kepopput.jpg

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間
【映画】

2017/07/08


 レズビアンのサマンサは、恋人のニッキーとの不仲でやけになり、あるパーティで行きずりの男に体を許してしまいます。するとその翌日から体調に変化が現れはじめます。トイレに行くと大量の出血があり、皮膚に血管が浮き出し爪が黒ずんできます。
 彼女が過去に精神を病んで薬に溺れた経験があることを知る母親は、心配してあれこれ尋ねてきますが、サマンサは反抗的な態度をとるばかり。流血や頭痛、過度の耳鳴り、目の充血といった症状がどんどんひどくなり、病院に行きますが、医師は何かの感染症だろうと言うだけで詳しいことは解りません。
 やがて彼女が体を許した行きずりの男が警察に追われていることを友人から知らされますが、彼女はそれを無視します。友人がサマンサを訪れると、目が腐ったような色をし、歯が黒ずみ凶暴化していました。

 原題の CONTRACTED は契約したといった意味だと思われますが、日本のタイトルはなんだかすさまじいですね。3日間のボディって何なのでしょう。この場合のボディの意味が解りません。そしてサブタイトルが映画の内容をすべて明らかにしてしまっています。感染した彼女は3日間でゾンビになりました。あまりにも単純なお話しで、和題がすべてを物語っており、それ以上のものはありません。男との性交渉によって感染したサマンサが、じわじわとゾンビ化してゆく、それだけのお話しです。
 警察が血眼(ちまなこ)になって行方を追っている男は、再びその姿を現すこともなく、けっきょく彼がどうしてゾンビ化を感染させるのか、させることができるのかについても明らかになりません。もはや元凶である男のことはどうでもよく、ゾンビ化してゆくサマンサの苦しみを3日間追っておしまいです。
 サマンサは、独身で母親と同居しており、レストランで働いています。自由な時間がたっぷりあるのでたぶんパートタイマーでしょう。レストランは人手が不足しているので体調不良で休みたいと言っても、なんとか出てもらえないかと上司に懇願され、出勤したはいいが、顔色が悪く目が白濁していてとてもまともとは言えません。そのうちトイレで大量に吐血するし、爪ははがれるし。こんなになっても病院で徹底的に診てもらわねばと思わないものだろうか、といささかあきれてしまうわけですが、実際に自分がああなったらどんな心理状態になるのか分かりませんね。
 これは、徐々にゾンビ化してゆくというシチュエーションを味わう、そんな映画なのでストーリー性の貧しさとか、クライマックスとか、結論だとかを求めたら、とんだ愚作になってしまいます。
 シチュエーションを味わうのであれば、日本のタイトルは余計だったかもしれません。「サマンサの3日間」くらいのタイトルであれは、サマンサの日常が突然豹変し、体に異変を来してゆくという過程が、もっと恐ろしいものに見えたかもしれません。いったい何が起こっているのだろうか、警察が男を捜しているということは、男が細菌兵器でも隠し持っているのだろうか、次に何が起こるのだろうか、あれこれ想像しながら、サマンサの変化をハラハラして観察したかもしれません。でも、和題がゾンビだと言い切っているので、3日中に彼女はゾンビ化して人を襲いだすのだろうな、なんて思いながら観ることになります。すなわち、和題のおかげで観る前にネタばれを読んでしまった状態なんですね。なんとも残念な話しです。

 それでも映像と状況に引き込まれて退屈することなく見入ってしまいました。なかなかおもしろかったです。徐々に進行するゾンビ化に怯えながらも、なおも日常を無難にやり過ごそうとするサマンサの態度がリアルで、何とも名状しがたい恐怖につきまとわれているような、奇妙な感覚にさせられました。観ている方は早く大きな病院で観てもらって、警察に男の情報を提供し、何が起こっているのかたしかめて、とやきもきしながら彼女を見守ることになります。
 サマンサは、レストランで働きながら、フラワーアレンジメントの資格を取って転職する夢を抱いているようで、ある時彼女の作品が評価され、展覧会に出品することになったのですが、彼女が持ち込んだ作品はすでに枯れている蘭でした。ふつうにふるまっていてもすでに思考まで異常を来しているわけです。おそろしいです。そしてこの辺りから彼女の凶暴化が始まります。

 この映画には続編があります。「アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビと化した世界」には、そのタイトルとは裏腹に彼女すなわちサマンサは登場せず、彼女にひそかに憧れていて、彼女とのセックスに成功したライリーという男性のお話しになります。なので彼女がゾンビ化した世界の話しではありません。前作同様ボディの意味はやはり不明です。
 ライリーはサマンサと同じようにゾンビ化を来しながら、すべての元凶である男をやっつけようとします。謎の感染源野郎の正体がついに明らかになります。果たして男は、ゾンビ化を広げることで世直しをしようっているサイコ野郎でした。で、なんで彼はそんな感染力を持っているのでしょう。彼自身が無事なのはなぜなのでしょう。
 男の正体が明らかになりそうて、続編への期待は否応なく高まるわけですが、前編の方がおもしろかったです。前編ではサマンサの変わってゆくさまが衝撃的でしたが、続編のライリーは見ていて少々うんざりしました。でも、ネット上の評価はおおむね続編が高得点でした。

原題:CONTRACTED。
2013年アメリカ、84分、翌年日本公開。
監督、脚本:エリック・イングランド 。
出演:ナジャラ・タウンゼント、キャロライン・ウィリアムス 、アリス・マクドナルド 、ケイティ・ステグマンほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM