kepopput.jpg

■なんでメイド?■

 メイドさんのお店には、今やいろんなジャンルがあります。メイドカフェやメイドリフレクソロジーはもとより、メイド美容室、メイド耳エステ、メイド遠足、出張メイド。一般のカフェやリフレとちがって、こうしたコンセプトのお店には、商品よりもウェイトレスやスタッフに重きが置かれます。かといって、商品やサービスが二流ということではないし、特別に価格が高いということでもありません。フードもドリンクも一般のカフェより質が落ちるなんてことはほとんどないし、リフレにしても技術レベルは低くないです。ただ、スタッフがメイドさんなのです。
 メイドさんは、萌えと癒しのアイテムとして今へ世間に広く認知されていますが、その発祥地がオタク街だったせいか、オタクたちはメイドさんはオレたちのモノと決め込んでいる感があります。アニメやゲームの美少女キャラと同列の扱いなんですね。
 だとしたら、なぜメイドさんでなければならなかったのでしょう? 美少女キャラの“萌え”は、メガネっ娘だったり、セーラー服だったり、闘うヒロインだったり、ナースであったり、じつにたくさんあって、その中でメイドさんというのはそれほど大きな存在というわけでもありません。メイドカフェが、セーラーカフェでも良かったわけです。
 やったもん勝ちだったのでしょうか? 最初に立ち上げたお店がメイドさんだったから? かつてはオタク街に、コスプレカフェというものが人気を呼びつつあったことがありました。アニメに出てくるキャラの衣装をまとったスタッフが給仕してくれるカフェです。この方がメイドさんよりずっと、オタクっぽい。けれど、コスプレカフェはメイドさんほどのブレイクには至りませんでした(今も滅んでしまったわけではない)。
 メイドさんというアイテムは、ウェイトレスにもっとも近くかつ萌え要素が濃厚で、カフェ等のスタッフとして相応しかったのでしょうね。もしかしたら、最初にメイドさんのお店を立ち上げたところは、アニオタ向けのカフェという考えはあまりなくて、いわゆる客をご主人様と見立ててメイドが癒しを提供する、そんなコンセプトだったのかも知れません。
 なので、世のオタク諸君。メイドさんはあなたたちの独占物ではないのですよ。


目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM