kepopput.jpg

コインロッカーの女

2016/03/12


 仁川のコインロッカーに捨てられていた生後間もない女児が、金貸しや臓器密売を営む裏組織に拾われイリョンと名づけられ組織の一員として育てられます。非情な手段で確実に借金の取り立てを行なうイリョンは、育ての親であるオモニ(母)に可愛がられていましたが、役に立たなくなったら切り捨てるとも言われていました。一切の感情を棄て淡々と仕事をこなすイリョンでしたが、ある時、父の借金を背負わされたソッキョンのところに取り立てに行き、彼に惹かれてしまいます。
 ソッキョンは働きながら料理学校へ行くための資金を貯める苦学生でしたが、自らの不幸を嘆くこともなく明るく振舞っていました。彼の父はフィリピンに仕事に出ていましたが、ソッキョンが毎月利息分を支払っているものの、けっきょく返済期限になってもお金を送って来ませんでした。
 オモニは、ソッキョンのもとに刺客を送り込み、彼を殺してその臓器を金にしようとします。イリョンはソッキョンを逃がすために先回りしますが、刺客はすぐそこまで迫っていました。

 韓国の貧困層をターゲットにした高利貸しや臓器密売、人身売買といった社会の闇の部分が、ひじょうにリアルに描かれています。この作品でそうした裏稼業を牛耳るのは、大きな暴力団組織ではなく、やり手の女ボスと、その子供たちです。イリョンの兄や知的障害の弟もまたオモニに拾われてきた不幸な子供たちなのでしょう。薬ちゅうの姉や、家族から自立して暴力団に入った兄もいます。悪い奴らのお話しですが、強い絆と裏社会の仁義があります。任侠の世界ってやつですね。
 最近思うのですが、政治と癒着し意図的に不況を作り出して荒稼ぎしている表社会の大企業の方が、やくざよりぞっと非道で悪どいのではないでしょうか。労働組合に支配介入を行なって不正のし放題で、社員はどんどん減らし、新卒社員には新たな契約を設けて信じられないような低賃金で働かせる。国や若者たちの将来を食い物にしてガツガツと富を独占し続けるジジィどもには、良心や道徳心のかけらもありません。貧乏人を食い物にしているのは、やくざも企業も同じですし、表面上は合法的で社会的影響が大きい分ひじょうに質が悪いです。
 不況は、中小企業や市民を犠牲にした大企業や資産家の富の独占によるものです。金持ちのふところでお金が停滞して回らない状態であり、世の中からお金が魔法のように消え失せたわけではありません。そして不況は世の中の不正や犯罪を増長させます。

 生後間もなくコインロッカーに捨てられたイリョンは、闇社会で商売の道具として育てられ、普通に感情表現もできず、女の子らしいファンションを楽しんだことさえありません。それが貧しくとも前向きに生きているソッキョンに出会い、心に異変が生じます。彼に自分の心を上手く伝えることなどできませんが、初めてワンピースを買います。それを着てみても行動はいつもの彼女のままで、新しい服はすぐにドロドロになってしまいますが、ソッキョンが殺されると分かったとき、無我夢中で彼のもとに駆けつけ、彼を逃がそうとします。
 ソッキョンをかばったことから、彼女は過酷な経験を強いられることになりますが、それは彼女の家族をも巻き込んでゆきます。凶悪な犯罪に手を染める彼らですが、それぞれに一個の人間として懸命に生きています。彼らの汗や涙や慟哭が美しくさえ見えてきます。

 一貫して暗い雰囲気に包まれた作品ですが、見終わった時はとても爽快な気分でした。イリョンや周りの人たちの熱いエピソードを思い出すと心も熱くなりました。
 死んだような目で淡々とナイフを揮うキム・ゴウンの演技はすごかったです。ソッキョンに危機が迫った時には子供のように泣き崩れますが、それも自然な演技で、感情のない女性の産声のように心に響きました。オンマ役の大女優キム・ヘスの迫力は言うまでもありませんね。
 このような素晴らしい作品が日本公開を見送られ、テアトルシネマグループの「未体験ゾーンの映画たち」にて東京と大阪で数日間だけ上映されたなんて、もったいない話しです。別項でも書きましたが、韓流映画が次第に封切映画館から姿を消してしまった現状は本当に残念です。だから最近は小劇場から目が離せません。
 イリョンの名前は、10番という意味ですが、これは彼女が捨てられていたコインロッカーの番号です。

2015年、111分。日本公開は2016年。
監督、脚本:ハン・ジュニ。
出演:キム・ゴウン、キム・ヘス、イ・チャンジェ、シン・ミンギョンほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM