kepopput.jpg

SMTOWN OFFICIAL LIVE TOUR VI IN JAPAN
in Tokyo

2017/08/03


 7月27日、28日の東京ドーム、SMエンターテイメントファミリーコンサートに行ってまいりました。SMTOWN LIVE WORDL TOUR in JAPAN も"3"から観始めて今年で4回目、"6"ですか、早いものですね。ファミリーコンサートいわゆる芸能事務所単位のライヴの中でも SMTOWN は歴史も長いし毎年定例化されているし規模も大きいので、うちのけぽっぷ仲間も楽しみにしています。最近は、様々なアイドルが集うコンサートがめっきり減ってしまったのでなおさらです。

1

 東京ドーム。久しぶりだ。東京からのアクセスも便利でいいですね。地下鉄丸ノ内線ですぐですし。東京は電車賃が安い。関西の運賃物価は異常です。大阪ー難波を往復するだけで昼食代が飛びます。
 東京ドームは大きいですね。でもそろそろ古びてきましたか。退場時の風圧はここならではのアトラクションです。

2

 グッズを買うの1時間近く並びました。熱狂的なファンの人たちには、これくらいならずいぶん短時間だそうですけど。曇天で助かりました。

3

 間もなく入場です。5万人あまりを無事に収容するために、開場は開演の2時間前です。

4

 3塁側より場内盗撮。

5

 1類側より盗撮。

6

 座席にくっついていたライト。遠隔操作式です。座席ごとにコントロールされるので他のものを使用してはいけまへん。

7

 裏のボタンを押す度に色が変わります。開演してからは遠隔操作されるのでボタンは無効になります。

8

 嫁さんが買ったグッズ。ピンバッジとグラサン型のファスナーエンド。後者はランダムなので、売り場周辺には交換求む客であふれかえります。

9

 これはGGすなわち少女時代のもの。Boa率が異常に高く、好感求む客は皆さん Boa 持ってました。人気グループほど低率になっていて、それを当てるにはたくさん買わなければならないという仕組みになっているようです。

11

 嫁さん考案の写真で遊んでみた。with キュヒョン。現在入隊中。

12

 なぜか TWICE チェヨン。

13

 シンドンは2年ぶりの来日です。

14

 2日目のライヴの前に上野動物園に行ってきました。ハシビロコウがイカしてました。

 でだ、今年の SMTOWN の感想なんですけど、遠隔操作のライトで観客席はきれいでしたが、それ以外のセットは何もありません。去年は全メンバーの入場行進で始まり、舞台装置も大変凝っていましたし、クライマックスではメドレー式に次々にアーティストと楽曲が変わるという、ひじょうに盛り上がる演出がありましたが、今年は他のライヴの使いまわしの花道と使いまわしの円形ステージがあったのみ。大道具関係は一切ありませんでした。
 入場行進もなくいきなり NTC の楽曲が始まり、前半パートは歌番でも充分に観ているソロやユニットの楽曲が延々と続き、かなりつらかったです。着ぐるみとか、おちゃめなユニットとか、そういったライヴならではの演出もなかった。イエソンが日本の歌を3曲歌ったのと、ウェンディとチャニョルが鬼<トッケビ>のテーマ歌ったくらい。笑いどころが少なく、盛り上がらない前半でした。
 後半はそれぞれのグループが順番に3曲くらい歌ってMCやって、そのあともう1曲ずつ歌ってエンディングという流れ。大御所の出番では持ち歌をひねりもなく歌うだけで、ライヴオリジナルというのがほとんどなかった。NTC の MARK って子がやたら出てきて、しまいに鼻につきました。新人を押してゆきたいってとこなんでしょうね、事務所としては。でも盛り上がってるのは NTC のファンだけでした。
 SUPER JUNIOR は6人。退役した D&E が不戦だった大阪(京セラドーム)では4人だったらしい。東方神起はユノさんのみ、チャンミンは入隊中。それは致し方ないとして、f(x) がルナだけってのは日本をナメでますよね。それでもルナは f(x) 健在を叫んでいましたが、もはや信用できません。
 SMルーキーズの女子たちは、Red Velvet を出した後は流れ解散なんでしょうか。
 なんだか去年よりもパワーダウンしたライヴでした。チケボからライヴの感想を求むのメールが来てましたが、回答する気もしませんでした。
 もちろんそれなりに楽しめはしましたし、来年もあれば参戦しますけど、わざわざ東京まではいいかな、と思いました。ライヴビューイングでも見ときましょ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM