title.jpg

負けるな男の子

 今の世の中は女性の優位性が目立ちますよね。本著を読んでくださっている読者諸氏もそのことを感じておられるのではないでしょうか。可愛くてファッショナブルで、創作活動にアイドル活動にメイド業にバリバリ頑張っている彼女たちを見ていると、男子がどんどん影のうすい存在に見えてきます。おまけに女の子が、男を無視して女の子大好きとなれば、男子は立つ瀬がないですよね。
 男子は、女の子の引き立て役ですか? メイドさんのお店にお金を注ぎ込んで、セクハラにならないように気を使って。アングラアイドルの応援にまたお金を使って。女の子たちは夢と希望に向かっていろんな経験を積み、生き生きと輝いているのに、男子はご主人様という名のお世話係。それも給料をもらうどころかお金を払ってお世話させていただくわけ。
 筆者自身が男なので、男の子なんて少しも可愛くないし、冷や飯食ってるのもざまぁ見ろってなもんですが、こうまで女性優位が際立つと、ここらで少しは男の子も応援しておこうかって気になってしまいます。

 自分でいうのもアレですが、本著はいささか女の子の美点ばかりをクローズアップし過ぎています。実際には、男が思っているほど女の子家業はバラ色ってわけでもないみたいですよ。
 オタク女子のすべてがメイドさんになれるわけでもないし、アイドルや声優を目指せるわけでもない。美少女フィギュアを部屋に飾って、ギャルゲーやってて家族が心配しないわけでもない。ロリータファッションに家族の理解を得られるわけでもない。
 親というものは、我が子を心配するがゆえに、我が子には普通でいて欲しいと願い、我が子の趣味や将来の夢には理解がない、それをつぶそうとさえする。そんなもんです、親なんて。どう? 男の子と同じでしょ? オタク男子だってフィギュアもギャルゲーもどうやって家族の目から隠そうかと日夜悩むわけですし、メイドさんのお店にもこしょ〜り通う。憧れの独り暮らしも経済的に無理。女子も男子も多くの場合、なにも変わるところはないのです。

 だから、ほんと頑張ってもらいたいと思うんですよ、男子諸君にも。オタク文化だって女子だけでは成り立たないし、メイドさんのお店もお嬢様だけでは成り立たない、ご主人様あってのメイドさんじゃないですか。
 ご主人様ってのは、お屋敷の主(あるじ)なわけです。メイドさんに良いご主人様と思われ、末永くご奉仕したいと思ってもらうためには、紳士的で、気配り上手で、優しくおおらかでなければなりません。
 メイドさんに萌え萌えデレデレしたい気持ちは解りますし、そうしたいからメイドさんのお店に行くわけですが、それはそれとして、欲望丸だしのにやけ顔でメイドさんを凝視してはかりいては単なるキモい客で、ちっともご主人様じゃありません。お給仕に来てくれたメイドさんをいつまでも独占しようとするのもダメです、メイドさん及び他の客人への気配りが足りません。自分の得意分野の話しを延々と語っても、メイドさんは感心してくれません、空気読めよと思うだけです。
 自分は客だから身勝手をしても構わない、横柄な態度をとって当然だ。客の話しが退屈だ、なんて思うメイドはメイド失格だ。お得感がなければお金を払うのがバカらしい……。
 客の立場にあぐらをかくのは、カッコイイことではありません。客であるという優位な立場にあってなお謙虚で、親切で、周りへの配慮をおこたらない、それがメイドさんに慕われるご主人様というものです。

 さてさてご主人様道についての能書きは、これくらいにしてですね、オタク男子たちにもっと言いたいことは、夢に向かって頑張ってほしい!ってことです。立派なオタクたるもの、小説のひとつも書け、同人誌の1冊も出せ、と言いたい。
 出版に依らずとも、今の時代はパソコンやらインターネットやら、素晴らしい創作環境が普通に存在するわけです。ホームページ作成ノウハウを持ち合わせていなくても、ブログを利用すれば自分のサイトを持つことなんて、とっても容易じゃないですか。自分の持てる力を大いに発揮しそれを世界へ向けて発信するためのツールが目の前にあるわけですよ。作曲とかフラッシュムービーとか、独力で公開することができるんです。
 同じオタクやるなら、既製の作品を見てるだけじゃなくて、自分の手で作った作品を残してみようじゃないですか。オリジナル創作がなかなか出てこないというのなら二次創作でもいい、それも無理だというなら、アニメやコミックの評論をブログ等で発表するのもいい。評論だって立派な作品ですよ。
 そしてもちろんプロの声優やアニメーターを目指すのもいい。多くの業界で男の子たちは頑張っていますよ。オタク業界に限らず、芸能界でもスポーツ業界でも、男子大活躍です。歌手やお笑い芸人なんてむしろ男子の方が人気を博しているんじゃないですか?

 華やかな業種ばかりでなく、あらゆる業界、あらゆる職種に夢や希望はあります。地味に見える仕事でも、やり方次第で社会の表舞台に立つことができます。職種の見映えなんて世論とマスコミが勝手に決めたものですから。
 夢に向かって精進と鍛練ですよ。自分を磨き鍛えることで、優しさと協調性、愛と正義を身につけるです。大好きなアニメでも、こゆこと言ってるでしょ? ご自身のことをしっかりと見つめ、持てる可能性としっかり向かい合ってください。そうすれば、あなたはきっとメイドさんたちから慕われる素晴らしいご主人様になっちまうはずです。そして日本橋と人類の未来を、しっかり背負ってください。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

まず最初に選んでください↓  
 




 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES








recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM