kepopput.jpg

■日本橋の痛い人たち■

 最近一般社会にも浸透しつつある"痛い"という表現は、見るにたえないつまり目に痛いことを言いますが、日本橋界隈でよく目立つ"痛い"存在は、イタ車とイタ客です。
 イタ車は、かつてはイタリアの名車、ランボルギーニやフェラーリなどを差した言葉で、外車ファンの間でイタ車は、たいへん熱い憧れのマシーンでした。しかしながら、最近ではとくにオタク街では、目に痛い車をこう呼びます。好きなアニメのキャラクターなどをデカデカとボディにプリントしたマシーンで、世間一般的には目に痛いのでしょうが、オタクたちの間では注目の的であったり、センシブルなそれは憧れの的であったりします。
 土曜日曜ともなれば、日本橋にはたくさんのイタ車が出現します。オタロードの通称で知られるオタク街の目抜き通りに面した平面駐車場は、ずらりと並んだイタ車の大展示場と化し、たいへん壮観です。そのなかに混ざった小数の一般車が逆に不自然で、空気読めよと言いたくなります。ああ、もちろん駐車場はイタ車専用じゃないので、一般車も戦列に混ざってよいのですよ。よいのですけど、あたしゃ混ざる勇気ないね。
 素晴らしく出来のいいイタ車は、高い人気を博し、撮影会が始まることもあります。女子がですね、イタ車の前でポーズをとって撮影に臨んでいたりすると、あたかもイタモーターショーです。……そういう催しがあってもいいですよね。
 筆者もですね、そのうち宝くじでも当てたらですね、ん千万円もするイタ車をイタ車にしてオタロードを駆け抜けてやるのさ。

 イタ車を乗り回す人というのは、自己顕示欲の強い人なのでしょうが、そもそも車というもの自体が、移動もしくは輸送という目的を超え、自己主張でありファッションアイテムであったりするわけですよ。かく言う筆者も、マニュアルシフトの250馬力オーバーのマシーンを愛用してまするよ。イタ車ではないけれど、当ててこすって傷だらけで見た目にはかなり痛いですよ。
 自己主張は悪いことではないのですが、周囲に対して大量の毒をまき散らし、ダメージを与えるような主張は慎むべきですね。車ならすさまじい騒音を発するとか、違法改造や整備不良、危険走行をするとか。車ではないけれど、その人自身が毒をまき散らすような輩が、オタク街にはけっこう多いです。それがメイドさんのお店に来店するとですね、これをイタ客と呼びます。イタリアーノのご主人様のことをイタ客と呼ぶかどうかは存じません。
 明らかに珍妙な格好や態度、言動をして自己主張している人を、痛いとかキツいとか表現しますが、それが行き過ぎて、周りに対して同調を求めたり、要求を突きつけたりするようになると、それはもう明らかに有害な人間です。そしてこの有害な人間のお店への侵攻を許した時から、メイドさんの受難は始まります。


目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM