位 チャン:ACE メンバー。
 ジュンは、UKISS の後発メンバーですが、常に高順位安定でした。筆者的には顔を覚えられない、目立たない存在なのですが、既存の人気が高かったのでしょう。2位のウィジンが後半からメキメキと頭角を現し、終盤では1位になったこともあり、このユニットの事実上の実力者だと思います。BOYFRIEND のドンヒョンが最後まで残っていながらメンバー入りできなかったことと、ボーカルの最実力者 100% のロクヒョンが最後に落ちたことが残念でなりません。
 女性ユニット、1位 ウィジン:SONAMOOのメンバー、2位 イェビン:DIAメンバー、3位 NC.A、4位 ヨンジュ:元 HelloVenusメンバー、5位 イヒョンジュ:元April メンバー、6位 ヤンジウォン:元SPICAメンバー、7位 ウヒ:Dalshabet メンバー、8位 ZN(ジエン):LABOUM メンバー、9位 イスジ:元The Ark。
 女性に関しては、いずれも有名グループ出身ばかり。NC.A はソロ、The Ark は短期で終わっていますが。
 昨年の PRODUCE 101 シーズン2出場したことでグループのテコ入れに成功した NU'EST のように SONAMOO や DIA も人気が上がるといいですね。本来は、事務所と本人たちの頑張りで人気を集めるべきなんですが。SPICA なんて人気絶頂のまま解散させられていますけど。

 男性ユニットは、UNB(ユーエヌビー) の名称で、女性ユニットは、UNI.T(ユニティ) としてデビューが決まっていますが、とくに女性の方は人気グループのメンバーを何人も含んでいますから、どのように掛け持ちして行くのでしょう。
 UNB はつい先日デビューし、日本でのファンミーティングも日程が決まっていますが、UNI.T はどうなっているのでしょう。
 とある情報によると、活動期間は14ヶ月を予定していましたが、各事務所の要請で半分になったとのこと。これが本当なら、けっきょくはアイドル養成というよりも視聴率稼ぎのプロジェクトだったってわけですね。応援したところで秋までですよ。

 韓国でアイドル歌手を目指している皆さん、アイドルは稼業にするものにあらず、青春の1ページを飾るつかの間の体験に過ぎません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM