kepopput.jpg

幕が上がる その2【映画】

2015/04/17


 2月28日封切の映画「幕が上がる」がいよいよ終演になるというので急いで観に行ってまいりました。この映画はやっぱすごいです。今回とくに気づいたのは、BGMの素晴らしさでした。ももクロが歌う主題歌&挿入歌もさりながら、前編を流れる曲がほんとに素晴らしい。斬新さ鮮烈さは求めるべくもないのですが、シーンやセリフを盛り上げるのにすごい威力を発揮しています。セリフの情感を盛り上げるために用いられる勇壮な楽曲の使い方が贅沢だなぁと思いました。ひじょうにスケールの大きな曲なのですが、音量は小さめで音楽だけが出張ったりしないところがまた妙技です。この辺りは音響監督の技ですか? 映画作りなんて存じない筆者にはそこんとこは判りませんけど。
 とにかくサントラCDと主題歌CDtypeABを買にタワレコあたりに走らねば。

 あと、前半のクライマックスである さおりが中西さんを演劇部に誘う駅のシーンですが、メイキング映画「幕が上がる、その前に……」では、監督の意見を押しのけて、演じた2人の役者の意見が通り、本編では彼女たちの主張したテイクが使われているとありました。彼女たちが主張を通したことに最初は、彼女たちの役者としての素養を見た気がしたのですが、今は、自分の考えを曲げて役者の主張を採った監督の判断の方がむしとすごいなという気がしています。映画はひじょうに大勢の人の手によって作られるものですが、その中で映画監督は唯一の独裁者ではあります。その独裁者が、映画出演初めての若い女優たちの考え方に耳を傾け、出演者が積極的に意見することに喜びを覚えるなんてすごいことだな、そう思いました。本広克行という人は、彼がヒットメイカーであることとは別にしても偉大です。

   筆者は、アメリカンなドカーンバッターンな映画にもけっこう感動する方ですけど。その手の映画はやっぱ初回の感動が2回目以降を下回ることがない、つまりネタばれしちまってる2度目以降よりも、やっぱ初回、2度目以降はボケた頭がすっかり内容を忘れちまってからにしろ、って感じです。なので良かったのでもう1度はあっても、3度目4度目はなかなかありません。ところが「幕が上がる」のような優れた人間ドラマは、何度も観たくなりますし、観るたびに新たな発見、新たな感動に満ちあふれています。DVDを買って手元に置く価値のある作品です。同じ本広監督の作品であれば「踊る大捜査線」よりも「幕が上がる」が何度も観たくなる作品ですね。

 とにかく、ももクロの名演が感動的だったわけですが、黒木華もウワサにたがわずすごいけ女優ですね。「シャニダールの花」や「小さいおうち」では、内気で臆病そうな外見でありながら、自分を貫いて譲らない、そんなミステリー性みたいなものを備えた女性を演じていましたが、今回はひじょうに積極的で生徒たちを引っ張ってゆく、生徒たちにとっては憧れの女性を演じていました。しかし最後には自分の意思を貫くために、生徒たちを見捨てて行きます。もしも幕が上がるが実話で、黒木華が同じ教員だったとしたら、彼女もやはり自分の進む道をあきらめてまで生徒たちをホローし続けるようなことはしないだろう、そんなふうに思いました。黒木華演じる吉岡先生は、生徒たちを見捨てて自分の道に進むことで、彼女たちの自立を促した、教育とは従わせるだけではなく、かくあるべきとも思いました。
 物語の途中で何回か登場する国語の授業のシーン。ストーリーとは直接関係がないエピソードですが、これがひじょうに重要な役割を演じていますね。志賀廣太郎演じる国語の滝田先生かっこよさときたら……。さおりの妄想の中で吉岡先生に「なんてイイ声なの」と言わしめている美声で、宮沢賢治について語る彼の授業に思わず聞き入りました。このエピソードでは、さおりたちの授業という日常を描くと共に、宮沢文学の考証し、さり気に さおりたちに「進め!」と促しています。「宇宙は光の速度で広がってゆく、私たちはどうやっても宇宙の果てにはたどり着けない。でも私たちはどこへでも行ける切符を持っている」この素晴らしい授業がそのまま さおりの決意に現れています。「私たちが歩んできた何十倍も速く世界は広がってゆく、私たちはいつまで経ってもどこにもたどり着けない。でも私たちは舞台の上ならどこにでも行ける」そしてこの国語の授業はまた、演劇部の演目になっている「銀河鉄道の夜」の世界観について語る役割も担っています。
 筆者は個人的に、グッチ役のムロツヨシさんの演技もひじょうに気に入っています。がるるの「部長、浣腸!」攻撃に「先生に浣腸はだめだ、浣腸は校則違反」と応える、あれは名ゼリフですね。合宿のシーンで、吉岡先生が「返事は!?」と気合を入れるところで、中西さんの突然の編入で呆然としている生徒たちに代わって「はいっ」と答えるグッチがまた見事です。生徒に合流したばかりのグッチは吉岡先生の話しなんて聞いてなくて、反射的に返事しているわけです。その後に続く「知らない生徒がいます……」というつぶやくような訴えがまた妙技ですね。だから今説明しただろうが。ともすれば聞き逃してしまうような声のトーンとタイミング、なくったってどうってことないこのグッチのワンポイントは見逃せません。このグッチこそは歴代演劇部を支えてきた顧問の溝口先生であるわけですが、「自分たちで決めなさい、芸術は自由だからね」といって生徒たちの相談を適当にかわし、なんにもしない、なんにもできないぶりに徹しています。なんなんだこのボンクラ教師、ってなもんですが、顧問でもない吉岡先生が演劇部に入り浸って、合宿まで企画して、全国を目指す、新任教師がそこまでできた裏には、グッチが柔軟剤となって学校との軋轢を緩和していたわけですよ。グッチはなんにもできないんだけど、できない者に限って見せるカラいばりをまったく出さず、演劇部の自主管理自主運営を尊重しています。従わせることなく自立を促す教育方針の、これもひとつの側面ですね。そして さおりたちが最もいてほしいときに姿を見せない吉岡先生について「やっぱ新任だから、新人研修とかいろいろあるんだよ」とかわしています。実は、グッチは吉岡先生が舞台女優の道を目指すことで相談を受けてたんですね。それを生徒たちに隠して、吉岡先生の背中をそっと押したのは、グッチだったというわけですよ。いかがです? グッチの評価が上がりましたか?

 そしてそして、5月からはなんと舞台です。ももクロ主演でお芝居が上演されます。いいですね、東京の人は。筆者のような田舎者には手が届きません。チケット代の何倍もの旅費とホテル代が要ります。会社も休まなあかんし。ウワサではライヴビューイングがあるかもとのことなので、そちらをチェックしようかと。生ももクロ見たいけど。

 そしてそしてそして、たくさん関連アイテムが出てますよ。「幕が上がる」オフィシャルフォトブック. 原作小説.と映画を低年齢向きにノベライズした小説(両方とも講談社)。キネマ旬報3月上旬号に特集記事がります。Quick Japan 118 これはサブカル系の雑誌(雑誌コードなし)でも大特集。別冊FLIX vol.2 (FLIX2015年3月号増刊)も幕が上がる増刊号になっています。別冊FLIX plus も幕が上がる増刊号で近日発売です。PICT-UP 2015年4月号も。東京グラフィティ高校生版 HR 創刊号にも幕が上がるのももクロが拍子になってます。チェックしてみてください。新聞や雑誌にほとんど興味がない筆者も、かなり関心があります。

 ということで、今後もますます幕が上がる熱が上がりますね。早くDVD出ないかなぁ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM