kepopput.jpg

2015新人ガールズラッシュ

2015/02/11


 日本でK-POPファンと言えば大半が女性という感があります。ボーイズグループのコンサート会場はもちろん女性客一色ですが、ガールズグループでも観客の半分かそれ以上が女性です。新大久保や鶴橋のコリアンタウンも女性だらけで、ガールズグループのアイテムはひじょうに数が少ないです。日本の男子はK-POPに興味のある方が少ないようです。日本男児どもは、自国の可愛いアイドルグループにライトサーベルを振り、勝鬨(かちどき)をあげるのに忙しくて韓国の女子にまで手が回らないようです。
 日本のガールズグループからすると韓国の歌手はお姉さんに見えますから、シャイな日本男児にはいささか荷が重いのでしょうか。
 韓国本国ではどうなのでしょう。男性ファンも女子に負けず頑張っているのでしょうか。歌番組を見ていますと、客席の声援や掛け声が聞こえることも多いですが、男子諸君もなかなか頑張っています、聞いててかなり怖いですけどね。女性アイドル的に、ほとんど吠えてるような男子諸君の声援って嬉しいのでしょうか、怖くないのでしょうか。筆者の場合、日本のアイドルのコンサートには、男性客の慟哭が恐ろしくて無理です、若い頃から。で、そんな男性客に混ざって女性客もかなり女性アイドル応援してますよね。事情は日本のK-POPファンと同じなのでしょうか。音楽業界の顧客はやはり女性が大半なのでしょうか。
 それにしては、女性歌手が多いです。来日する女性アイドルはひじょうに少ないし、大きな会場で公演できるのはKARAと少女時代と 2en1 くらいしかいませんけど。少女時代が新人だった頃には、女性客にボイコットされたこともあったそうです。客が全員後ろ向いたり、ペンライトを×にしたり。うちら、女見に来たんちゃうし、ってわけ。現在は女性アイドルも男子と同じように脚光浴びているようですけど。

 去年デビューしたK-POPガールズグループを、思いつくままに列挙してみます。
 七学年一班、Aila、Alice White、M.O.A、Kiss&Cry、Scarlet、4L(フォーレディーズ)、MAMAMOO(ママム)、Melody Day、Lip Service、1PS(ワンピース)、Berry Good、Smile.G、Pritz、Ye-A(イェア)、Red Velvet、MINX、Bob Girls、LABOUM(ラブーム)、4TEN(ポテン)、A-KOR(エイコア)、LOVELYZ。
 他にもいらしたらゴメンなさい、勉強不足です。こんなにたくさん新人出して、だれが生き残るねんなんてよく言われますが、みなさん快調に2曲目出してるみたいですよ。
 LOVELYZ は所属事務所的に INFINITE の妹分ってことで有名ですが、Bob Girls は CRAYON POP の、1PSは超新星の妹たちです。Red Velvet が少女時代の妹たちってこともご存知ですよね。妹と言えば、デビュー後早々にメンバー編成を行なった Berry Good の新メンバーにAOAのヴォーカル&キーボードのユナの妹が加わったそうな。  筆者が個人的に注目しているのは、男女共にその実力を認め大人気の MAMAMOO はもちろん、デビュー前からOST歌手として活躍していた Melody Day、クレポにセクシーを加えた Bob Girls、ドラマチックな振り付けとらせんストッキングが印象的な LABOUM。4TEN はデビュー曲「Tornad」も2曲目「Why」も良かったし、M.O.A の「I'll Call Ya」も素晴らしかった。ボンジョビをパクったとお騒がせした Kiss&Cryも、卑猥すぎるMVでお騒がせした4Lも、すごいと思いました。
 お騒がせと言えば、日本に原爆落とそうとした Red Velvet の暴挙は強烈でしたね。原爆はいかんやろ。SMエンターテイメントはBOA姉さんをはじめ多数のアイドル養成に日本に世話になってるのに、なに考えてるんでしょうね。ここで重要なのは、原爆投下はあくまでSMの思惑であって Red Velvet は矢面に立たされただけです。K-POPアイドルは携帯のメールまで事務所にチェックされるようなプライベートゼロの管理をされていますから、彼女たちが反日派だと考えるのは誤りです。そんだけ管理するならもっとアイドルやファンを大事にすべきですが、天狗には何を言っても無駄でしょう。
 LOVELYZ は2014年組みとしてはアンカーですかね。トップを走った七学年一班と共に学生色の濃い、日本のアイドルを彷彿させますが、整然とあか抜けている LOVELYZ に比べ、七学年一班は素人っぽさを感じます。高度な技術を習得してデビューするのが一般的なK-POP業界としては、この素人っぽさはかなりユニークですね。

 そして2015年、Secret の妹 SONAMOO(ソナム)が、HotDebutステージで、清純なコーラスサウンズとパンチの利いたヒップホップ「Deja vu」で、Secretお姉さん同様のマルチっぷりを披露しました。
 つづいてデビューした GFriennd(ヨジャチング)は、体操服にミニスカートのスクールイメージで「Glass Bead(ガラス玉)」をメガヒットさせました。海外の反応もすごくて、アメリカのビルボードも期待の新人と報道しています。この曲は1度聴いてすぐ少女時代の「Into the new world」にそっくりだと思いました。「Into the new world」はまだ新人だった少女時代を広く世に知らしめたヒット曲ですが、知ってる人はみんな、GFriend の「ガラス玉」を聴いて似ていると思ったようですね。でも盗作疑惑のウワサは聞きません、みなさん GFriend 大好きなんですね。
 「Into the new world」の懐かしい動画を見返してみますと、LOVELYZ の「Candy Jelly Love」を見るようでした。少女時代の「また巡り逢えた世界(Into the new world)」は楽曲としては GFriend で、ビジュアルでは LOVELYZ でまた巡り逢えたわけです。

 2014年から2015年にかけての新人ガールズラッシュはますます加速中です。
 YGエンターテイメントが、PINK PINK というガールズグループをデビューさせるらしい。CUBEエンターテイメントも 4MINITE 以来となるガールズグループを準備中で、ファンの間ではすでに CUBE GIRLS の呼称で知られているとか。DSPメディアもKARAの妹となる BABY KARA プロジェクトを進行中。KARAの妹は RAINBOW なのにぃ。missA ん家のJYPエンターテイメントも GMIX というガールズグループを出す予定らしい。
 今年は、大手事務所がこぞってガールズグループをデビューさせ、K-POP界の女の戦いを白熱させるみたいですね。大手事務所ってだけでデビューする新人は有利なわけですが、小さな事務所の娘たちもつぶされずに頑張ってください。女子乱立のつぶし合いではなく、相乗効果として女子アイドルの人気が上昇することを期待しております。
 また、2013〜2014年はガールズグループのセクシー路線が際立ちましたが、このところの新人を見ておりますと、可愛い系あるいは清純派が目立っている気がします。APink 旋風がK-POP界にまた新しい風を巻き起こしたようですね。セクシー路線では女性ファンがけっこう引いていたようなので、ここで一気にガールズグループも女性ファンを取り込みましょうか。
 そしてたくさんのガールズグループや女性歌手が来日するようになり、鶴橋にも新大久保にも女子アイドルアイテムが山盛りになったらいいな、と思う次第です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM