kepopput.jpg

イノセント・ガーデン【映画】

2017/10/12


 森に囲まれた閉塞的な屋敷で暮らしているインディア・ストーカーは、毎年の誕生日に父から靴を贈られ、それは家の敷地内のどこかに隠され、探し出すのが誕生日の恒例行事でした。しかし18歳の誕生日に贈られたプレゼントの包みには、1つの鍵が入っていました。
 そのすぐあと、父は事故死し葬儀に謎の男が現れます。男は長い間行方不明になっていた父の弟でチャーリーと名乗りました。インディアと母のイヴリンとの関係は以前からひじょうにギクシャクしていましたが、母子それぞれにチャーリーに次第に心惹かれて行きます。
 そしてチャーリーの帰還を危険視する大叔母や家政婦が相次いで行方不明になり、インディアが誕生日にもらった鍵で地下室の戸を開けると、冷凍庫の中で冷たくなっている家政婦の姿がありました。

 韓流映画「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督がハリウッドで製作したミステリーです。大自然に囲まれた澄んだ透明感のある美しい風景と、不気味な人間関係のコントラストが鮮烈です。カメラワークもひじょうに個性的で、高い芸術性を感じました。
 毎年インディアに送られる父からのプレゼントの靴は、彼女に成長に合わせて少しずつ大きくなり、色とデザインがそろった靴がずらりと並べられるシーンは、なかなかシュールな光景でした。小さなクモがインディアのスカートの中に侵入する描写も象徴的で異様でした。
 ハンサムで、料理やピアノがうまいチャーリーは、男のいないストーカー家で次第に重要な位置を獲得して行き、あろうことかイブリンとインディアそれぞれを誘惑してしまいます。それまでもギクシャクしていた母子の関係が、チャーリーの存在でさらに悪化してゆきます。
 そしてチャーリーの正体はいったい……。インディアはチャーリーが家からいなくなる以前のことはまだひじょうに幼かったので覚えておらず、父の死と入れ替わりに帰還したチャーリーはまったく見知らぬ男性でした。ですから最初は露骨に警戒し、母と仲睦まじくしていることを嫌悪します。しかし、チャーリーの謎めいた魅力は、次第にインディアの心の壁を突き崩してゆきます。

 ある時、森で学友に襲われそうになった時、突然チャーリーが現れて助けてくれますが、彼は狂気に満ちた凶暴性を発揮します。
 周りの人間が次々と行方不明になったのと、チャーリーはなにか関係があるのでしょうか。突然事故死した父と彼との関係は? チャーリーは本当に父の弟なのでしょうか。彼に成りすました殺人狂なのでしょうか。冷凍庫で家政婦の死体を見つけたインディアは、しかしそれ以降チャーリーと急接近してゆきます。
 ストーカー家の母子と突然の訪問者の関係は、ぞっとするような恐ろしいものですが、この映画は恐怖よりも不思議な雰囲気がまさっています。閑散とした美しい風景と、独特のカメラワークにより幻想的な雰囲気に支配され、静かな狂気がじんわりと迫ってきます。
 チャーリーはもとより、インディアやイブリンもひじょうに謎めいています。得体のしれない何かに心を奪われ目が離せません。そしてそのまま衝撃のラストシーンへと誘われます。

 この作品にはオカルト的要素は存在しないのですが、ゴシックホラーを見ているようななんとも不思議な気持ちにさせられます。森に囲まれた古風な屋敷というシチュエーションもそれをいっそう引き立てます。
 すでに2〜3回観ていますが、観るごとにすごい作品だなぁ、という感銘を受けます。

原題:Stoker。
2012年アメリカ、99分、翌年日本公開。
監督:パク・チャヌク。
脚本:ウェントワース・ミラー。
出演:ミア・ワシコウスカ、マシュー・グード、ニコール・キッドマン、ダーモット・マローニー、ジャッキー・ウィーバーほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM