kepopput.jpg

ミセン -未生-

2018/02/22


 幼い頃から囲碁のプロ棋士を目指してきたチャン・グレは、天才として将来を嘱望されていましたが、父が死去すると、夢を断念して家計を助けるためにアルバイトをするようになります。そうした折り、母のコネで総合商社ワン社に入社することになります。
 彼が所属した営業3課のオ・サンシク課長やキム代理は、学歴のないチャン・グレが語学をはじめ何の学識もないことにあきれてしまいます。また、チャン・グレと共に試雇採用された仲間たちは、彼のコネ入社を快く思っていません。チャン・グレはさまざまな軋轢に耐えながら、必死に努力します。
 大勢の試雇採用者の中から、本採用されるのは4人、その中にチャン・グレの名前もありました。しかし彼が他の3人とちがっていたのは、彼以外が正社員であるのに対し、彼は2年任期の契約社員だということでした。
 同期生は、外国語をマスターし試雇期間中に契約を取り付けることに成功している才女アン・ヨンイ、エリート意識が高くチャン・グレにさえライバル意識を燃やすチャン・ベッキ、工場の現場出身で世あたり上手なハン・ソンニュルで、それぞれ異なる部署に配属されたものの、常に連絡を取り合い一緒に飲みに行くこともしばしばでした。
 4人はさまざまな苦難に遇いその都度お互いに励まし合いながら頑張ってゆきます。アン・ヨンイは男性優位の古い考え方で仕事を与えられなかったり、企画をつぶされたりするうえ、ダメ親父の借金返済に苦慮しています。チャン・ベッキはまともに仕事をさせてもらえず、1度は転職を考えます。ハン・ソンニュルの上司は、やっかい事をすべて彼に押し付け美味しいとこどりをするイヤな奴で、ソンニュルはいつも上司と衝突していました。
 チャン・グレは、部下思いのオ課長とキム代理に見守られ、努力を重ね業績を上げることができるのですが、出世欲がなく人間性のあるオ課長のおかげで仕事に対する横やりが激しく、営業3課自体がいつも大きな問題を抱えて苦しんでします。
 オ課長は、学歴もなく語学力もないチャン・グレを最初は快く思っていませんでした。みんな大学に入るために苦労し、企業の狭き門をようやく潜ったというのに、無学の彼がコネ入社で本採用されたことが気に入らなかったのです。しかし打たれても打たれてもくじけず、着々と業務知識を蓄え、個性的な観点で難題を解決に導く彼を、次第に大切に思うようになります。
 オ課長には、部下の契約社員の女性が失敗の責任を負わされて自殺するという苦い思い出がありました。それに出世が遅れているキム代理のことも気がかりでした。彼の仕事に対する信念は、3課を危機に導くばかりか、部下たちを守ってやることもできない。そして契約社員のチャン・グレを正社員にする道は閉ざされています。
 それでもオ課長は、なんとかチャン・グレを正社員にしようと奔走しますが、そうした前例はなく、彼の思いは会社には届きませんでした。

 商社の最大手という巨大な組織の中で苦労する商社マンたちのお話しで、ストーリーの本筋は、学歴もないのにコネ入社したチャン・グレと、彼が配属された営業3課の浮沈劇です。ひじょうにハートフルな人間ドラマで、観ているうちにすっかり感情移入してしまいます。
 営業3課には、これでもかというほど試練が襲いかかります。うまくゆきかけていたプロジェクトを上司の一声で他の部署に横取りされてしまったり、つぶされたり、責任を押しつけられたり。そうした中で、3課は重大な不正を正し、その功績でオ課長は次長に昇進します。そして専務が担当する5億ドルの大取引を任せられるのですが、それはオ次長のポリシーにそぐわないものでした。でもそれを成功させれば、彼はさらに昇進して人事権を行使しチャン・グレを正社員にすることも可能になります。
 大きな組織の中で働くというのは、人間関係や縦社会のしがらみに翻弄され、実力が軽視されたり、誠意が悪意に捉えられたりしがちですし、欺瞞や罠がたくさん待ち受けています。サラリーマンを経験されている多くの人々が同じような経験をされていることでしょうが、みなさんは、長いものには巻かれ、不正に目をつぶり、人間性を軽視することを社会人として当然だとお考えですか?
 組織が大きくなると、人を育てることを忘れ、人材を食いつぶすことが常識になってゆきますが、それでも人は会社の部品ではありません。血の通った人間です。そして会社にも社会にも人間は必要です。

 韓国人は気が荒いことで有名ですが、みんなよく怒鳴りますね。上司が部下を怒鳴りつけるのは当たり前のようですね。アン・ヨンイを罵倒する部長なんか、日本ならセクハラとパワハラで訴えられるでしょう。彼は過去に訴えられた経験もあるようですが、まったく懲りておらず、女性蔑視が正しいと思い込んでいるようです。なんかすごいですね。
 部下思いのオ次長もよく怒鳴ります。ただ、彼の場合は部下との間に信頼関係が気づけているので、部下はちゃんと彼についてゆきます。そして猛烈なオ次長も家に帰れば、子供たちにとってはよき父であり、妻には頭が上がりません。1話約45分34話の長編なので、それぞれの家庭環境もかなり克明に描かれ、それがお話しに深みとリアリティをもたらしています。
 囲碁の騎士を断念したチャン・グレの過去、娘に借金を背負わせ、さらに金を無心に来るアン・ヨンイの父親、製造の現場出身のハン・ソンニュルには、工場の人たちとの人間関係が営業部に来てからもつきまといます。彼の叔父は工場の責任者だったりします。奥深いドラマですね。

 韓国の大ヒットドラマによく見られるファンタジー要素、あるいは恋愛要素を持たず、会社員のリアルな生きざまを描いて成功していますが、最後にドラマチックな急展開がありますのでお楽しみに。これはほんとなかなかの急展開です。急展開にして爽快です。
 また、韓国および日本でのテレビ放送では20話となっていますが、DVDは全34話でした。Mnetで放送された時には20話で、その後BSでの放送時には時間枠の都合で1話を短縮して話数を増やしたそうですから、DVDは後者の話数になっているのかもしれませんね。
 とにかくおもしろいです。お勧めです。泣けます、笑えます、心温まります。

2014年、テレビドラマ34話。
演出:キム・ウォンソク。
脚本:チョン・ユンジョン。
出演:イム・シワン、イ・ソンミン、カン・ソラ、カン・ハヌル、ピョン・ヨハン、キム・デミョン、キム・ジョンス、キム・ギョンリョン、シン・ウンジョン、キム・サンウォン、リュ・テホ、キム・ヒウォン、ソン・ジョンハク、キム・ジョンハク、ナム・ギョンウプ、イ・ギョンヨン、キム・ソクマン、ソン・ビョンスク、ナム・ミョンリョル、ほか。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM