kepopput.jpg

ジャスティス・リーグ【映画】

2017/12/30


 太古のむかし、人類は宇宙からの脅威を退けるために神々が集結しましたが、その時に敵が用いた絶大な力を有するマザーボックスを3つに分散し、2度と使われることがないように隠しました。惑星アポコリプスからやって来たステッペンウルフは、マザーボックスを手に入れ、再び地球を滅ぼそうと企んでいました。怪物ドゥームズデイとの戦いでスーパーマンが命を落とした今が地球侵略の後記でした。
 宇宙からの侵略を察知したバットマンとワンダーウーマンは、これを迎え撃つために仲間を募りますが、彼らのようなパワーを持った超人たちを集めるのは容易ではありませんでした。そうこうするうちにステッペンウルフは、3つに分けられたマザーボックスを手に入れようとしていました。
 その1つが隠されているのは、ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナの故郷セミッシラ。侵略者はアマゾン族を退け、やすやすとそれを手に入れました。もう1つは海底に沈んだアトランティスにあり、これも守りきることはできませんでした。
 一方、バットマンとワンダーウーマンのもとに、アクアマン、フラッシュ、サイボーグが集結し、ステッペンウルフの悪事を阻止しようとしますが、まったく歯が立ちません。そして最後のマザーボックスはサイボーグが誕生したS.T.A.R.ラボに隠されていました。最後のパーツは人間が隠していたんですね。
 しかしこれも奪取され、ステッペンウルフは無敵のパワーを手に入れます。この絶体絶命の危機を回避し、起死回生のチャンスをものにするには、スーパーマンを復活させるしかありませんでした。

 バットマン:両親の死を機に悪と戦うことを誓ったブルース・ウェインは、親が残した資産で次々に必殺兵器を開発、彼の故郷のゴッサムシティの平和を守っていましたが、ゾット将軍とスーパーマンとの戦いで施設を破壊され、スーパーマンは正義にして脅威でもあると判断、彼に闘いを挑みます。しかしスーパーマンが自らの命と引き換えに地球を守ったのを目にし、視野が大きく広がりました。
 ワンダーウーマン:女性ばかりで構成されるアマゾン族の住む他から隔絶された島セミッシラで生まれ育ったプリンセス。ゼウス神とアマゾンの女王ヒッポリタとの間に生まれた娘。本名ダイアナ。成人して世界の危機を知ってからは、故郷を後にし、アンティークショップを営みながら暮らしています。
 アクアマン:幻の海底都市アトランティスのアトランナ女王と魔術師アトランを両親に持つオリンは、海洋生物とテレパシーで会話できるなど、アトランティス人としても特殊で、それゆえに幼くして捨てられ、イルカに育てられたのちに灯台守に拾われアーサー・カリーと名乗るようになります。成人してからはアトランティスに帰り王位に就きますが、おおむね地上で暮らしているようです。
 フラッシュ:セントラル・シティ大学の学生バレリー・アレンは、実験室で雷に打たれ、以来高速で移動できる能力を身につけました。スピードフォースと呼ばれる意思を持ったエネルギーが住む異次元から無限のパワーを引き出し、スーパーマンに匹敵するほどの高速移動が可能です。このフラッシュ君は確か2代目です。
 サイボーグ:ゴッサム・シティ大学のフットボール選手ビクター・ストーンは、科学者の両親から知能を高める実験に処され、天才に生まれ変わりますが、S.T.A.R.ラボで実験中の事故の爆発で致命傷を負い、体のほとんどを機械に置き換えられ一命を取りとめますが、それからは人目を避けて暮らすようになってしまいました。
 スーパーマン:滅亡に瀕した惑星クリプトンから幼い頃に脱出し、地球に到着。カンザス州の農家で地球人の父母に育てられます。成人後はメトロポリスのデイリー・プラネット社に入社し記者クラーク・ケントとして普通に暮らすかたわら、悪人をやっつける自警活動をしていました。ゾット将軍との戦いで街に大きな被害をもららし、人々に不安を与えてしまいますが、ゾットがバットマンの宿敵レックス・ルーサーの2代目Jrによって怪物ドゥームズデイに変えられた際には、命と引き換えに地球を救います。

 スーパーマンのすさまじいパワーは、多くの悪事をくじいてきましたが、彼の故郷クリプトンでクーデターを起こしたゾット将軍との戦いでは苦戦を強いられ、都市に甚大な被害をもたらしてしまいます。人々はスーパーマンの異常なパワーに脅威を感じるようになり、バットマンも彼の存在に懐疑的になります。バットマンは、スーパーマンの無限のパワーを封じ込めるクリプトナイトを使ってスーパーマンを追いつめますが、そこへドゥームズデイが出現します。このピンチに登場したのがワンダーウーマンです。半神半人の彼女のパワーは強力です。この戦いの様子は、映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」 に描かれています。
 スーパーマンは死んでしまいましたが、最後に彼の棺がかすかに振動するシーンがあります。彼は完全に死んではおらず、パワーを失って休眠していたのかもしれませんね。そうして本編「ジャスティス・リーグ」で彼は敢然と復活し、彼の再生に尽力したバットマンとの間に熱い友情が芽生えます。クラーク・ケントの恋人ロイス・レインも大喜び、彼を育てたマーサ・ケントとの再会も実現します。

 ジャスティス・リーグは、DCコミックスのヒーロー&ヒロインの集大成で、マーベルのアベンジャーズとは対極的な存在ですが、今後もシリーズが続いてゆきそうです。またここのヒーローたちの映画も順次製作されると思われます。来年はアクアマンが映画化されるようですよ。
 また、TVシリースでは、ジョー=エル(スーパーマン)の従妹のスーパーガールが始動しました。すでにシーズン2が日本でもビデオ化されているようですから、チェックしないといけません。筆者はまだシーズン1しか見てませんが、本国アメリカではシーズン3の放映が始まっているそうです。
 ジャスティス・リーグの続編ができるとしたら、その時にはぜひスーパーガールも参戦させてほしいですね。

原題:JUSTICE LEAGUE。
2017年アメリカ、120分、同年日本公開。
監督:ザック・スナイダー。
脚本:クリス・テリオ、ジョス・ウェドン。
出演:ベン・アフレック、ガル・ガドット、ジェイソン・モモア、エズラ・ミラー、レイ・フィッシャー 、ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、ジェレミー・アイアンズ、ダイアン・レイン、コニー・ニールセン、J・K・シモンズほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM