kepopput.jpg

SUPEEJUNIOR Ryeo Wook Ever Lasting Star

2016/02/23


 SUPER JUNIOR のボーカルとして活躍しているリョークですが、今年になって初のソロ曲を発表し、キョヒョンに続いてソロコンサートを開催することになりました。SUPER JUNIOR のボーカルと言えば、KRYすなわち、キョヒョン、リョーク、イエソンですが、このうちの2人がすでにソロデビューを果たしているなか、リョークはずいぶん遅ればせながらといった感じです。彼ならもっと早くソロ曲を出していてもよさそうなのに、そう思いました。
 リョークというと、男子なのに可愛いのイメージが強く、日本のファンたちもリョークちゃんなどと呼んでいますが、男子に"可愛い"を求めるのが、時代も変わったものだなぁ、なんて古い人間は思うわけですが、考えてみれば筆者が若い頃でもジャニーズ系のアイドルなどは、可愛いを売りにしている人もたくさんいたわけで、まぁ、いつの時代も人それぞれかな、そんな気もします。
 かく言う筆者のようなアニメヲタクとしては、そんな可愛い男子を許容するにやぶさかでないわけで、男らしいよりもその人らしくあるべきだと、逮捕しちゃうぞの中島巡査も言ってたわけです。って何のことやら解らん話しになりましたが、男子の中性的な魅力というのは以外にも女性に支持されるんですよね、これが。
 リョークファンは、おばさんから娘っ子に至るまで、どちらかというと多数派に入ります。対するカンインとかシウォンといったダンディなキャラが、ファン構成的には少数派だったりするんですよね。アイドルに執心するような女性にとって、男気なんてノーサンキューで、可愛い方が良いってことなんですかね。ボーイフレンドも以前は可愛かったのに、なんてうちの嫁さんも言っております。
 あと、男子アイドルの女装も、こうした女性ファンにとってはご馳走なのだそうです。韓国はヨジャよりナムジャの方がよっぽど可愛い、なんて聞き飽きたフレーズです。


 で、その可愛いリョークの初ソロコンサートが新設された SMTownシアターで2月20日催され、そのライブビューイングが日本でも中継されたわけです。SUPER JUNIOR やKRYのコンサートでも口数が多い方ではない彼のソロコンは、しんみりと聞かせるものになるのだろうと予想していたのですが、これがなかなかのアップテンションで驚かされました。トークシーンでも機関銃のようによく話しました。韓国語ですけど、残念ながら。根本さんの同時通訳もありませんけど、遺憾ながら。
 また、ボンナマンナやソリソリといった名ナンバーを軽快なダンスで披露するシーンでは、今さらながら彼がダンスチームの一員だったことを思い出さされ、KRYでも見ることのない意外な一面を楽しむことができました。

 ゲストの DICKPUNKS のキム・テヒョンという歌手は知らない方でした。ちなみに19日には、キュヒョンがゲスト出演したそうで、嫁さんが悔しがっていました。

 リョークよりもいち早くソロデビューおよびソロコンを実現しているキュヒョンのソロコンサートツアーが間もなく日本で開催されます。筆者はもちろんこれにも付き合わされる予定ですが、以外にもリョークの方が活発なコンサートになるんじゃないか、なんて思いましたとさ。
 リョークちゃんも、そのうちアジアや日本を巡ることになると思いますよ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM