kepopput.jpg

■妄想カフェ■

 そもそもメイドカフェがある意味モウソウの世界なのですが、客がご主人様あるいはお嬢様で、ウェイトレスがメイドなんだっていうシチュエーションそれ自体がモウソウと言えるわけですが、妄想を妄想と割り切ってしまえば、身もフタもないわけで、そこはキッチリ成り切るべしなのです。筆者は最近メイドさんというのが、メイドさんのフリをしたウェイトレスなどではなく(最初の頃はそう思ってた)、本物のメイドさんなんだって思うようになって来ました。豪邸で家事をやるだけがメイドと決まったわけじゃない、カフェやリフレでご奉仕するのもれっきとしたメイドじゃないかぁ、かぁ、かぁ。
 なんだかバーチャル世界にどっぷり浸かって正常な社会生活が苦手なオタクみたいに思われるかも知れないけれど、実際そうではあるんですけど、元来、人類は太古のむかしからバーチャルな世界に生きてきたのですよ、これが。
 1冊の本との出会いって名言があるでしょ? 人はむかしから作られた話しとかを読んだり聞いたりして、まるで実際に経験したように感動し、教訓を得、人生が変わったなんてことになるのです。すごいですね。
 というわけで、読書という名の元祖バーチャルは奨励されて、オタクなバーチャルは、キモッとか言われるのは納得行かんのです、ええ行きませんとも。
 ……。なんの話しでしたっけ? だから、妄想カフェなのです。メイドカフェとかで、もしもメイドさんが○○だったら、なんて妄想するのです。想像は創造の始まりだって言うじゃないですか。


目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM