kepopput.jpg

メイドさんと風俗店

  メイド産業は、アニメを中心としたオタク文化から誕生した、オタク界の重要アイテムなのですが、じつは客のひじょうに多くがアニメを嗜好しない、つまりオタクじゃない人たちです。筆者の知る多くのメイドの達人たちもオタクとは無縁の一般人(オタクたちはオタク以外の人をこう呼びます)です。とくに年配の独身男性は、財力にモノを言わせて恐るべき頻度でメイドさんのお店に通い、多くのお店のポイントカードを何十枚も満了し、たくさんのメイドさんたちと仲良くなっています。
 女の子と遊びたければ、お水のお店に行けばよろしかろうと、オタクである筆者などは思うのですが、キャバクラや種々の風俗店とはまた違った良さがメイド店にはあるそうです。
 メイドさんのお店は、風俗店よりも手軽さという点で利便性があるのでしょうか。歓楽街で遊ぶよりも安上がりだからでしょうか。
 オタク以外の客が増えて客層が広がると、客足そのものが増えるので、お店としては収入増につながって良いのですが、ご年配が多くなると、中にはメイドさんとお水の女の子の区別がつかない不逞のやからがいて、メイドさんにお給仕以上のサービスを求めてしつこくからんだり、騒いだり、自分の若い頃の話しや自慢話しや説教を始めたりといった暴挙に出ちまいます。さらには、お店が終わったら付き合えとか、携帯電話の番号を教えろとか、まったくのところ始末に負えません。
 メイドさんの中には現役の高校生も少なくありません。そうした未成年に対して風俗店まがいのサービスを求めることは淫行です。
 また、お店によってはこうした客の暴挙をあるていど許容しているところもあって、メイドさんが自ら客にタメグチで接したり、常連との私的な会話に没頭して他の客を無視するようなケースもあります。お店がほとんど常連の私物になってしまっているようなところも。

 メイドさんのお店は、純粋にオタクの持ち物だった頃は、客とメイドさんがアニメでつながった、学祭の模擬店のような感じが強く、客と店員の馴れ合いもアニメのネタで盛り上がる、無害で可愛いものでした。ところが一般人の客が増えるにつれて、この馴れ合いが少しずつ変容し、風紀を乱す状況に傾倒していったんですね。
 メイドさんのお店は、喫茶店以上風俗店未満の位置付けを微妙に保っているようなところがあります。このバランスが崩れて風俗店寄りに傾倒してしまうと、青少年を保護する条例や風営法が黙っていない事態にもなりかねません。
 日本橋は、条例がかなり厳しいところです。メイドカフェで普通に行なわれているコーヒー混ぜ混ぜも、ウェイトレスとしての給仕以上のサービスに当たるのではと疑問視する向きもあります。給仕内容のひとつとして許容されて当然だと筆者は思いますが、同じ混ぜ混ぜでも客とメイドさんが遊んでいる感じになると、風営法で言うところの接待っぽくなってしまいます。まさにスレスレですね。
 それに最近では、歓楽街にメイドさんのキャバクラなんかも増え、客がメイドさんのお店を勘違いしてしまう状況も増えていると言えるでしょう。
 最近は、キャバクラの健全化、利用しやすさが進んでいると聞いたことがあります。キャバクラ嬢が若い女性の憧れの職業のひとつになっているとも。オタク女子がメイドさんに憧れる感覚でキャバ嬢に憧れる娘が増えているそうです。こうした事態もますますメイドさんのお店の立ち位置を危うくしていますね。
 区の条例や風営法がにらみ出すとたいへん怖いです。これまで普通に行なわれていたメイド店独自のサービスの多くが規制されることになったら、客はみんな白けちまいます。そうなるとどうなるか……言うまでもありませんね。客もお店も気をつけましょうね。

 メイドさんのお店が過当競争を始めると、他店にない特徴を出そうとするあまり、風営法スレスレのサービスを提供しようという流れになってしまうことっも無きにしもあらずでしょう。メイドさんがライト感覚の代理風俗嬢みたいな存在になっていったのでは、けっきょくそれは一時のブーム、時間が経てば飽きられてしまうものに成り下がるということではないでしょうか。
 メイドさんに対して風俗嬢感覚のサービスを求めるオヤジたちには、思想も文化もありません。目先の快楽を欲しているだけです。メイドさんがそうした欲求を満たす必要はありません。

 オタク文化の象徴として誕生したメイドさんは、ご主人様お嬢様に萌えと癒しを提供するのみならず、お屋敷に去来する様々な情報の交通整理役として、文化そのものを育成しているのです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM