kepopput.jpg

ヴァンパイアハウス

 古い洋館に薄暗い店内、きしむ床。BGMは童話です。シュールな童話がわずかに聞き取れるくらいの音量で流れています。店内は暗すぎてはいけません。あまりオカルトハウスっぽくしすぎると神経が安まらないから。背徳的なアイテムや演出もほどほどに。
 人を食ったような冷たい笑みを浮かべたメイドさんが「お帰りなさい」とか言って、口元に鋭い牙をちょっぴりのぞかせます。水を入れたグラスを置く白い手には、傷がついていたりします。エプロンもちょっぴり血で汚れているとか。目が真っ赤だったりするとさらに素敵なのですが、発色のいいカラコンは目を傷めるそうですから、注意が必要です。
 グラスにスプーンで赤いものをチロッとたらしてくれます。「なんですか、これ?」と尋ねても、メイドさんはクスッと笑うだけで答えてくれません。あなたはすでに彼女の術中にはまっているのですよ、ご主人さま。
 吸血鬼は、西洋の魔物の中でも最も強烈な存在ですよね。幻想的でかっこよくて、とてもセクシーです。ヴァンパイアメイドももちろん最高なのですが、ドラキュラ伯爵もいてもいいかもです。メイドカフェも最近はお嬢様(女性客)が増えましたからね。伯爵は男性が演じてもいいし、長身の女性が扮するのもいいですね。
 そして週に1度くらいは男子禁制のBLデーが必要でしょう。ドラキュラ伯爵の呪術に誘惑されて、イケナイBLトークに酔いしれて下さい。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM