kepopput.jpg

Nine Muses の13ヶ月ぶりのカムバック

2015/02/09


 全員が身長170cmを越える長身モデル系ばかりのガールズグループで、2010年にデビュー以来かなりメンバーの入れ替わりがありましたが、現在も"モデルアイドル"とも呼ばれる圧倒的な特徴を維持しています。モデルや女優、歌手として活動する9人のメンバーで結成され、2010年8月にシングル「Let's Have A Party」でデビューしました。タイトル曲は「No PlayBoy」です。
 Nine Muses の名は、ギリシャ神話に登場する9人の芸術の女神(ミューズ)からとったもので、基本9人グループですが、8人や7人の時もありました。現在は8人体制です。
 2010年8月のデビュー曲当時のメンバーは、イユエリン、ヘミ、ミンハ、イセム、ウンジ、セラ、ジェギョン、ラナ、ピニの9人で、イユエリン、ヘミ、ミンハは前年のグループ結成当時からの初期メンバーです。2010年10月にジェギョンが早くも脱退すると、入れ替わりにヒョンアが加入しました。
 2011年8月、1年ぶりとなる「Figaro」をデジタルシングルでリリース、しかしこの直前にラナとピニが脱退しており、「Figaro」は7人体制でした。12月にギョリンが加入して8人体制になります。
 2012年1月に「News」3月「Ticket」をリリース。ミニアルバム「Sweet Rendezvous」には、デジタルシングルの「Figaro」「News」とタイトル曲の「Ticket」が含まれ、たいへん圧巻な1枚になりました。
 2013年1月、ソンアが加入して9人体制となり「Dolls」をシングルリリースしました。5月には「Wild」をミニアルバムで、10月には「GUN」をフルアルバムで、12月には「Giue」をデジタルシングルでリリース。4曲の楽曲で歌番組のステージにカムバックしたこの年は、まさに Nine Muses の年でした。
 2014年。前年の躍進でお疲れのこの年、1月にウンジとイセムが脱退、6月にはセラも脱退してしまいました。これで2010年加入組みのデビュー当初からのメンバーは全員脱退したことになります。デビュー曲リリース後に加入したヒョンアだけが、2010年組みとしては頑張っています。
 2015年、前年は活動できないままメンバーを6人に減らしてしまいましたが、このまま終わるまじと、この年早々1月にソジンとクムジョを加えて8人体制になりミニアルバム「DRAMA」をリリース、タイトル曲「Drama」で13ヶ月ぶりに歌番組のステージにカムバックしました。

 メンバーの入れ替わりをまとめてみますと、Nine Muses に加入した14人のうちこれまでに脱退した6人はいずれも2010年組みで、デビュー後に加入した2010年組みヒョンアは健在です。2013年の躍進がすごかっただけに、その時のメンバーが、2014年の休止中に3人も抜けてしまったのはひじょうにショックです。ラップとヴォーカルをこなすウンジとイセム、そしてヴォーカルでリーダーのセラは、9人の中でもとくに目立っていましたから。Nine Muses ファンにとっては、これって終わりじゃないですか。この3人がいなくなってどうすんねん、って感じです。デビュー以来9年間不動だった少女時代からジェシカが抜けた以上のショックでした。
 多人数で長身で、ピタリとそろったダンスパフォーマンスは、ほんとうに素晴らしかった。それだけならまだしも、出す楽曲がことごとく名曲で、Nine Muses にハズレなしでした。その強烈なガールズグループを引っ張ってきた3人の脱退は、やはりどう考えても終わりです。
 多数の曲をヒットさせるグループには、良い曲をもらっていることももちろんですが、そのグループに声というものがあります。KARAと少女時代とでは声がちがうわけですよ。4MINITE も Secret も T-ARAも SISTAR も Girl's Day も、みんなそれぞれの声を持っています。AOAだって LADIES' CODE だって BESTie だって EXID だってそうでしょ? すぐれたアイドルグループを特徴づけるのは、そのグループの声だと思うんですよね。ウンジ、イセム、セラの3人が抜けて Nine Muses 声は維持できるのでしょうか。

 「Drama」で冬眠から目覚めた女神たちはどうでしょう。ここはヒョンアとヘミのヴォーカルそしてイユエリンの強烈なラップで頑張ってもらいましょうか。「Drama」はまだそんなに聴いてませんが、第一印象的なことを申しますと、全体的に丸く可愛くなったかな、そう思いました。「Figaro」や「News」を初めて聴いた(観た)時には、少し人を食った表情で吐き捨てるように歌うパンチの利いた表現がすごいなぁと思いました。ピタリとそろったダンスと共に、それが Nine Muses の魅力でした。M男なら思わず踏んで下さいと言いそうな。「Drama」はMVも Nine Muses としては少し可愛くなってました。トーンも明るいですし。2014年以降のメンバー交代で平均年齢も下がったようですし、お姉さん方も丸みを帯びるのは必定といったところでしょうか。
 とある記事に、アイドルグループのメンバー交代はファンの反感を買うものとしながらも、Nine Muses の場合はそれを成功に導いてきたとありました。記事にはその理由も書いてありましたが、新入メンバーの果たした役割に対する評価についてはなるほどと思いましたが、メンバーが辞めることによるダメージはどうなのかなという疑問が残りました。ファンになればなるほど、アイドルを知れば知るほど、それぞれのメンバーに対する思い入れというのが強くなるものでしょう。そのファンの思いは重要ではないのでしょうかね。
 そりゃ、誰しも人間ですから、いつかは引退します。引退するならするで、さよなら公演とかやらないのでしょうか。そのへんK-POP業界はドライですよね。久々のカムバックでメンバーの顔を見てみるとずいぶん顔ぶれが変わっていた、知らぬ間に何人も辞めてた、そんなのが当たり前になっているのは、どうなんでしょう。新メンバー入った、いつまで居るの? いつ辞めるの? そんな意地悪い質問をしたくなります。
 とある知人のお話し。某アイドルグループのポスター部屋に貼ったんだけど、抜けたメンバーはどうすりゃいい? せっかく買ったポスターなのに、いきなり賞味期限切れかよ。
 筆者の嫁さんも、ウンジ、イセム、セラの脱退でテンション暴落したそうです。満を持したカムバックにも興味を失った、のだそうです。
 ずいぶん辛口直球な感想ですが、業界側のファン軽視の方がひどいですよね。

 K-POPを世界中の人たちが好きになったのは、魔法です。魔法はいつかは解けるものですが、業界がそれを早めるようではあきまへん。
 はい、よくボヤきました。それでは「DREAM」のCDを買いに行くとしますか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM