kepopput.jpg

オタク文化と横社会

  オタク文化を発展させている横社会の原動力は、人と人との信頼関係です。電脳ネットワークの世界は、極めて自由度と匿名性が高いので、悪事がしやすいのですが、その誘惑に負けて信頼を裏切るような行為に及ぶと、ネット上で利益を得ることが難しくなります。また、他人に実害が及ぶような行為が蔓延すると、ネットワークの存在自体が危うくなり、横社会は崩壊してしまいます。
 もちろん弊害や犯罪がないわけではなく、マスメディアは電脳犯罪やインターネットの弊害を危機感をもって報道しますが、それは極一部です。例えば車社会でも事情は同じでしょ? 世の中に車がなければ事故も公害もないわけですが、それ以上に車から得るものが大きいので、車はなくなりません。人々の良識と自覚によって車社会は維持されています。

 電脳社会は、物質的な社会と対を成すもう1つの人間社会です。電脳ツールを利用すれば小さな労力で莫大な量の情報を取得したり、大規模なコミュニケーションに参加したりできます。物質的な社会では考えられないような大容量で高速の情報の流通が省力的に行なわれ、そこから大きな創造が実現できます。
 物質的な社会では実現が難しかった、専門知識の取得や、世界へ向けての情報の発信、作品の発表といったことが容易になります。専門課程をクリアしたスペシャリストにのみ許されるようなことが、アマチュアにも実行できる可能性が拡がり、かたよった学術知識による高等教育制度と経済制度の壁に阻まれていた才能を開花するチャンスが生まれます。
 オタク文化は、この電脳社会のシステムを利用して爆発的に発展し、また多くの才能が開花しました。
 オタク文化の原点はアニメやコミックへの興味であるわけですが、ただ作品を楽しむだけでは文化を感受しているだけのことで、そこから作品に対する評価や批判が生まれ意見交換が生じ、人と人とのネットワークが拡がって行くことによって文化が生まれます。これは他の趣味でも同じことで、例えば鉄道やスポーツ観戦でも、ファンのネットワークが拡がることで、楽しみ方、応援の仕方の方法やスタイルが確立されて行きます。
 オタク文化のみならず、あらゆる趣味の集いはネットワークという横社会を築いています。横社会では、信頼関係によって情報が交換され物流が維持されます。見ず知らずの他人同士の信頼関係は利害関係と紙一重でもあるわけですが、縦社会のような閉塞環境での力関係では横社会は成り立ちません。

 人間社会には、趣味のネットワークという横社会が古くから多数存在し、人々は意識することなくそれらに所属していたわけですが、その中でオタク文化による横社会は圧倒的な強さと規模を誇っています。その繁栄の秘訣は、あらゆる情報メディアと緊密な関係を持っていること、映像や音楽、美術や文学というあらゆるジャンルの文化を動員していること、そしてプロとアマの垣根が曖昧になって行ったことでしょう。
 アニメを作るには、美術と音楽と文学、そして最新テクノロジーを総動員します。あらゆるマスメディアが、オタク文化のために用いられ、電脳ネットワークをフル活用して情報交換や作品の公開が行なわれます。
 オタク文化は、映像による2次元文化だと思われがちですが、フィギュアやプラモデルといった3次元の造形も盛んですし、コスプレも3次元です。メイドさんは3次元のアイドルです。
 オタクというと大のおとなが年相応でない趣味に没頭している、キモくて変態じみたイメージをもたれがちですが、アニメやビデオゲームは技術と芸術の粋を結集して作られ、あらゆるメディアで伝えられます。放送、映画、音楽、出版、造形、玩具のあらゆる業界が作品の製作と発表に携わっていますし、芸能界やファッション界もオタク文化と無縁ではありません。
 こうしたオタク文化の拡がりが、海外にも及んでいることは、今や周知の事実ですね。
 そして電脳世界には、映像や音楽や、オタク文化を伝えるための様々な情報が飛び交っています。また多くのオタクたちが、作品の評価や批判をするだけではなく、自らも作品作りを手がけ、それらは多くのファンに支持されています。
 筆者ももちろんオタクですが、オタク文化は本当に奥が深く世界が広いです。遊んでも遊んでも遊びきれないし、いくら勉強しても学びきれません。ネットを通じていろんな人と知り合いになれましたし、メイドカフェでも人間関係が拡がり、たくさん知識を得ました。同人活動している人、アイドルやタレント業をしている人とも知り合いました。
 筆者はまた、オタクであると同時に会社勤めを長く続けているサラリーマンでもあります。典型的な縦社会で、人と企業の醜さ、厳しい格差、力関係を維持するための数々の不正と無駄な労力、資源と経費の浪費を目の当たりにしています。企業が、横社会のノウハウを少しでも取り込めたら、もっと無駄を省けるし、もっと人に優しくなれるのにと、つくづく感じています。
 でもまぁ、縦社会が成長すればするほど限界に近づき、うまく維持できなくなって行くのは自明のことなので、人間社会の横社会化は自然と進んで行きますけどね。
 オタク文化の横社会の構築とその発展を見ていると、人類の未来は明るいと思うわけですよ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM