kepopput.jpg

愛の棘

2015/01/01

 明けましておめでとうございます。今年はのっけから映画評です。映画好きの筆者は、このブログを韓流映画でいっぱいにして、そのうちK-POPの内容を上回ってやろうかとも目論んでいる次第です。韓国映画を観るようになったきっかけもK-POPなので、じつは筆者の韓国映画歴はまだひじょうに日が浅いわけで、観た作品数もそれほど多くはないうえに、そのすべてがブログで紹介したいって内容であったわけでもないので、韓流映画侵食作戦が功を奏する確率はそんなに高くないと思われますが、まぁせいぜい頑張りますよ。

 純情可憐な女子高校生が、教師相手に魔性をあらわにするサスペンスです。題材的にもストーリー的にも、それほど斬新ではありませんが、女子高生と教師(しかも既婚)とのタブーというテーマには、心を動かされる人も少なくないのではないでしょうか。
 プロのラグビー選手を目指していたジュンギは、夢かなわず女子校の体育教師に就任するも、教職に情熱を燃やすことができません。適当に日々を過ごしている彼の心のスキを突くように、美形の女子高生ヨンウンが接近してきます。彼女はジュンギに思いをぶつけることに迷いがありません。ジュンギにはすでに妻もありましたが、彼はヨンウンに異性に対する甘いときめきを喚起させられてしまいます。
 雨の放課後、ずぶ濡れのヨンウンと学校で2人きりになったジュンギはついに自制を解いてしまいます。  一方、妻のソヨンは、生計の足しにと友人の紹介で家庭教師をすることにしますが、教えることになった生徒というのが、あろうことかヨンウンだったのです。ジュンギとの秘密を抱えたままヨンウンは、夫婦の生活の中に入り込んできます。

 この映画を観て、筆者は「クロエ」という洋画を思い出しました。清純派女優アマンダ・セイフライドが大胆なヌードを披露したこの作品も、夫の浮気相手が家庭に侵食してくるサスペンスです。洋画の方では、妻が夫の気持ちを確かめるためにクロエという娘に夫を誘惑させるという、いささか複雑な事情が絡みますが、そこへゆくと本作「愛の棘」はもう少し単純なストーリーだと言えます。
 ただ、夫婦の生活に浸入し始めてからのヨンウンの次第に大胆になる行動はかなり強烈です。純真な笑顔で、自分こそがジュンギと本当の愛を交わしていると主張し、妻のソヨンと対峙します。ソヨンの方もそれはいつわりだとヨンウンをののしり、2人の立場は同年代の女性のようになってしまいます。
 そしてヨンウンは、ジュンギの子供を妊娠していることを打ち明け、ソヨンもやがて生まれてくる自分の子供とその家庭を守るために、思い切った行動に出ます。前半はジュンギとヨンウンの禁忌の恋という、なんとも切ない雰囲気のラブストーリーですが、後半はヨンウンとソヨンによる女の戦いになります。純粋に愛を貫こうとするがゆえに徐々に怪物になってゆくヨンウンとそれに負けじと大胆な行動に出るソヨンの戦いは、かなり熾烈です。

 幕引きがどうなるのかについては申せませんが、ラストも「クロエ」を彷彿させるものでした。「愛の棘」の作者が「クロエ」を意識したのかどうかは判りませんが。ただ、双方の作品とも、ストーリー的にもっとも自然で、あるべき終わり方だったと思います。
 この作品の面白さは、前半パートのラブストーリーと、後半のサスペンスシーンの2部構成が上手く調和していて、恋する少女の心情、恋する心を思い出した男の心情、生まれてくる子の未来と妻のプライドを守りたい女の心情という三角関係が、話しが進むにつれて異様な方向に加速して行き、止められなくなってしまうという展開にあります。観客は甘く切ない、そして激しく、猟奇的な、人間の恋愛にまつわる様々な心情を目の当たりにします。
 ジュンギとヨンウンの禁断の恋で始まったお話しが、いつしかジュンギが脇役になり、ヨンウンとソヨンの女の対決に移行して行く様も、それぞれの心情が生々しく伝わってきて、観ているうちにすっかり感情移入してしまいます。

 たくさん映画を観ている人にとっては、ありがちなサスペンスだと映るかもしれませんが、映像とストーリーの明暗と動静の対比がひじょうに巧みで目が放せません。前半のラブストーリーでは、チョ・ボアの演じる女子高生ヨンウンが爽やかなお色気を放ち、とても瑞々しい映像美が広がります。そんな美しい日常に、純愛という凶器が恐ろしい非日常を持ち込みます。
 大人と子供の間を揺れる高校生の中に潜む怖い部分、平穏で穏やかな日常を脅かされた妻が見せる強い一面、その怖さと強さの双方に狂気が含まれているさまを、みなさもぜひ目撃してください。

2014年公開、118分。同年日本公開。
監督:キム・テギュン。
出演:チャン・ヒョク、チョ・ボア、ソン・ウソン、イ・ドアほか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目 次
能書き

思うこと全般

けぽっぷ体験

アイドルのこと

韓流映画

番外編


索引 韓流映画&番外編





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES










recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM