kepopput.jpg

三度目の殺人【映画】

2017/10/17


 弁護士の重盛は、殺人罪で拘束されている三隅の弁護を引き受けることになりますが、三隅はすでに殺人を認めており、裁判は刑の軽減を争うものでした。ところが、面接の度に三隅の主張が変わり、重盛はそれに翻弄されてばかりいます。
 勤めていた会社を解雇された三隅が、川原で社長の山中を殺害し、その死体を焼いて財布を奪ったというのが事件のあらましですが、最初は金銭を奪う目的で社長を襲撃したと証言した三隅ですが、しばらく経つと週刊誌のインタビューに答えて社長の妻美津江に頼まれて殺したと答えます。その前金として50万円が彼の通帳に振り込まれていました。
 三隅の身辺を調べて行くうちに、彼の家に再三出入りしていた足の悪い女子高生の存在が浮上しますが、少女は殺された社長の娘の咲江でした。咲江は重盛の事務所を訪れ、父に性的暴行を繰り返し受けており、三隅に救われたことを話します。重盛がこのことを三隅に告げると、三隅はそれを否定し、事件当日自分は川原へは行っていない、罪を認めれば死刑を免れることができると検事にそそのかされたと、前言をひるがえします。
 そうして迎えた公判。もともと被告は殺人を認めており、弁護側も死刑を無期懲役に軽減することを目的とした裁判でしたが、ここに至って被告が殺人を否認したため、裁判は混乱を来します。
 三隅は殺したのか、それとも真犯人は別にいるのか、彼の最後の証言を聞き届けるなら、裁判はやり直しということになるはずですが……。

 三隅は本当に山中を殺したのでしょうか。あるいは美津江に頼まれて保険金殺人に加担したのでしょうか。それとも真犯人は父から性的暴行を受けていた咲江で、三隅はそれをかばったのでしょうか。咲江の父親殺しをかばったのか、咲江を救うために殺したのか。しかし彼は殺人現場には行っていないと最後に主張しています。
 三隅はむかし人を殺しており、30年間服役していました。その時に彼に有罪判決を下した裁判管が、奇しくも重盛の父親でした。今回の殺人は彼が関わったものとしては、二度目の殺人ということになります。
 しかし映画のタイトルは「三度目の殺人」です。このタイトルの謎を解くのはちと難解です。この裁判の被害者である山中以外にもう1人誰か殺されているのでしょうか。
 役所広司演じる三隅はひじょうに温厚そうに見える男ですが、時おり態度が豹変しますし、証言も二転三転し、どことなく狂気を感じさせます。
 彼が犯した最初の殺人については具体的なことはあまり描かれませんが、その時の裁判を担当した裁判官は、彼のことを"けもののような男"と称し、逮捕した刑事は"感情のない空っぽの男"と表現しています。まるで人の情のない冷酷な人間のような評価ですが、出所した三隅は、4歳の娘との思い出をつづった手紙を裁判官に送っていますし、咲江は彼をたいへん慕っていたようでした。
 三隅が、先の裁判官すなわち重盛の父に手紙を送った理由を尋ねると、三隅は「人の命を自由にできる」というふうに答えています。なんとも不思議で、意味ありげな言葉です。

 三隅が「自分はやっていない」と言い出したことで、真犯人は判らなくなって来ました。これまでの経緯から被害者の妻の美津江、娘の咲江も容疑者に加えられると考えられます。ところが、裁判はやりなおされることなく、三隅の犯行が確定していることは曲げられることなく進められ、判決に至ります。おかげで裁判所と警察の関係者は名誉を傷つけられることなく円満解決です。
 真実はいったいどうなのでしょう。

 真犯人が誰なのか、ということよりも、このような裁判の執行がどうなのか、裁判官や検事の体裁や面子を通すために被告の証言を拒否し、裁判をやり直さずに押し通してしまう慣行あるいは風潮がどうなのか、そういう問題定義をこの作品は孕んでいるようです。
 人の命を自由にできる、裁判官を評した三隅の言葉が、頭の中で尾を引きます。参度目の殺人は、誰が誰を殺すというのでしょう。

2017年、124分。
監督、脚本:是枝裕和。
出演:福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、吉田鋼太郎、満島真之介、松岡依都美、市川実日子、橋爪功ほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM