title.jpg

ロリータと女の子

 ゴスロリという言葉をご存知でしょうか。ゴシックロリータを省略したもので、中世ヨーロッパのゴシック文化を取り入れたロリータファッションのことです。ロリータとは、同名小説に端を発する言葉で、歳の離れた幼い女性を好む性的嗜好のことを言います。ロリコンすなわちロリータコンプレックスとは、歳相応でない少女や幼女に惹かれる倒錯的な性衝動のことですが、最近は性倒錯を表す用語が一般的に常用されることが多くなりましたね。SとかMとか、フェチ、放置プレイなどなど。
 ロリータファッションとは、ロリコンと語源は同じですが性的な意味合いはなく、少女性あるいは幼女性を追究したファッションのことで、やはり中世ヨーロッパの、貴婦人のフリフリドレスを源流にしています。フリルやリボンを多用した豪華な衣装で、アンティークな西洋人形(ビスクドールやフランス人形)も身にまとっていますね。
 ゴシックロリータは、そんなロリータファッションの一種であるわけですが、以前はロリータといえばゴスロリといった感があったように思います。すなわちゴスロリがロリータファッションの走りであったのではないかと。
 ゴスロリは、宗教色が強く、どちらかというと暗い色調を用い、ロザリオ(十字架のアクセサリー)やチェーンといったアイテムがよく用いられます。ドクロや凶器がデザインされることも。退廃的な色合いが濃く、宿命、背徳、罪、堕天使といったイメージが背景にあります。ロックミュージックのビジュアル系バンドと通ずるものがありますね。
 かつてのゴスロリファッションは、幼いとか可愛いといったニュアンスよりも、ちょっと人を食ったような、あるいは病的な、反社会的な美学を追究していたように思いますが、最近はかなり柔和なものが多くなり、かつ普段着に近い感じのもの、普段着にロリータファッションを取り入れたものなどが目立ちます。
 花柄プリントのワンピースやフリフリのティアードスカートなどは、普段着として普通に着れるロリータアイテムですね。
 ディープなロリータファッションとしてゴスロリと双璧を成すのは、白やピンクの色づかいとフリルをたっぷりあしらったドレッシーでゴージャスなファッションすなわち甘ロリ(あまろり)でしょう。まるで西洋のアンティークドールが生きて歩いているみたいなファッションを街中で着こなすにはかなりの勇気が要ると思いますよ。ちなみに甘ロリの中でもピンクを基調にしたものをとくにピンロリと呼ぶことがあります。
 あと、和ゴスというジャンルもけっこう人気です。ゴスロリに和装をアレンジした独特のスタイルで、姫カットといわれる黒髪で前髪パッツンのロングヘアのウィグを合わせたりします。

 これらロリータファッションは、中世ヨーロッパに源流を求めながら日本で開発されたファッションです。ビクトリア朝時代のメイドさんを可愛くアレンジしたメイド文化と同じですね。
 そして思うにメイドさんもまたロリータファッションの範疇に入るのではないでしょうか。フリルのついたエプロンドレスにリボン、ヘッドドレス、これら可愛すぎるアイテムはどれをとってもロリータファッションの要素を満たしています。
 事実、日本橋のメイドさんの多くがロリータファッションの愛好家だったりし、メイドさんのお店でもロリータイベントやゴスロリイベントがよく見受けられます。普段からロリータ系の衣装を愛用し、ロリータ服で通勤するメイドさんもいます。前述のようにメイド服もロリータ要素を充分に満たした服装なので、ロリータをまったく受け付けられないようでは、メイドはやれないんじゃないかと思いますよ。

 古くはオタク女子といえば、あまり身をかまわず、コミック購入と同人誌作りにお金を注ぎ込んでいた、地味な女性というイメージがありましたが、今のオタク女子はたいへんファッショナブルです。ロリータファッションの平易化と普及は、彼女たちのファッションセンスを向上させるのに大きく貢献しました。
 もちろんロリータだけがオタク女子の嗜好を満たしているわけではなく、もっとシブいファッションが好きな娘もたくさんいますし、ロリータ好きがいつもロリロリしているわけでもありません。しかし、ロリータの要素を取り入れた服装やアクセサリーやバッグは確実に増えていますし、見る側も、かなり大胆なフリフリのスカートや可愛いブラウスを見かけても、それほど奇異な感じを受けなくなりました。
 いいことだと思いますよ。筆者はロリータ大賛成です。そのうち街中が晴れやかな色づかいのロリータファッションであふれかえれば(すくなくとも日本橋がそうなれば)、それはたいへん素晴らしいことだと思います。そうなると不況も社会の腐敗も吹き飛びますって。世の中の仕組みってそういうものですよ。世の中を動かしているのは、政治家先生じゃなくて市民の心がけなのですから。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

まず最初に選んでください↓  
 




 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES








recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM